ノーパンでアソコ丸出しで寝てる方が変態じゃないか?[エッチ体験談]

ドスケベな妹の昼寝中に悪戯をしたエッチ体験談。

僕が帰宅すると、きみこはソファで眠っていました。

ミニスカートで、軽く足を開いていたので、

僕はちょっと悪戯してやろうと、スカートを捲ってやりました。

起きる様子が無かったので、

僕は洗面所でうがい手洗いを済ませて自室に鞄を置いてきました。

リビングに降りてくると、きみこスカートを捲られたままの格好で、

まだ眠っていました。

頬を突ついても起きる気配はありません。

僕はきみこのピンクのパンティに指をかけてみました。

片腕を腰の下に入れて体を浮かせても、きみこは起きません。

僕はそのまま下着を脱がせてしまいました。

腰を浮かせて腿まで下ろした後は、きみこの体を寝かせて、

するすると全部脱がしてしまいました。

割れ目に当たる分部分が、すこし湿っぽくなっていました。

きみこは、恥ずかしいところを露わにしたまま、完璧に熟睡しているようでした。

僕は脱がした下着を持って、

きみこをソファの上に寝かせたまま、二階に上がりました。

それから15分くらいして、どたどたと階段を上る音がしたと思ったら、

部屋のドアが勢いよく開けられました。

「おにいちゃんのエッチ!」

顔を真っ赤にしたきみこが、泣きそうな顔で睨み付けてきました。

「ただいま。どうかしたのか?」

僕が笑い堪えながら言うと、

「うぅー、おかえりぃ~」

さっきまでの勢いはどこへ行ったか、恥ずかしそうに俯いてしまいました。

僕が脱がせた下着を見せると、

「やっぱりお兄ちゃんだ!」と言って下着を奪い返そうと手を伸ばしてきました。

僕がひょいと引っ込めてそれをかわすと、勢い余ったきみこは、

「ひゃっ」と悲鳴をあげて、べちっと倒れてしまいました。

スカートが捲れて、可愛いお尻が丸出しになりました。

「大丈夫か?お尻見えてるぞ」

「やだーっ!」

きみこは焦ってスカートを戻しながら、体を起こしました。

「お兄ちゃんのエッチ!スケベ!変態ぃ~!」

「ノーパンでアソコ丸出しで寝てる方が変態じゃないか?」

「そんなのお兄ちゃんがしたんだもん!」

「普通、気付くだろ?」

「だってぇ~」

そんな風に、しばらく二人でどたばたして、きみこに下着を返してやりました。

本当はSEXしてしまおうと思っていたのですが、

きみこがいつまでもどたばたしていたので、そんな気分は消えてしまいました(^^;)

明日、例のえりちゃんが遊びに来るそうです。

僕も家にいるので、少々楽しみでもあります。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!