焦らす様に顔を埋めクリを舌でイジメたったwww [セックス体験]

出会い系でセックスオフ会する事になりました

当日遅れる事30分に女子学生が来ました。

写メ以上にメチャ可愛く、155cmくらい、

Tシャツの上から分かる推定Eカップはあろう巨乳に目がいきました。

車内で話をしてドライブに誘うと、

今日は夕方用事があるからあまり遠くに行けないと・・・。

仕方なくカラオケへ誘うも、近場は友達に逢うかもとの事で、

田舎なので近くに遊ぶ所がない・・・。

冗談でラブホならカラオケとかゲームがあるんじゃんと言うと、

彼女は少し考えたが了承しました。

もう頭の中ではこんな可愛い子とエッチ出来るんだと思い、

アソコも爆発しそうになりました。

30分程走り国道沿いのホテルを発見し入室。

ソファーで歌を3ずつ歌ったころ彼女に

近ずき優しく髪をなで、キスをしました。

そのまま首筋をなめ、Tシャツの上から胸を触りました。

「ダメ」と彼女の甘い声が聞こえました。

Tシャツをまくりあげピンクベージュの可愛いブラが表れました。

ブラからはちきれんばかりの爆乳を優しく揉みまくり、

ブラをずらし露になったピンクの乳首に吸い付きました。

35歳のオッサンがこんな可愛い女子○生のオッパイに吸い付いている・・・

まったく夢の様なシチュエーションに興奮しました。

こないだのドタキャンや片道1時間半の疲れを忘れ、

夢中で乳首を舌で転がし揉みまくりました。

だんだんと彼女の息も荒くなりました。

ジーンズを下ろしブラと同じピンクのパンティが表れました。

もう興奮MAX状態で足を開きパンティに顔を埋め吸い付きました。

クリの部分に吸い付き、

パンティを少しズラシ、横から舌で刺激をあたえました。

時折、彼女は「あぁ、ぁん」と可愛く声をだし感じている様でした。

自分のアソコも爆発寸前で痛いぐらいになりました。

パンティを脱がし露になったまんこに吸い付き

クリをを舌で刺激をあたえました。

マンコは無臭で程よく湿っており彼女は

「あぁん、あん」と繰り返し可愛い声で喘いでいます。

我慢も限界になりマンコに私のモノを生であてがいました。

そして濡れ具合も良いマンコに、ジュニアは吸い込まれて行きました。

生だったせいか、中は暖かく若いだけあって

締まりもキツク吸い付く様な感じでした。

ゆっくりと腰を動かし結合部分を捏ねる感じでピストンしました。

いやらしい結合部の音が部屋中に響き興奮しました。

キスをして舌を絡め、胸を揉み、腰を振りまくりました。

「あん、あぁ、いぃ」と意外にも彼女の喘ぎ声は小さく、

またそれが可愛く興奮しました。

我慢の限界が近くなり中に出したいと思いましたが、

嫌われて関係を終わりにしたくなかった為、ゴムを着け、

再度挿入し果てました。

今までにない量の液がゴム内にあり驚きました。

しばらく抱き合いながら学校、友達など話をして回復を待ち、

再度、正常位、バックと結合しました。

それから、また来週逢う約束をして駅で別れ家路に着きました。

帰り道でも頭の中に彼女の唇、胸、まんこが出てきて

またやばいくらいにジュニアが元気になりました。

あんな可愛い女子○生とエッチをして、

正直家族を捨てても良いくらい虜になってしまいました。

そして次の日の夜、彼女からメールが・・・。

親と喧嘩して家を出たとの事で泊まる所がないから逢いたい、

との内容でした。

彼女の事を考えるだけでジュニアがまたまた元気になりました。

しかし家には妻か・・・。

はやる気持ちを抑え、外出する方法を考えた。

妻には会社からの連絡で取引先のコンピュータが落ちたらしく、

今から直しに行ってくると嘘をついてスーツに着替えた。

勿論、泊りになるかもと伝えて明日はそのまま出勤する考えだった。

まんまと妻を騙し、

いきり立つジュニアを抑え待ち合わせ場所に向かいました。

午後9時過ぎだったので

道も空いていて30分程で着き、彼女に逢えました。

待っている間4、5人の男にナンパされたらしく

改めて彼女の可愛さを実感した。

着替えや身の回りの物を買うために国道添いのドンキホーテに行った。

下着はブルーのブラとパンティを選びそれを見てさらに興奮を覚えた。

ファミレスで食事をして国道添いのラブホに入った。

彼女は家出の訳を喧嘩としか話さずそれ以上は話さなかった。

俺も今はジュニアの興奮を抑える為にも

早く彼女と結合したく聞きませんでした。

完全に彼女の虜になっている自分がいた。

部屋に入るなり後ろから抱きつきTシャツの上から胸を揉み、

首筋を舐めTシャツに手を入れブラの上から胸を揉んだ。

彼女はシャワーを浴びたいと言いキスをしてバスルームに向かった。

俺もシャワーを浴び部屋に戻ると彼女は疲れたらしく、すでに寝ていた。

バスローブに先程の下着を付けていた。

ベットの足元から入ってそのまま太ももに吸い付き、

足を開き、パンティに顔を埋め中心部に吸い付いた。

彼女は起きたらしく「もう、いやん、だめ」と可愛い声を上げた。

そのままブラまで上がって行き、

ブラをずらしピンクの乳首に吸い付いた。

「あぁ、だめ」と彼女の息、荒くなり興奮も最高状態になり、

パンティを片足だけ脱がし、マンコに吸い付いた。

クリを舌と唇でイジメ濡れ濡れ状態にして、

いきり立ったジュニアをゆっくり生で挿入した。

この時をどんなに待ち望んだ事やら、妻を騙し、危険を犯し、

35歳のジュニアが女子○生のオマンコの中にいる。。。感無量でした。

ユックリ腰を動かし快感を楽しんだ。

彼女も「ぁん、ぁん、いぃ」と喘いでかなり感じているようだった。

また片足にパンティが掛かっている状態にも変な興奮を覚えた。

限界が近ずき1度抜き、ゴムを付け再挿入し高速ピストンで果てた。

そのまま入れた状態で回復を待ち、またピストンして果てました。

そして抱き合いながら眠りについた。

そして朝6時30分、いつものようにスマホのアラームで目が覚めた。

とりあえず起きてシャワーを浴び昨日ドンキで買ったパンと牛乳を飲んだ。

彼女を起こすも「眠ぃ・・・。」と甘え声で眠ったまま・・・。

ベッドに座り「もう会社行かないと」と促すと、

「一人にしないで」と抱きつかれた。

バスローブに全裸の女子○生の誘惑。

35歳のオッサンがかなう訳もなく、

昨日酷使したジュニアがすぐに臨界点を突破してしまった。

キスをして、Eカップのマシュマロに吸い付いてしまった。

「もう、エッチなんだから」と甘い声で頭を抑えられ、

ベットに引きずり込まれてしまった。

すでに、おめこは濡れ濡れで

35歳のジュニアを欲しがっているようだった。

しかし焦らす様に顔を埋め、クリを舌でイジメた。

「ぁーん、ダメ、あぁ、いー」

と恥ずかしがりながらの喘ぎ声に我慢出来ず、ジュニアを生で挿入した。

一晩寝たせいか、またこのシチュエーションのせいか、

ジュニアはすぐに快感の絶頂を迎えた。

しかし冷静にゴムを付けようと思ったが、昨日で使い切っていた為、

果てる寸前に抜き、お腹にかけた。

それを見た彼女は「もぉ」と可愛い笑顔でクスクス笑った。

そのままベッド抱き合いジュニアの回復と同時に、また結合した。

時間は8時50分、急いで会社に連絡し病欠で休むと伝えた。

シャワーを浴び10時少し前にホテルを出た。

彼女はディズニーシーに行きたいと言い首都高に乗り舞浜を目指した。

嘘に嘘を重ね泥沼に落ちていく自分がいた。

仕事、家族両方とも失うかもしれない・・・。

しかし今は彼女の唇、胸、おめこが

頭から離れず虜になってて離れられない・・・。



ブログランキング参加中です!
ブログランキングに一票いただけるととても励みになりますm(__)m

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!