まさか現実にこんなAV展開になるとは・・! [エッチな話まとめ]

ウチの高校は美術と音楽が選択できて、俺は絵が得意だったから美術を選んだ。そこで出会ったのが、有紀先生だった。
有紀先生は29歳のスレンダー美人。胸は小さめでBかCくらい。見掛けはクールビューティだが、実はお茶目でジョークもよく言う。
ただ俺の周りはガキばっかで、10歳以上離れている有紀先生の魅力に気付いてる人は少数だった。ちなみに有紀先生の言動や雰囲気から、ドSではないかと踏んでいた。
俺は美術に興味があり成績が良かったため、有紀先生とはすぐに仲良くなった。そうしたら、ある日の放課後、俺は有紀先生に呼び出された。
なんでも大会?選考会?があるとかで、俺にモデルになってほしいというのだ。しかもなんと全裸を描きたいという!
「お願いできない?無理にとは言わないんだけど・・・」

実はその数日前の放課後、外で友達数人と暑くて上半身裸ではしゃいでいたら、偶然通り掛かった有紀先生にぶつかってしまった。それで、一度俺の裸を見てる。見られてるってことでお願いしてきたらしい。

俺は趣味で身体を鍛えてて帰宅部だったけど、やせマッチョ系の体つきだったのでそれも都合が良かったみたい。バイト代として一万円あげるから、とも言われた。

けど当時の俺としては一万なんて大金だし、なにより有紀先生と一緒にいられるってことが嬉しかったので、無償で引き受けることにした。

数日後から、毎週水・金の放課後に美術準備室での射精・・・じゃなかった、写生が始まった。 有紀先生が俺の全裸を描く。これは興奮しないわけにはいかない。初日の前日は興奮で眠れなかった。

最初の日。もう一日中ソワソワしっぱなしだった。有紀先生のことばっか考えてた。キーンコーンカーンコーン「起立!礼!さようなら!」(さようならキターーーーーッ!!)

俺は周りに悟られないように、平常心を装いつつ美術準備室へ向かった。
しかし露骨に早歩きだったのは言うまでもない。有紀先生はすでに準備室にいた。写生の準備をしていたらしい。

俺「すみません、遅かったッスか?」
有紀「いや、むしろ早いね。」

やべ、下心バレる。

有紀「じゃ・・・脱いで」

いきなりですかと思いつつ、とりあえず俺は上半身と、ズボンを脱いだ。

パンツを脱ぐのをためらってたら、「う~んじゃあとりあえずソレでいっか」と言われたので、助かったような、残念なような・・・。

俺の姿勢は、先生から向かって左を向いてイスに座り、左脚を・・・と、めんどいから割愛、まあ話の中盤ははしょって、結局は全裸になったワケよ。

学校で全裸で有紀先生に見られてるっつー異様な状況に、やっぱり勃っちゃうよな。まあ童貞だったし。

有紀「あの・・・気になって集中できないんだけど・・・」
俺「あ~すみません、俺まだ童貞なんで、すぐ勃っちゃうんスよ。」

照れ隠しに何言ってんだ俺。それでも暫くは写生が続くんだけど気まずいカンジ・・・。

有紀「・・・ねえ、それ苦しくない・・・?」
俺「ん~ちょっと。」
有紀「じゃあ~わかった!」
そう言うと有紀先生は俺の方へ来て、いきなり俺のモノを握った。

俺「えっ、ちょ・・・!」
有紀「出したら、おさまるよね?」
俺「・・・!!」

先生がチンポをしごくと、俺はワケがわからないまますぐに出してしまった。先生の綺麗な手にかかった白い液がいやらしい。

「コラ、イクならイクって言いなさい(笑)」とそう言いながら先生は、手と床に散った液をティッシュで拭いた。でも、俺のチンポはまだギンギン。

それを見て「凄い、まだこんなに大きいよ~?(笑)」と言う先生に俺は、AVみたいにその後のさらなる展開に期待した。

そして「ねえ、さっき童貞だって言ったよね?」と言う意外な問いに恥ずかしながらも、首を縦にふった。

有紀「じゃあ折角だから・・・」
有紀「先生が初めてになっちゃおっか(笑)」
俺「え・・・っ!?」

心の中で期待はしていたが、まさか現実にこんなAV展開になるとは・・・!

俺「でも、誰か来たら・・・」
有紀「ん~大丈夫でしょ!」

ホ、ホントに大丈夫かよ・・・?けど実際、ウチの美術室は校舎とは離れた一番奥の建物にあって、人が来ることは滅多に無い。

有紀「先生のカラダ、触っていいよ」
有紀「あ、胸はあまり自信ないから、ダメ(笑)」

俺は胸に手を伸ばすが今なら「気にしないよ」とか気の利いた台詞も言えるだろうが、その時はテンパってて素直に退いてしまった。

それに愛撫なんて胸か性器しか知らなかったから、俺は先生の股に手を持っていった。しかもいきなり下着の中に手を入れて。 
あの時はスマン、先生。でもアソコは濡れていた。

手マンもほどほどに、椅子に座った俺の前にスカートをまくり下着を脱いだ先生がまたがる。

有紀「いい?いくわよ…?・・・っっっ!」
俺「・・・っ!」

先生が腰を下ろし、対面座位の状態で挿入された。なんて熱さだ・・・!なんか・・・ヤバイ!!

有紀「・・・入ったね・・・。どう?」
俺「熱いッス・・・!こんなの初めてッス・・・!」
有紀「そりゃ童貞だったんだから初めてでしょ。」
先生が上下に身体を動かす。

有紀「ん・・・っ!んん…っ!」
俺「・・・っ!」

俺は無意識に、服の上から先生の胸を揉む。
先生も今は抵抗せず、感じてくれてるようだ。そのうち俺はさっき出したばかりだというのに、もう射精感が襲ってきた。

俺「あぁ・・・ヤバイ、もう・・・っ!!」
有紀「・・・っ!!」

先生が動きを止めないから、中に出してしまった。

有紀「ハァ…ハァ・・・もう、ダメでしょ」
俺「だって先生がどいてくれないから・・・」
有紀「もしデキてたら責任取ってよねっ(笑)」

その時の俺は冷静にも、月並みな台詞だなあと思って苦笑い。
その後も違う日に何度か有紀先生に写生中に射精させて頂きました。

ちなみに後で聞いた話では、俺が始め勃起したのを見て、だんだんムラムラしてたらしい。だからあんなトントン拍子に進んだのね。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする