Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

僕は姉の両腕を強くつかんだままイッてしまいました [セックス体験]

あれは僕が高校2年の夏休みの時です(8年前)
当時包茎だった僕は包茎手術を真剣に考えていました。でもお金なんかあるわけが無く、部活でバイトもできないので、どうしようか悩んでいました。修学旅行までには何とかしたかったのです。そこで大学生だった姉に10万円貸してくれないかと相談しました。
「なんでそんな大金がいるの?」って聞いてきましたが

「いや、ちょっと欲しい物がある…」って誤魔化してみましたが

「いじめられてるの?」って真剣に心配してくるので、仕方なく理由を正直に言いました

姉は最初はとまどっていましたが、クリニックに電話してくれて値段や入院するのか、手術方法などを詳しく聞いてくれました。

すると未成年では親の許可が必要だとわかったのです…

その後どうするか2人で考えましたが、レーザーメスがなんか怪しいと姉が言い出し、僕も親だけには絶対バレたくなかったので断念しました。

次の日、昼間は仕事で両親がいなかった時「私が1回見てあげるわ」って部屋に言いに来たのです。

僕は当然断りましたが、女から見てもスキな人なら包茎は気にならないが、やっぱりムケてる方が良いとか…もしかして治るかもっ…て言われ仕方なく風呂場に行きました。

僕はTシャツだけであとは全部脱いで、Tシャツで前を隠してました。

姉はTシャツにジャージをヒザまでめくった格好で来ました。

Tシャツを胸まで上げ、手で押さえてるように言われました。

包茎を見られ、すごく恥かしく足がガクガクでした。

姉は僕の陰毛を見て「毛はもう生えてるんだ」って言いながら、おちんちんと陰毛を見ています。

今までも自分で皮を剥こうとしたけど、痛かったのでやめてました。

だからすごく怖かったのですが、姉は両手に石鹸を付けてよく泡立てながら、おちんちんを握ってきました。

おちんちんの先の余った皮に親指で泡を付けながら触ってくるので、最初はくすぐったかったのですが一瞬でビンビンに勃起してしまいました。

姉は顔を真っ赤にしながら「も~っ」ってクスクス笑ってます。

僕は恥かしくて、恥かしくてどうしようもありませんでした。

「こんなにしたらムケないよ」って言いながら右手でシコシコやってくるのです。

僕は童貞だったので、すごく気持ち良くなり、10回ぐらいのシコシコで大量に射精してしまったのでした。

姉のTシャツの肩にもろにかかってしまい「あ~っ!も~…」って怒られました…

石鹸での手コキで皮が亀頭の半分ぐらいまでムケたので姉はそのまま、クリッと皮を全部剥いてしまいました。

ヒリヒリして痛かったが、赤い亀頭が出てきて自分でも初めて見る亀頭にビックリしてショックでした。

そしてもっと恥かしい事にチンカスが大量に…

さすがにコレは自分で、痛さに我慢しながら洗いました。

その間に姉は「よかったね」と、言いながら自分の部屋に戻りました。

その後、僕も自分の部屋に戻り、先ほどのことを思い出しながらこっそりオナニーしました。

今まで姉を女だと意識した事はなかったのに…

姉の胸が膨らみかけた時は少し気になったけど…

姉のおかげで今は仮性包茎です。

あれから姉の事が気になって仕方がありませんでした。

彼氏からの電話や外泊…嫉妬してはオナニーしてました。

タンスから下着を盗み、あの日の事を思い出しオナニーしてました。

精子をかけたらヤバイので、かぶせてオナニーするだけでしたが…

で、それをタンスに返して姉が履いてるのを想像して興奮してました。

夏休みの終わり頃、姉の部屋にCDを返しに行った時に少し話をしていて、その時に姉が「アレ、あれからどうなったの?」って聞いてきました。

「アレ?アレって何?」と僕はとぼけてました。

あの日以来、その話は気まずくてしていなかったので…

でもやっぱりは正直に「また元に戻ってしまった…」と言いました。

「え~なんでぇ?毎日自分で剥かないとダメらしいよ」

「…でも起ったら少し剥けてるように…」と僕は言ったが、この時すでにビンビンに勃起してドキドキしてました。

その時パジャマだったので姉にバレてしまい…

「だからって、なんで今たってるの?」と笑われました。

もう僕は我慢できなくなり勢いで
「おねぇちゃん!この間の…あの…もう1回してっ」

僕は自分でも分かるぐらい顔が引きつってて心臓ドキドキで極度の緊張状態でした。

「イヤよ…」

「お願い!1回だけっ…お願い!」

僕が必死にお願いしてると、姉は仕方なく「はぁ~…」と息を継ぎ。

「もう本当に1回だけだからね…それと絶対に(彼氏に)内緒よ」

そう言うと、姉は部屋の電気を消し、ベットのスタンドに明かりをつけ、ティッシュの箱を持って来ました。

姉のベットの端に僕は座り、姉は正面の床にしゃがみました。

「さっさと脱ぎなよ」って太ももをパンとたたかれました。

パンツを自分で降ろした瞬間、ガマン汁がパンツから糸を引き…あわてて姉の顔を見ましたが別に気にならない様子。

半剥けのおちんちんを見ながら姉は
「もう痛くないの?」

「ちょっと痛いけど…」

「ふ~ん…」
そう言って右手で握り、左手で僕の右ヒザを押さえて股の間に近づいて来ました…

そして亀頭をくわえたのです!

ツバをたっぷりと口に含み、ゆっくりと唇で皮を剥いたのです

当然初めてのフェラでしたが、実は姉の部屋に来る前にオナニーしてたのと、少し痛かったのですぐには逝きません。

深くくわえ込んだり、舌先でチロチロしたりすごくやらしい。

エロビデオと同じだ、なんて考えてると急にイキそうに…

「おねぇちゃん!この間の…あの…もう1回してっ」

「ああっ気持ちいい…」と言ってしまい…

姉がチラッと僕を見てから、急に頭の上下の動きが激しくなりました。

「あっイクッ!イキそうっ…」って言った瞬間!

姉はおちんちんから顔を離し、テイッシュで先を押さえました

右手でシゴキながら、左手のティッシュで精子を受け止めてます。

ティッシュからドロリと落ちて姉のヒザに付いたのを気付いてない様子でした。

「あ~…最高に良かった」とそのままベットに倒れたのですが…

「もう!はやく自分の部屋に帰りっ」
と少し笑いながら姉に言われ、
「これも持って行って」と、丸めたティッシュを渡された…

そして、初フェラの感触を忘れないうちに部屋に帰りAVを見ながら、もう1度オナニーをしました。

それからしばらくは、なにもありませんでした。

僕達は何事も無かったようにいつも通り生活してました。

でも、何かを期待してよく姉の部屋に行き、適当にCDを借りたりしてました。

夜の10時30分頃、僕は勉強机でエロ本をネタにオナニーしてました。

すると突然「直人~っ」(僕の名前)と、姉がドアを開けたのです!

あわててパジャマのズボンを上げたのですが、モロにおちんちんもエロ本も見られてしまいました。

姉は「あっ…!!」とすぐにドアを閉めました。

僕はズボンを上げ、エロ本を隠して「うわぁ~どうしよ~」とあせってました。

すると「コンコン」とドアをノックしてくる姉。

「今、だいじょうぶ?」と、ドアの向こうで姉が言ってます。

「…あ…いいよ」と、言うと姉が部屋に入って来ました。

勉強机に近づいて来て、半笑いで「さっき何してたの?」

僕は「別になにも…」って言いましたが。。。

姉は「ふ~ん…」と机の上に目をやってます。

そこには丁寧に3枚に重ねたティッシュが、我慢汁で濡れた状態で置いたままでした…

姉は明日、大学に行く時にレンタルCDを返却するので、僕の部屋に取りに来たのでした。

シングルCDが10枚ぐらいあり、ダビングはしたのですがテープに曲名などを書くのがまだだったので、姉は床に置いてるテーブルで待っていました。

「さっきの本見せてよ」と姉が言い出し、僕はトボケましたが

「もうバレてるんだから」と言われて仕方なく勉強机の教科書の間からエロ本を出し渡しました。

姉はパラパラとエロ本をめくりながら
「彼女つくんないの?」と言われ「無理だよ…」と当然の答えを返答する僕。

「なんで?好きな子とかいないの?」

「…おねぇちゃんがいい」と僕は答えました…

こんな言葉が出たのも自分では驚きでした。

でも下心がいっぱいで、以前の事を期待してたのです。

姉は「…なに言ってんの」って言ってますが照れてます。

女性が、しかも姉が僕がいつもオナニーしてるエロ本を僕の目の前で見ているという、異常な光景に僕は興奮してました。

僕は姉の隣に座りました。

姉は「…なによ?」と言いましたが、僕の下心はバレている感じでした…

「いや、あの…さっき中途半端だったから」

「だからなによ…」

「お願いっ!」

「ダメ!もうやらないって言ったでしょ」

「もう絶対にこれが最後でいいから!」などと必死に頼んでると、姉はあきらめて「はやく彼女つくんなきゃダメだよ」と、僕と向かい合わせに座りました…

僕はズボンとパンツを脱いで座椅子に座りました。

姉はおちんちんを見て「また戻ってるじゃん!」と言いました。

僕は包茎のままでオナニーする方が気持ち良かったのです。

皮の先には我慢汁がたまっていて、恥かしかったです。

姉がおちんちんを握り、ゆっくりと皮を剥くと、ツツーッと我慢汁が姉の指に糸を引いて流れました。

姉がシコシコするたびに、クチュ、クチュと音がしてました。

濡れた親指で裏スジをクイクイされると最高で
「…んんっ…はぁっ」と声が出てしまいました…

僕は調子に乗って、姉の胸に手をやると、あっさりと払いのけられました…

でも、もう一度手を伸ばすと何も抵抗しませんでした…

姉もパジャマでノーブラだったので、パジャマの上からでもすごくやわらかく感じました。

初めてのおっぱいの感触に感動しながら、右手でもんでました。

乳首もコリコリするとすぐに硬く勃起して、姉は下を向きながら「…んっ…んんっ…あん」

姉の今まで見た事の無い表情に、すごく興奮して「…おねぇちゃん…入れたい…」と僕は言いました。

でも姉は「ダメ、それは絶対ダメ…」と言いました。

そう言った後、姉は亀頭部分をくわえ込みました。

そしてサオの付け根まで口に入れて、ゆっくりと頭を上下に動かし始めました。

亀頭部分をくわえながら、口の中で裏スジをレロレロ

僕はもうたまらなくなってしまい「あっ…イクッ…イクッ!!」

姉の口の中に大量に射精してしまいました!

姉はまだくわえたまま、右手で強くゆっくりと最後の一滴まで搾り出し、チューと吸っていて僕は腰が砕けそうになりました

姉は「ん~っ!ん~っ!」と、ティッシュ箱を指差してるので、僕はティッシュを箱ごと渡しました。

ベットに倒れてボーとしてると、姉はうがいしてくると言い、部屋を出て行きました…

僕はまだ高校生だったので、姉には女としてすごく興味があり、普段普通に会話してる時でも、ちょっと意識してました。

それから何日かして、姉が飲み会かなにかで酒に酔って帰宅した時です。

母が飲み薬を持って行ってあげてと言うので、薬と水を持って2階の姉の部屋に行きました。

姉は帰ってきたままの格好でベットで寝ていました。

「おねぇちゃん薬を持ってきたよ…」と肩を叩きましたが、まったく反応がありませんでした。

下半身を見るとジーパンのボタンとファスナーが開いたままです。

僕はそっとチャックの部分を広げると、パンティが見えました。

白とピンク色のチェックでした…

僕はすごくドキドキしながら、少しパンティをさわりました。

胸も姉を何度も確認しながら軽くさわった。

でも、そこでなんだか怖くなり自分の部屋に戻りました。

でもその興奮は冷めずに、部屋でソワソワしてました。

でもこれは我慢できなくなり、もう1度姉の部屋に行きました。

姉はまだ眠っていたので、軽く胸をもんだりニオイをかいでました。

そしてパンティのゴムの部分を指でつまみパンティの中をジロジロと覗いてみた。

薄暗い部屋でしたが、黒くモジャモジャした陰毛が見えました。

僕はすごく興奮して手の震えを押さえるのに必死でした。

ゴムをもう少し強くつまみ上げ、右手をそっと差し込みました。

想像してたよりやわらかい陰毛が指に触れました。

でも姉は両足を閉じた状態だったので、それより奥に手を入れることは無理でした。

僕はドキドキしながら、しばらく寝ている姉を見ていました。

しばらくすると姉が軽く寝返りをして、右足だけヒザを 曲げた格好になりました…

そのまま動かなかったので「おねぇちゃん…?」と声をかけましたが無反応。

僕はゆっくりと姉の右ヒザを持ち、少しだけ股を広げました。

再びパンティに手を差し入れ、奥の方まで指をのばしたアソコはすごくやわらかくて、ぷにぷにした感じです。

僕はワレメにそってゆっくり、ゆっくり中指を動かしました。

姉を何度も見ましたが、髪の毛でよく分かりませんでしたがぐっすり眠っている様子…

当時の僕はクリトリスの場所なんか知りませんでしたが、あまりパンティの奥まで指を入れられなかったので偶然にもクリトリスを愛撫してたのかもしれません。

不意に姉がビクッとなりました。

僕は驚いて指の動きを止め、姉の様子をうかがいました。

でも大丈夫そうなので、また中指をクイクイと動かしてました。

するとまた姉はビクッと震えました。

姉の方を見ると…
姉はこちらを見ていました…

「…なにしてるの」と言われ

「…く、薬もってきた」と言うと姉はチラッとテーブルに置かれた薬を見ました。

僕はそのまま中指の動きを止めませんでした。

以外にも姉は何も文句を言わなかったので、調子に乗りもう少し大胆にアソコをさわってました。

すると黙っていた姉が「…ん…んっ」とかすかな声を出し始めました。

僕は左手で姉のヒザをかかえて、グッと股を開いた。

AV男優の手の動きを思い出しながら僕は指を動かし続けていました…

すると濡れてきたのが感触でわかりました。

ヌルヌルとしていて、指が動かしやすくなったから…

自分の愛撫で感じているのかと思うとうれしかった。

姉を見ると目を閉じたまま、眉間にシワをよせている。

姉が女になった表情にすごく興奮した。

僕は床に両ヒザをついてる格好だったが姉のベットに上がり、ジーパンをおろそうとしました。

でもなかなかうまくできないでいると姉が腰を上げました。

ジーパンをおろすと一緒にパンティまで脱げました。

僕は無我夢中で姉の両ヒザの裏を持ち上げ、両足を開けると初めて見るアソコがそこにありました…

姉が「…お母さんは?」と聞いてきたので

「…下にいるよ」と答え少し心配になりましたが、もうやめられません。

顔を近づけじっくりと観察しているとなにやら甘酸っぱいニオイがしました。

指で開くと濡れていて、すごくやらしくて、ちょっとグロかった。

僕が指や舌を使って愛撫してると、クチュクチュ、ピチャピチャとやらしい音がして、姉の呼吸も激しくなり「はぁ…はぁ…はんっ…んぅん」と完全にあえいでいた。

僕はもう我慢できず入れてしまおうと思った。

その時、姉は急に両足を閉じて
「ゴム、ゴムつけてよ…」

「えっ…もってないよ」

姉がテーブルの上のバックを取ってと言うので、姉に渡すとコンドームを取り出した。

慣れた手つきで封をあけるとゴムを取り出した。

僕がベットの上にヒザで立つと、姉はおちんちんを握り、ゆっくりと皮を剥いた後ゴムを付けてくれた。

それだけで興奮してイキそうになるのを必死にこらえた。

そして姉は「初めてが私でいいの?」と言い僕が「うん、いいよ」って答えると、姉はベットに横になった…

いよいよ正常位の形で挿入しようとしたが、どこに入れたらいいのかわからずにおちんちんの先をあてがいながら、ゴソゴソしてるうちにもう我慢できなくなり、握ったまま入れる事なくイッてしまった。。。

気持ち良かったのと、うまくできなかったショックであたふたしてると、姉が起き上がり
「初めてだからしょうがないよ」
「今後直人が恥じかかない様に、教えてあげるね」
と言いました。

へこんでる僕を見て急にやさしくなりました。

姉は僕からゴムを外すと結んでティッシュで丸めました。

そして、イッたばかりのおちんちんをくわえ込むと、頭を動かしながら新しいゴムを開けました。

ビンビンに復活したのを確認すると、ゴムを再び付けてくれました。

僕がベットであお向けになったので女性上位だと思ってると、姉が僕の顔をヒザではさむようになり、69の形になりました。

お尻を僕の顔に沈めて来たときはビックリしました。

アソコもアナルも丸見えで、僕はしゃぶりつきました。

姉が下になり、おちんちんを握りながら導いてくれました。

「ここよ…ここ」そう言われたのでグッと押し込むと、ヌルンと入って行きました。

僕は必死で腰を振りましたが、なぜかうまく腰が振れずベットがギシギシと音を立てるので、ヤバイと思いやめました。

今度は僕が下になり、姉がおちんちんを握ったまま僕にまたがりました。

そして姉は自分で挿入しました。

姉は僕の頭の横に両手をついて、ゆっくり腰を動かしてます。

すごくしまりが良くて、キツイぐらいでした。

姉の顔は僕のすぐ上にあり、熱い吐息と

「うんっ…うんっ」って言う声で我慢できなくなり

「…あ~っ…イキそう…イクッ!!」

僕は姉の両腕を強くつかんだままイッてしまいました。

僕は姉に「ありがとう」と言ったまま、2人共ぐったりとしてました。

そして置いてあった水を2人で半分づつ飲みました。

姉は「誰にも言っちゃダメだよ」と言い、お風呂に行きました。

僕は部屋に帰り、とうとう童貞を捨てたと1人で感動してました…


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!