こいつまじやべーよ!ド変態だなwwwww[セックス体験]

私・当時○学6年の女の子(すでにエロの素質あり

兄・当時(20歳)

彼女・当時(18歳)、

当時、家族5人で、

せまいアパート暮らしだったが

親の貯金がたまったということで念願の一軒家に引っ越した。

兄は自分の部屋ができてから、

彼女をよく家につれてくるようになった

彼女は見た目はちょっとギャル系?

だったけど礼儀正しくて大人しい性格だったので

私の家族にはかなり好かれていた

彼女がうちに来るときは、兄の部屋に勝手に入るな!

と、親に釘を刺されていた

そう言われると余計気になるのが人間の性。

私は夕飯をいつもより早く食べて自分の部屋にこもった

ちなみに、兄と私の部屋は向かい合わせ

兄の部屋からは楽しく談笑する様子がうかがえる

1時間ほどすると沈黙

また10分ほどするとひろ子ちゃんのエロい吐息が漏れ始める

待ってました!。。

私はそーっと兄の部屋の前で腹這いになる

扉の下に3センチくらいの隙間があったので

気つかれないようにその隙間から覗くのが私の楽しみだった

兄はベッドじゃない上に、部屋の奥(扉の真正面)に布団がしかれているので

一部始終がすべて見えた

ピンクのエロい照明のお掛けで表情もバッチリくっきり。。

ひろ子ちゃんは手で口をふさぎ、一生懸命声を我慢していた

いや、全部漏れてるけど。。

結構声でかいし。。

隠す気ないな。。。。

でもまあ私にはそれでよかったわけだが

しかもひろ子ちゃん背低いくせに巨乳

騎乗位だともうそれはそれは。。

私はそんな二人のエッチを見てオナニーしてた

廊下で腹這いの状態で。。

その習慣が半年くらい続いたある日

いつものように廊下で腹這い状態でオナニーしてたら

いきなりひろ子ちゃんの喘ぎ声がなくなり沈黙になった

でも私のボルテージはすでにマックス!

こんないいときに!!

しかたなくひろ子ちゃんのパイパイを想像しながら

その場で果てようとした

その時…

兄の部屋の扉が急に開き、兄が出てきた!

私は急いで立ち上がろうとしたが力がはいらずへっぴり腰

兄はすでに服を着ていて何事もなかったように

「お前なにしてんの?」

私テンパりすぎて

「あ、あの、ここになんかあって、全然とれなくて…」

冷や汗って本当にでるんだね!

この時ほど、この世からいなくなりたいと思ったことはない

兄「お前ひとりでやってたんだろ?」

うひゃぁぁ!ばれてる!。。

兄「俺らがセックスしてるときいつものぞいてたんだろ?」

へっ?シッテタンデスカ?

私はあわわわわって顔しながらその場に立ち尽くしていた

兄「あの扉の下からお前の顔めっちゃ見えてるから」

私としたことが…大失態

そりゃあこっちから丸見えなんだから、あっちからも見えますわな

もう言い訳できないと悟り、正直に

「ごめんなさい。ひろ子ちゃんのおっぱい見てました。」

半べそかきながら謝った

部屋に戻ってからも布団にくるまりながら泣いていた

これからどんな顔して兄とひろ子ちゃんに会えばいいのか

そればっかり考えてた

すると、突然兄が部屋に入ってきた

兄「さっきはごめん。そんなに俺らのセックス見たいの?」

私、ポカーン

兄「ひろ子が、人に見られてるほうが興奮するからお前に見ててほしいっていってんだけど」

私、ポカーン

兄「とりあえず、こっちの部屋こい」

私はいわれるがまま兄の部屋に入った

そこには裸のひろ子ちゃんが体育座りして布団にくるまってた

うおぉぉお!。。

ひろ子ちゃん、おっぱいおっぱい!。。

興奮マックス。。

兄がバサッとひろ子ちゃんから布団をとりあげ

イヤーン(//////)と、全然嫌そうに見えないひろ子ちゃんを見せてくれた

兄「お前はここに座ってろ」

そして正常位で合体しはじめた。。

兄「これがみたかったんだろ?ひろ子も喜んでるぞ!ハァハァ…」

私は興奮マックス。。

まんまん汁がお尻のほうにたれていくのがわかった

どうしたらいいかわからなくなってる私を見て

兄はいきなりひろ子ちゃんを突き放した

そして、私の横にきてパンツに手を入れた

兄「ちょ。おま。ぐちょぐちょ」

ちょっと抵抗したが兄にパンツを脱がされ手まんされた

初手まんに興奮しまくりの私は

兄に身をゆだねぐったりしていた

その時、初潮吹きも経験した

兄「こいつまじやべーよ!ド変態だな」

ひろ子ちゃんも「すごーい」とかいいながら

びちょびちょになった床をぴちゃぴちゃしてた

兄「これじゃ満足できないだろ?」

「お兄ちゃんのがほしいですって言え!」

私は頭真っ白で呆然としてたら、

兄に押し倒されてそのまま挿入されてしまった

なにがなんだかわからなくて

されるがまま…

処女を兄に奪われました

ひろ子ちゃんは私のくりちゃんをいじってた

兄のアレはけっこう大きくて、未熟な私のまんまんには

根元まではいらず、奥にバンバン刺さってきた

痛いけど、もっと痛くしてほしい!って思ってた

この頃から私の中のM心がめざめるわけだが

ひろ子ちゃんのおっぱいを触ってたらまた興奮して

潮吹いた!

それからはずっとびちゃびちゃ状態で

挿入されながらノンストップ潮吹き。。

兄もそれに興奮したらしく

「やべーイク!イッテいい?ハァハァ…」

「うん…」

「お前、生理きてんの?ハァハァ…」

「まだだけど…」

「あぁーイクっ!」

ハァハァ…ハァハァ…ハァハァ…

「え?!ちょっと!中にだしたの?」

慌てるひろ子ちゃん

何が起きたのかわからず果てる私

兄「だって、まだ生理きてないなら大丈夫だろ?」

人生初の中出しも兄でした

それからはひろ子ちゃんが来るたびに兄の部屋に呼ばれ

3Pをするようになった

現在、私は23歳

結婚して子供が2人いる

もちろん旦那の子。

地元から離れたため、兄とは年末に会うくらい

そのときは……

なんてことはありません。。

私の結婚をきに、関係をやめた



ブログランキング参加中です!
ブログランキングに一票いただけるととても励みになりますm(__)m

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!