俺だけがイって妹は痛がってSEXが終わる[セックス体験談]

俺は17歳。ヲタクではあるが、一応友達も居たし、あんま不満な事はない。
ただ、やっぱヲタクは女子に嫌われるから、彼女が居なかった。
身近な女は母と妹くらいで、近×××とかエロゲでよくあるし、近×××まで行かなくても妹と恋愛とか出来るかな、なんて。ちょっと変なことを考えた。
妹は、15歳で中3。学年の中で下から6番目に頭が悪い。
本人も自覚しているが、頑張るどころか俺と同じくヲタク趣味に没頭して今日もゲームをしている。
そこで俺は、
「なぁ、佐奈(妹の名前。勿論偽名)。お前高校行けんの?」
と、妹が最近一番嫌がる話題を出してみた。
そうしたら、元々口が悪い妹が「ちっ」、とかあからさまに舌打ちしてきて…。
別に慣れてるし大丈夫なんだけど、と思ってたら妹は答える。
「私立の女子高なら入れるって言われたけど」
「あ、そうなのか」
高校行けると安心した直後、俺は考え直す。
私立の女子高って…。

「…金さえ払えば行けるトコじょねーか」
「うん。だってバカだから公立行けないって言われたんだもん」
「………勉強しろ」
「嫌だ。頭痛くなる」
「じゃあせめて宿題しろ」
「最終日に頑張るってば」
「…博物館行かなきゃ出来ない宿題あんだろ」
「あー…。あのクソジジィが出したやつか…。プリント10枚の」
「やれ。それは後回しにしてやれ」

とにかくなんとしてでも勉強させる様にする俺。
…しかし、これは兄貴の優しさではない。
宿題を手伝うという、部屋に入るための口実だ。
「だってさ、わかんない」
きた! これを待ってた俺は、遂に言った。
「教えてやるから。部屋で宿題広げて待ってろ」

「……まー、教わった方が楽か…。じゃあ待ってるから。あんま遅く来ると、死なすー!」
「おう、優姫が好きなんだな」
 そう言うと、「ツンデレ最高!」とか言って妹は階段を上って行った。因みに、パンツ見えなかったのが悔しい。
 そして一階に一人の俺は、こぼしたら嫌なもの…オレンジジュースをコップに注ぎ、二階へ向かった。

「なー、夕兄。国語は一応出来るからさ、英語教えてよ」
「ん。ピプリント見して」
「ほい」
そして。
伸びてきた腕を引っ張って、力強く抱きしめる。
「夕兄、暑いんだけど」
恥じらいもしない佐奈。
予想していたエロエロな反応じゃない。

「チョイ待って」
「は? ………」
妹は待ってってくれてる。
女は胸よりきっと、クリトリスとかの方が良いよな?
そう思い、自分を信じてクリトリスら辺に手を当てる。
今度こそエッチな反応! そう期待してたのに。
佐奈は…。
「夕兄、氏ね」
………。やばい。

「何が?」
知らない振りをする。
「股触んなバカ。あたってるよ、手」
なんかあったってると思ったらしい佐奈。
これならいける。
確信した。
「佐奈、ベッドに寝て」
手を戻し、言うと、
「なんで? 宿題は?」
「これからは、保健体育の宿題」
「保体の宿題はプールのための体力作りだけど…」
バカだ。体力がつく行為を今からしようとしてるのに。

「だから、セックス」
「エロゲのやりすぎ。…ふぅ、でさ、冗談はこれで終わりにして英語教えてよ」
可愛くない。しかも妹は元からエロ会話全開の女だったことを思い出す。
「エロゲみたいなことしよう。っていうか宿題やる気ねーんだから」
「? そうだけど…。…ねー。本気で言ってるってことないよね? セクロス」
「やる」
断言すれば、妹はため息をついて。
多分、また冗談やめろとか言うんだろうな、って思ったら。
「いいよ」


…………。
「え?」
「? するんでしょ。そっちから言ったんじゃん」
「……なんで?」
「何が?」
「普通拒むだろ」
「なんだ、マジで冗談だったのか。…もー、英語教えて」
「いや、そうじゃない、冗談じゃない!」
声が大きくなってしまった。
……でも、佐奈は普通じゃない。女なのにエロゲが好きだし、妙な行動とるし…。

「じゃあ、セクロスしよう。一度やってみったかったんだ」
佐奈はゲームをやってみたっかったみたいに言う。
「…じゃあ、服脱いで」
俺も脱ごうとしたら、
「脱がない。着たままでする」
なんて言い出した。
「…初めてで、着たまま?」
「異論は認めない。着たままでしてみたい」

そして、俺はズボンとパンツだけ脱いで、佐奈はブラジャーとパンツだけを脱いだ。
俺は洋服をずり上げる。
「…あ。…意外とないな」
膨らみこそあるが、Bくらいで、少しガッカリ。
「なんかね、着るとおっきく見えるんだよ俺の胸」
「こんな時まで一人称俺かよ」
「癖だからしょうがない」
「…まぁ、いただきます」
胸の飾りに吸い付く。…が、反応がない。喘ぎ声もない。

「…赤ちゃんだね」
余裕で感想を言ってきた。
「……佐奈、もう下良い?」
「うん。だって俺感度悪いから感じないもん」
え。何、なんで佐奈は自分の感度知ってんの。
「佐奈、オナニーしたことあるの?」
訊くと、返事が返ってこない。しかし5秒後、
「…普通する」
確かに。俺もするからな。

「やってみて」
「無理」
なんか即答されてしまった。
恥じらいのない妹にも恥じらいが…!? と思ったら、
「シャワーでしかイったことないから」
「……マジで? 指は?」
「痛かったし気持ち良くなかった。…夕兄の指は?」
「いやそれ指の問題じゃなくて愛液の問題だろ」
「ちゃんと濡れてた」
…本当に痛いのか? と思い、指を入れてみる。
「う…っ」
痛がらない。でも気持ち良さそうでもない。

「佐奈、どんなかんじ?」
「少佐の佐に奈良県の奈」
ふざけてるし。2ちゃんねるじゃねーか。
「痛くない?」
「痛くないけど変。なんか異物感がヤダ」
「…入れて良い?」
「ハァ!? なんで!? 今の話からなんで!?」
「入れたいから」
「ふざけんなバカ!」

やばい。いつも通りの会話になってる。
そう思って、先だけ禁断の花園に入れてみた。いや、こするの方が正しいかも。
「……あのさ、本当に、優しくして…。怖いから…」
普段絶対泣かない佐奈が目に涙を溜まらせて、俺を見てる。
そして俺は、
「ん。了解」

嘘を吐いた。
そして俺だけがイって、妹は痛がって、セックスが終わる。
最悪だ。
優しくしないで、俺だけイって、中に出して。
「……ごめん」
そもそも近×××のことから謝らなければいけないんだ。
「………次は、前戯してから、…しようね…」

あ。
前戯…。
「そうだな。忘れてた」
「氏ねこのバカ」
「お兄ちゃんにそういうこと言うなよ」
「近×××の時点で夕兄が悪い。俺は悪くない。警察にいったら逮捕されるのは夕兄だ」
正論だった。
「宿題やってやるから勘弁」
「……教えてもらう方がいいな…。だっておの分話せるよ」
「………じゃあ、一回寝たら宿題な」
「そうだね。……あ、えっとね、夕兄…」
「何?」
「次、は、…前戯からやろうね」
…それって…。
「好きだぞ、佐奈」
「………、俺も…。ヤンデレになるくらい夕兄好きになる」
「それはいやめろ! 言葉様にはなんな!」
「冗談です」

普段と変わらない会話だけど、関係は変わった。
…こんな毎日が、続きますように。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする