ご主人様もう逝かれますか?[セックス体験]

私は20代のOLなんですが

出会い系サイトで知り合ったKさんがいます。

Kさんとは定期的に会いラブホでエッチをしたり車内外でフェラをしてます。

今日はそんなフェラの時の話です。

Kさんと私お互いに恋人もおらず、

寂しさを埋めるように会うようになりました。

でもこの時は付き合っていませんでした。

体の相性もいいみたいでお互い離れられません。

いつも通りラブホでエッチをしていて終わってから、

Kさん「今度社内の社員と家族、恋人を連れての花見があるからおまえ来い。強制参加。あと、何かつまめる物手作りで持ってこい」

私「仕事休みだから行くけど呑むの?だったら・・・」

Kさん「俺は呑むけど俺の車で行く、したい事もあるし帰りはお前の運転」

と変な笑みを浮かべてました。

そしてお花見当日、言われた通りの格好、お弁当を持って待ち合わせ場所へ。

そして着いてそれなりに楽しんでいました。

上司の方が

「夜桜も見ますんで」

と言い始め、私はKさんに

「どういうこと?」

と聞くと

「まぁ来い」

と車に押し込められ、いきなりズボンを脱ぎ大きくなったモノを取り出して

「舐めなさい。いいか従順な奴隷よ」

酔うと人格が変わるというのを忘れてたけど、付き合うことに。

私「はい<ご主人様」

Kさん「偉いぞ」

私「どう触ったり舐めたりすると気持ちいいですか?」

Kさん「まず下の方から裏筋も舐めろ」

私「はい。ご主人様」

言われた通りにしていると、

Kさん「おい、従順な奴隷よ。ご主人様は男だけど胸も感じるから舐めろ。そして吸え」

訳の分からないことを言い出したなぁと思いつつも、

私「はい。ご主人様が気持ちよくなるならば」

と舐めたり吸ったり彼のモノを触ってるといきなりキスをされ、

Kさん「おぉエロ過ぎるぞ。誰にエロくされたんだ?言ってごらん」

私「ご主人様に教えていただきエロくされました」

Kさん「よくできました。ご褒美をやる」

私「なんですか?ご褒美とはご主人様?」

Kさんは何も言わず車を降り、車から私を降ろすと扉を閉め車に引っ付き

Kさん「ここで舐めろ。そして逝かせろ」

私「職場の方がいるのでお辞めになった方が」

Kさん「ご主人様の言うことが聞けないのか?いつからそんなにしつけのいる悪い子になったんだ?」

私「ご主人様が良いというならします。命令に背いて申し訳ありません」

と謝り、早く逝かせればいいかなと思い早くしました。

すると、集まりの中から彼の名前を呼ぶ声がして私は来られたらまずいと思い、

「すぐ戻ります」

と言うと、

「早くね」

と言われ、ますます手や口を早く動かすとKさんは

「うぅ・・・あぁ・・・ヤバイ」

と言い放ち、

私「ご主人様もう逝かれますか?」

Kさん「あぁご褒美をあげよう。口の中に出すから一滴残らず飲み干せ」

私「ご主人様の飲めるって幸せです」

Kさん「逝くぞ」

私「どうぞ」

Kさんのモノが口内でドクドクと脈打つのがわかり、

一気に苦くなり、

なんとか飲み干し綺麗にしてみんなの所へ戻りました。

夜桜も見終わり、Kさんを自宅へ送り届け帰ろうとしたら

Kさん「泊まれ」

私「明日仕事なので帰ります」

Kさん「泊まりなさい」

私「だから・・・」

言い終わる前にベランダに連れていかれ、

そこでまたフェラをしてベットに連れて行かれ抱かれました。

気がつくと朝でした。

Kさんを起こすと黙ってどこかに歩いて行き

「あれ?ない。落としたかも」

と言いながら何かを探しまわって

「あった」

と嬉しそうに箱を持って戻ってきました。

Kさん「付き合ってください」

私「お願いします」

と受け取った箱は冷たくて、

私「これは?」

Kさん「指輪間違って冷やしてしまったみたいだ昨日」

二人で笑ってるとキスをされ、付き合って最初のフェラをしました。

後々彼に聞いたのですが、同僚の夫婦が見てたそうです。

外でするのもいいかも。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする