ダメ!お兄ちゃん!中には出さないでぇぇ![エッチ体験談]

今から3年前、俺が高校3年、妹の亜香里(仮名)が

高校1年、弟の翔太(仮名)が中〇3年の時の事です。

思春期という事もあり、亜香里と翔太は毎日の様に喧嘩して仲が悪かった。

亜香里は翔太に対し命令したりして、翔太はうざがっていた。

ある日、翔太は俺に

「お兄ちゃん!お姉ちゃんに仕返しがしたい」

と言って、

当時から俺が好きだったAKBのコンサートのチケットを報酬に、

レ〇プ話を持ち掛けて来た。

ある日曜日、両親が町内会の行事でおらず、

3人で留守番をしていると翔太が

「お兄ちゃん、まだやらないの?」

と聞いてきました。

俺達は亜香里の部屋の様子を窺い、

亜香里の部屋に入って

2人で押さえつけると当然だが抵抗された。

そのまま亜香里をベッドに倒し、

ベッドの端に亜香里の両手をロープで縛り固定した。

亜香里「な、何してるの!解いて!」

俺「生意気だからお前を今からお仕置きする」

亜香里「やめて解いて!」

と暴れるので、俺は亜香里の腹を一発殴ると大人しくなった。

俺は亜香里の机に携帯を置き、

ムービーをセルフ撮影でセットして5,4,3,2,1、スタート。

俺はまず携帯に向かい

「これから亜香里にお仕置きをします」

と言った。

まず翔太が服を捲ると胸を揉み始めた。

翔太「お姉ちゃん、胸結構あるね」

亜香里「翔太、やめないと怒るわよ!」

翔太「い~や~」

俺も亜香里の胸を揉んだり乳首を摘んだりした。

そして俺は亜香里の胸にしゃぶりついた。

亜香里「お兄ちゃんやめて!」

俺「うるさいな黙れ。

翔太、お前も舐めろ、美味しいぞ」

翔太「本当に?」

と翔太もしゃぶりだした。

俺は亜香里のスカートに手をかけるとそれを脱がした。

俺「亜香里、感じてるんじゃないか?濡れてるぞ」

と言うと亜香里は顔を赤くして

亜香里「もう見ないで!許さないからね!」

翔太「それは僕達のセリフだよね!お兄ちゃん?」

俺「そうだよ」

俺は続けて亜香里のパンツを下まで脱がすと、

うっすらと陰毛の生えたマンコが現れた。

亜香里「いやぁぁ!見ないで!」

俺は亜香里のマンコに指を入れて動かした。

俺「翔太、洗面器を持ってきてくれ」

翔太は風呂場に行き洗面器を取ってきた。

俺はそれを亜香里のマンコの近くに置いた。

俺は亜香里のマンコに更に指を入れ激しく動かした。

亜香里「お兄ちゃん!ヤメテ~~あ~~~!」

の悲鳴と共に潮を噴きだした。

俺はズボンとパンツを脱ぎ、

チンコを亜香里のマンコに挿入しようとした。

亜香里「お兄ちゃん!それだけはやめて!」

と抵抗する亜香里を無視し、マンコに挿入して突きまくる。

翔太「お兄ちゃん!僕も気持ち良くなりたい」

と言うので

俺「じゃお前は亜香里の口にチンコを入れてやれ」

と言うと翔太は頷き、

チンコを出すと口に近づけて入れようとした。

それを聞いた亜香里は口を硬く閉じている。

翔太「お兄ちゃん、お姉ちゃんが口開けてくれない」

俺「亜香里の鼻を摘むといいぞ」

とアドバイスした。

翔太は言う通りに亜香里の鼻を摘み、

息ができない亜香里が口を開き、

それと同時に口の中に入れた。

俺「翔太!そのまま上下に動かしてみろ」

翔太は俺に言う通りに動かしてみた。

しばらくして

翔太「あっあ~~お兄ちゃん!なんか出る」

と言うと翔太は亜香里の口の中に射精した。

俺「翔太、気持ちよかったか?」

翔太「凄く気持ちよかった!」

俺「亜香里!俺も出すぞ!」

亜香里「ダメ!お兄ちゃん!中には出さないでぇぇ!」

俺「亜香里!イクッ!」

俺は亜香里の膣内に精子を出した。

しばらくして俺の携帯がピッピッと鳴った。

『今から帰る』

と両親からのメールである。

俺「翔太、満足したか?」

翔太「うん!もう良いよ」

俺は携帯を手に取り、写真を何枚か撮った。

亜香里「もう絶対ママに言ってやる」

俺「いいよ、じゃ~これ皆見られても良いんだな?」

亜香里「もうお兄ちゃんのバカ」

俺「これからは俺達の言う事を聞く事!守らないと、これお前の好きな彼氏に見せるからな!」

と脅す。

亜香里は泣きながら

「誰にも言わないから!」

と約束した。

そして俺と翔太は部屋を掃除して

亜香里のロープを解き、

抱き上げるとお風呂場に連れて行き、3人でお風呂に入った。

その時に俺と翔太は亜香里の身体を触りまくった。

その後、俺と翔太は、

両親の居ない時には亜香里とのセックスを楽しんでいました。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!