たくさんのザーメンをくれるのが楽しみなの・・[エッチ体験談]

出会い系サイトで知り合った自衛官の人と会って、

一緒にドライブしたり食事して

ゆいの部屋にそのまま上がってお茶を飲んでたの。

その後は色んな話をして、

間が空いた隙に彼が近づいてきて

胸を触りながらキスをしてきたの。

ゆいの好きなタイプだったから激しく舌を絡めたり、

唇に吸い付いたりして

もうあそこもグチョグチョになって来ちゃったの。

彼はゆいに堅くなったおちんちんをジーンズの上から触らせて、

ゆいが恥ずかしそうにするのを見ながら

ゆいのスカートの中に手を入れてきたの。

ゆいはもう既に濡れていたから

『だめ、恥ずかしいから』って言ったのに
彼はお構いなしに

『いい感じだよ』って言うと、

一気にパンティを脱がせてゆいのおまんこを激しく舐め始めたの。

ゆいは濡れやすい体だから直ぐにお漏らししたみたいになって

彼の顔や口の周りが汚れてきちゃったの。

彼はゆいのおまんこを舐めながら素早く下半身を脱ぐと今度はゆいに

『フェラしてくれる?』って言うと立った格好になってゆいに跨ってきたの。

ゆいはフェラは大好きだったから、

タマタマもアナルも舐めてあげて

喉の奥まで届くくらいに一生懸命フェラヲしてあげたの。

彼は我慢できなくなって

『だめだよ、もう出ちゃうよ。いいの?そのまま出すよ!いくよいくよいくよ!あああああああ・・・・・・・・』

って言うとゆいの口の中にいっぱい出しちゃって、

『ゆいちゃんにそのまま飲んでほしいな』

って言うから可愛く思えてきちゃって、

苦いけどそのままごっくんしちゃったの。

彼は『うれしいよ、このままゆいを大切にするよ』

って言って、強く抱きしめてくれたの。

ゆいはザーメンくさい口がいやで仕方なかったけど

『こんなに喜んでくれるなら』

って思って、またして上げようと思ったの。

それから今度は彼はまたゆいのフェラで

堅さを取り戻したおちんちんを

グチョグチョになってるゆいのおまんこに突き刺してきたの。

堅くて大きくって太さのあるおちんちんが

ゆいのおまんこを壊すくらいに入ってきたの。

その大きさに入ってきたときに

息ができなくなるんじゃないかって思うくらいに

息が止まっちゃって、彼の腕にしがみついちゃったの。

彼はその仕草が可愛く思えたみたいで、

ゆいにキスしてきてキスしたまま腰を使い出したの。

彼の大きなおちんちんがゆいのおまんこをこすりながら激しく出入りしだしたの。

ゆい『ああ・・・ああ・あ・・あ』

彼 『いいよ、ゆいのおまんこは締まってくるし気持ちいいよ』

ゆい『大きくって、堅くってゆいのおまんこが壊れちゃう』

彼 『壊すくらいに激しくしてあげるよ』

ゆい『いや、いや・・・・奥に当たってておかしくなりそう』

彼 『お汁もこんなに溢れてきて、俺のちんぽが悲鳴を上げそうだよ』

ゆい『ああああ・・・いいよいいよいいよ・・・・気持ちよくってだめ・・・・・・』

彼 『俺も気持ちよい九手たまらないよ』

ゆい『ゆいのが、壊れるよ。』

彼 『俺のものだから大切にするよ、壊したりしないよ!ああ・・・・・いいよ。気持ちよくってすごいよ』

ゆい『だめだめだめ・・・・ゆいいっちゃうよ』

彼 『いいよ、俺もそろそろ行きそうだよ。一緒に行こうよ』

ゆい『お願い!ゆいのまんこの中に出して』

彼 『いいのか?』

ゆい『いいよ、』

彼 『行くよ、おまんこの中に俺のザーメン出すよ』

ゆい『きてきてきて!!!』

彼 『すごく締まってきたよ!だめだでるよ』

ゆい、彼『あああああああああああああ・・・・・・・・・・・・・・』

彼はゆいのおまんこの奥深くに突き刺して、

いっぱいのザーメンを出したの。

彼は『このまま俺のチンポで蓋をしないとザーメンが出ちゃうから、このままでいようね』

というと堅いままのおちんちんを

ゆいのおまんこに入れたままで激しくキスしてきたの。

そしてそのまま堅いおちんちんがまたゆいのおまんこの中で動き出したの。

彼は腰を動かしながら

『変わったことしようね』っていうと、

ゆいの両手を頭の上で固定して紐で縛ってきたの。

ゆいは気持ちいいかもって思って

そのまま彼のセックスに感じてたら、彼は携帯を取り出して

『鍵は開けてあるから入って来いよ』っていうと携帯をおいたの。

直ぐに部屋のドアが開いて

彼の同僚が5人入ってきて目の前で全裸になりだしたの。

『めちゃくちゃいいおまんこだよ。たっぷり楽しもうぜ』

っていうと、ゆいのおまんこから

おちんちんを抜いてゆいの口に入れてきたの。

ゆいはどうしていいかわからず、彼のおちんちんをフェラしたの。

彼はゆいの顔をなでながら

『これからは俺達の奴隷になってもらうよ』

というとゆいの口に激しく出し入れしはじめたの。

それと同時に彼の同僚がゆいの胸を激しく舐めたり噛んだりしながら、

指で彼のザーメンが入ってるおまんこをかき回したの。

ゆいのおまんこからは彼のザーメンがたれてきたけど、

同僚はそれを気にせず入れてきたの。

『お前のザーメンが出てるってことは中に出していいんだな』

って笑いながらいうと、激しく腰を使ってきたの。

ゆいはもう彼たちのされるがままになって

口では彼のものをフェラし続けて、

正常位やバック、騎上位、色んな体位で同僚のものを受けれて、

全部中に出されたの。

しかもおまんこから出てきたザーメンは

コップに溜めておいて最後に飲まされちゃったの。

何時間経ったかわかんないけど、

最後にお風呂場で彼たちのオ●ッコを頭から掛けられて、

オ●ッコも飲まされてその画像も撮られてしまったの。

彼達は勝手にゆいの部屋の合鍵も作って

ゆいのことをおもちゃのように扱ってきたの。

最初は嫌で嫌で仕方なかったけど、

今は彼達が来るのが待ち遠しくって

最近では彼達の仲間も一緒にゆいをおもちゃにしてるの。

ゆいはMっ気があることに気づいたし、

彼達の逞しさとか男らしさとか優しさとか

そんなところが好きで

今はいつでも中に出してもらえるように卵管を縛ってるの。

彼達が来れない時は駐屯地の中でオナニーしてくれて、

出したザーメンをタッパに溜めて

冷凍保存しておいてゆいの部屋に来るときにそれを持ってきてくれるの。

そしてゆいが寂しいときにはそれをオイル代わりにしてオナニーしたり、

それを飲んで我慢するように教育されてるの。

また今週末には7人できてくれて、

ゆいのおまんこや口にたくさんのザーメンをくれるのが楽しみなの。



ブログランキング参加中です!
ブログランキングに一票いただけるととても励みになりますm(__)m

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする