残ったのは締まったマンコの感触と達成感www [セックス体験談]

今週初めに、18才、148cm、39kgの麻衣(仮名)という娘と出会い系で会った。

ゴム付き前提2回射精の約束だったが、仕組んで膣内射精をした。

1度目にゴム付き射精、2度目に穴空きゴムでの膣内射精計画を立てていた。

1 スレた娘ではなく、純粋系をゲットする。膣内射精後に騒がないように

2 電話番号は絶対に明かさない

3 2回(ゴム付きと言って)射精出来るように交渉しておく

4 1回目に信用を取る為ゴム付きを厳守する

5 1回目に多量に思いっきり出さないで2回目に精液を残しておく

6 風呂上りに、安全ピンで、こっそりとゴムに穴を空ける

7 穴空きゴムを自然に装着する

8 途中でマンコから一度も抜かないように用心して体位変える時も入れたまま

9 ゴム亀裂が進むように奥まで激しく動く

10 2回目射精後に優しい良い人を装う

11 抜いた後で事故に見せかける「悪いけど破れちゃった」を装う

12 メールアドレスを終わってすぐに変更する

まあこんなところかな。
駅前で待っていた娘、期待通り、うまく行きそうだ。

小柄で、可愛い系、胸も小さく、ウエストは57cmで抱き心地良いぞ。

大好きなロ●(というかロ●系を選んでるんだけど)。

そして大好きな黒髪だ。中●生でも通じる感じだ。

エッチ体験は多少は有るようだった。

今まで絶対にコンドーム付きでしか挿入させていないらしい。

膣内射精し甲斐も有るってもんだぜ。

脱がせて、全身を明るいところで見せてもらい、開脚股間も堪能。

剃毛は断わられたがマンコ周りは毛が無いから許した。

ローション、ローター、バイブと進める。

今までオモチャ経験は無いらしい。

最近凝っているのは、ローションのボトル出口をマンコに入れて、

液体をプシューっとマンコに多量に入れること、

何度も何人かに試したが、冷たい液体がマンコに入る瞬間に

「あー」と何とも言えない声を発する。

勿論簡単に濡れ濡れになるしね。

……

指を入れると可愛いロ●顔からの予想通りマンコはキツキツだった。

……

毛の少ないキツキツマンコにバイブというオナニー、

「アンアン」

ほえる、股間の間近いところから眺めたのも感動ものだった。

可愛い小さな口一杯に太いチンポを咥えるのもうまいもんだ、

玉や筋も綺麗に丁寧に舐めさせた。

抵抗されながらも小指を肛門に入れたら、

柔らかく第二間接まで入る、

「うっ」という悶え声も楽しめた。

ひと通りいじめてから、麻衣が甘い声で

「ねー、入れて」と言い出したので、

麻衣にゴムを装着してもらって挿入。

締まっているが柔らかい暖かいマンコ、

可愛い顔が悶えるのを堪能した。

早々にゴム付き射精。

少し遠慮気味に少量に留めた。

1度目で信用獲得出来たし、まずは計画通り。

ゴムから直接精液を口の中に入れさせて、飲み込ませた。

初めて飲むんだと言う。勇気を出してゴックン。

色々とハツモノ経験をさせて嬉しいぜ。

精液まみれのチンポも丁寧に舐めさせた。

これも初めてらしい。

じゃあ、この後で、麻衣にとっての初めての

「生・中出し」を経験させてあげるからね。

二人で風呂に入って、和気藹々。

話してみてやっぱり素直な娘だった。

風呂で挿入しようとしたが、やはり「ゴム付けて」と言う。

先に上がって待ってるよー。

はーい。

計画続行。

コンドームのパッケージの上から、持って来ていた安全ピンで、

中心あたり2箇所をズブ。

穴が分らないように押さえつけ、仕込み完了。

ベッドで大の字になって、

膣内射精の期待とチンポを膨らまして待っていると、

仕込んだとも知らず、

明るく全裸でロ●が近づいてくる。

股間を開きマンコを上に向けて、

再度ローション液を多量にドボドボとキツキツマンコに挿入、

「あー、冷たい」何度聞いてもタマンナイネ。

こちらが自分でパッケージを開けて、

自然に穴あきゴムをチンポに装着した。

ロ●麻衣が上になってチンポを握り、

濡れたマンコへズボリ「アーン」順調だ。

慎重に、出来るだけ長い時間入れたままにした。

30分は挿入していたと思う。

奥から入り口までストロークの長いピストン運動を繰り返した。

バックで犯している時に、出し入れする自分のチンポを見ると、

真ん中まで破れて、緑色のゴムがめくれているのが確認出来た。

充分に破れたな、いいぞいいぞ!!!!

ローションを多量にブチ込んでいるし、

ロ●が濡らしている事も有る。

1回目も激しく犯したから、触感で破れたかどうか全然分らないはずだ。

こちらもチンポの感覚では破れているかどうかは分らない。

ロ●麻衣は当然何の疑いも無く悶えまくる。

….ズボズボ….

「出していい」

「まだいっちゃだめー、もっともっとして」

ロ●顔してるくせにスケベだぜ。

楽しみは最後の最後にとっておこう。

….ズボズボ….

「感じるよ、麻衣ちゃんがとっても気持ち良いからさー、ねー出していい」

「いい、イきそう、あ、イク、出して、あー」

奥の奥まで思いっきり突いた状態で、

二人で長い射精を楽しみながら、多量に、残り全部を出した。

ロ●も精液を受け入れているとは知らずに身体を震わせていた。

射精後、すぐに感ずかれないように、優しく振る舞い、

抜かないままで、抱いたり、キスしたり、

イッた後の淡い感触を二人で堪能した。

— そして当然こちらだけが膣内射精の達成感をかみしめた —

「気持ち良かったね、こんな可愛い娘に感じさせてもらった、良かったよ」

(君みたいな可愛いロ●に膣内射精できて嬉しいよ)

「こんなに…感じたの、久しぶり…」

もうお分かりだろう、マンコから抜いた瞬間に彼女の表情が変わった。

「流れてきた、え、破れたのー? 流れてる、どうしよう」

こちらも「えっ? 破れたの? 本当だ、激しくしすぎたかな、本当にゴメン」

ロ●は即シャワーを浴びに風呂へ向かい、丁寧に洗っていた。

もう遅いさ、タップリと奥の奥まで突いて出したんだぞ。

「ゴメンね、途中、全然分らなくて」

破れたゴムの付いている、

根元まで精液まみれのチンポをおっ起てながらも、

まだ優しい人を演じた。

悲しい顔をしながら、

携帯のカレンダー見て指を折って数えたりして、

多分、安全日で大丈夫だろうという結論になった。

— 良かったじゃない、偶然安全日でさ —

少し機嫌も良くなったが、さすがに、

もう一度は入れさせてはもらえなかった。

ホテルから出ようとした時も

「あ、流れてきた」って、トイレに駆け込んだ。

そりゃ流れるさ、あきらめろよ、

奥の奥まで多量に出したんだから。

最終手順、駅まで送ってやった。

車から降ろして、手を振って別れ、最後まで良い人で通した。

少し走った後で車を止めメールアドレスをすぐに変更した。

全てが計画通りに進んだ。

残ったのは締まったマンコの感触と達成感だった。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!