公園のトイレで処女喪失した私の初体験談 [エッチな話まとめ]

私には中●から付き合っている彼氏がいて

高校に入学しても彼氏・彼女の関係は続いてしました

彼氏はとってもエッチで、

付き合い始めた頃から、

おっぱいやお尻に触ったりしてきましたが、

いつも制服の上からでした。

[adrotate group=”1″]

半分冗談っぽい触り方なのですけど、

私には彼が必死で

我慢していることがわかっていました。

「強引に迫ってきたら、身を任せるのに」

ずっとそう思ってたのですが、恥ずかしくて

「はい、どうぞ」

と身体を開くことなんて出来なくて、

やんわりと手をのけたり、身体をひねったりしながら、

避けていました。

すると彼氏は慌てたように手を引っ込めます。
そんなことの繰り返しでした。

本当は私はエッチなんだと思います。

だって、その度に、

アソコがじゅんってなるんです。

そんな彼とも、高校は別々になりました。

そして先日、久しぶりに会ったんです。

天気も良かったので、

公園のベンチに並んですわり、

新しい学校のこととか話しているうちに、

ふっと沈黙が訪れてキス

奥手な私たちも

キスくらいはしていました

舌を絡めあっているうちにだんだん興奮して、

いつもより長くて激しく求め合い

いきなり彼がシャツのボタンを外しはじめました。

これまでのことがあるので、

抵抗されるかもと彼も思っていたんだと思います。

最初はゆっくりと

でも、キスで気持ちよくなっていた私は、

早く触って欲しくて、

まったく抵抗しませんでした。

それどころか、Hな喘ぎ声が

ちょっと出てしまった。

それは彼の指先が服の上からでしたけれど、

乳首に触れた時でした。

自分でもツンとなっているのがわかりました。

それがとても恥ずかしくて、

でもそんな気持ちとは

裏腹にアソコがじゅんってなりました。

ああ、もう身体はカレシのことを

受け入れる準備が出来ているんだ、

そう思いました。

ボタンが全部外れて、

肌があらわになりました。

彼はすかさずブラの隙間から

指を滑り込ませてきました。

乳房を揉もうとしているのか、

乳首を触ろうとしているのかわからない、

中途半端な動き。

それがもどかしくも嬉しく、

気持ちよくって。

「あ、うん」

喘ぎ声が自然と出てきます。

野外・・・公園なのに。

人目があるのに。

でも、愛撫で感じてしまうんです。

「感じるの?」

と、問われて、私は小さく頷きました。

彼は私の膝に掌を載せます。

そして、ゆっくりと中心部に向かって、

スカートをずらしながら太ももを

なでていきます。

ああ、こんな外でHな事を・・・

おっぱいを触られているだけでも

恥ずかしいのに、

スカートの中に手を入れられているところを

誰かに見られるなんて、

気が変になりそう

でも、抵抗しようという気にまるでなりません。

それどころか、心の中では、

もっと、もっとって。

ひとつ上の学校にお互い入ったわけだし、

久しぶりのデートだし、

っていうので、実は少し期待していました。

だから、ちょっとエッチな

パンティーを履いていました。

サイドが紐で結ぶようになっていて、

Tバックです。

色気のない下着を見られるなんて

恥ずかしいと思っていたのですが、

いざそこへ向かって彼の手が伸びてくると、

こんなパンティーを履いている

自分がまた恥ずかしくなっちゃいました。

恥ずかしいって思いが、

私を興奮させるんですね。

じゅん、じゅん

彼の手がアソコに達したときは、

もうべちょべちょでした。

1人エッチの時でも、こんなに濡れないよ~、

とか馬鹿なことを考えながら

パンティの布越しに

彼の指が行ったりきたりします。

たくさん感じる場所と、

ちょっとしか感じない場所が

あるのがわかります。

でも、ちょっとしか感じない場所でも

十分気持ちいいんです。

まして、とても感じるところを指がなぞると

おまけに彼は、パンティの布をずらして、

直接触ってきたりもします。

でも、ぐいぐい行くのではなくて、

時々遠慮がちに指を引っ込めて、

布越しの愛撫に戻り、

それからまた直接

彼は私がSEX未経験で

処女なのを知っていますから、

気を使って「少しずつ」

してくれているのでしょうか。

それとも、これまで服の上から

おっぱいを触るだけでも

身体をもじって抵抗していた私だから、

「本当にいいの?」

って反応を確かめながら

やっているのでしょうか。

でも、もういいんです。

私の処女をあげます。

私は意思表示をしたいなと思って、

足を少し広げました。

でも、既に足は相当開いていました。

自分でも気がつかなかったのですけれど。

彼の股間に視線をやると、

ギンギンに突っ張っていました。

触ってみたいと思いました。

興味はずっとありましたが、

こんなに「触りたい」って

衝動にかられたのは初めてでした。

でも、どう触っていいかわかりません。

とにかく掌をあてがい、

ぎゅって握ってみました。

ズボンの上からなので、

実際には握るというより押し付けたって

感じでしょうか。とっても堅くって。

彼の指は、私のアソコを確かめるように、

ゆっくりと出たり入ったりしています。

私は少し腰を浮かせているのですが、

それでも指はおくまで届かず、

穴の中をこねくりかえしています。

なんだかとってもじれったくて。

私も彼のアレを、形を確かめるように

指先でなぞりました。

もう誰の目から見ても、

人前で触りっこしてる変態カップルだったでしょう。

でも、そんなこともう気になりません。

どれくらいの時間そうしていたでしょうか。

キスも繰り返ししていました。

彼が突然、

「あ、だ、出る」

ってつぶやいたんです。

そのときとった私の行動は、

今でも信じられないんですが、

彼のズボンのファスナーを下ろし、

ボタンを外して前をはだけさせると、

トランクスのゴムをつかんでぎゅっと下げ、

びよ~んと飛び出してきた

彼のオチンチンを咥えてしまったのです。

「え?」

驚いたようなカレシの声。

でも、私はそのまま口の中で

彼の先っぽを舐めました。

発射までは一瞬。

私の口の中に広がる彼の熱い汁。

カレシの精液を

一生懸命ごっくんしました

何度彼は発射したでしょうか。

男の子の力強さを感じました。

まだ口の中でビクンビクンしていましたが、

もう終わりっぽかったのと、

さすがに苦しくなったので、口から出しました。

彼のオチンチンが丸見えになるので、

私は両手で包み込むように隠しながら、

衣服を元通りにしようとしました。

でも、じわじわと溢れてきたんです。

また白い汁が。

私はもう一度、彼のモノを口に含みました。

少し小さく柔らかくなりつつあったそれは、

再び大きさと堅さを取り戻し

「入れて欲しい」

私は思わずつぶやいていました。

彼も「入れたい」って言いました。

でも、二人ともラブホテルなんて

行ったことありません。

いくらかかるのかもわからないし、

お金もそんなに持っていない。

それは彼も同じだったのでしょう。

私たちが選んだのは、

トイレの公衆便所でした。

多目的トイレの少し広い個室。

二人とも全裸になって、

オムツ換え用のベビーベッドに脱いだ服を置いて。

でも、もちろん大人用のベッドなんてありません。

こんなとこで、どうやってなんて考える暇も有りません。

彼は私を抱きしめて唇を重ねてきました。

私のお腹には、彼のものがぐいぐいと

押し付けられてきます。

なんて力強いんでしょう。

私はまた舐めたくなってしまったのですが、

彼の力が強くて身動きが出来ず、

それに絡めあう舌が気持ちよくて。

このあたりからはなんだかボーっとなってしまって、

あんまり記憶がありません。

キスを終えた彼が、

身体のあちこちを舐めてくれているのを

断片的に覚えています。

公衆便所なのに床に膝を付いて

アソコに唇を這わしてくれている姿なんかはとても感動ものでした。

割れ目を前から後ろへ、

後ろから前へ。

何度も何度もトロリトロリと

私のお汁が溢れてきます。

舌先でクリトリスを弄ばれた

時なんかはもう

足の先から脳天まで快感が走りました。

力が抜けてガクってなるのを、

カレシが支えてくれました。

腰というかアソコというか、

ふにゃふにゃにとろけちゃったんです。

これがイクっていう状態なのでしょうか。

初体験なのに

まだ挿入もしていないのに

私、いっちゃった。

なにもかもがよくわからなくなって、

私はただ夢中になって、

「入れて、入れて」

って叫んでいたような気がします。

私たちは向かい合って立ったまま、

何度か挿入にしようとしました。

けれど、ダメなんです。

彼のものが股間に触れただけで、

もう足ががくがくで。

私の身体はふにゃふにゃ。

きちんと受け入れることが出来ません。

私は彼に背を向けて立ち、

壁に手を付いて身体を支えました。

あとで考えると

「いきなり初体験が立ちバックかよ」

って笑えるんですが、

この時は必死でした。

なんとか彼に入れて欲しくて。

初めては堅くて入らないとか、

痛いとか言われますが、

このときの私はもうトロトロで、十分濡れて、

開いていたんだと思います。

すんなりと彼のものが入ってきました。

ああ、その快感!

本当に気持ちよかった。とっても幸せ。

初体験以降は

私たちは

「あんなに気持ちいいのなら、

もっと早くエッチしとけば良かったね」

なんて、言い合ってます。

もちろん、毎日会ってエッチしました

初体験があんなだったせいでしょうか、

もう私たちは場所を問わずですね。

毎日会って必ずやってたんですが、

お互いに色々な予定もあり、

ちょっとそれは無理なので、

少し寂しいです。

アルバイトもして、

ちゃんとしたラブホテルで

ゆっくり愛し合いたいなって話しています。

ひとつだけ心配なのは、

あれからず~っと中出ししていること。

今さら避妊してとも言いにくいし、

ちょっと妊娠してみたいような気もするし。

しばらくはこのままでいいかなって思っています。




ブログランキング参加中です!
ブログランキングに一票いただけるととても励みになりますm(__)m

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!