姉の豆やビラビラ部分をたっぷりと触らせてもらいましたwww[セックス体験談]

成人してからの話だけど、姉とのちょっとHな体験談です。

当時ひとり暮らししてた姉の引っ越しを手伝いに行ったんだけど、

夏だったので2人とも汗だくになりました。

で、ひと風呂浴びようって事になって、

一緒に入っちゃえという事になったんです。

自分は21歳、姉は24歳の時でした。

当然2人して全裸になりましたが、

姉の乳はプリンとしてアソコはフサフサ。

まだ童貞だった自分は思わずゴクリッとなってしまいました。

2人して体を流した後に湯に浸かろうと思ったんですが、

湯船が小さかったので2人一緒に入るとお湯が溢れます。

仕方ないので姉を先に浸からせ、自分は足だけ入れて浴槽に腰掛けました。

だから自分のイチモツはちょうど姉の目線の位置にありました。

隠してもしょうがないと思って、脚を開いてバッチリ見せました。

「一緒に入るの小学校の時以来だね」

・・・などと話ていた姉と交代し、今度は自分が湯に浸かって姉が腰掛けました。

姉も脚を開いてバッチリ見せてくれました。

この時自分は湯船の中ですが、勃起してきました。

湯から上がって体を洗わなければならないため、

仕方なく立ち上がったんですが、姉に勃起していたのがバレました。

それを見ても姉は何も言いませんでしたが、視線は凝視してました。

でも、背中を流し合ったりしながら洗っているうちに勃起は収まりました。

洗い終わった後また湯に浸かったんですが、今度は自分が先に浸かりました。

またしばし姉のを観察できたわけです。

この時は勃起しませんでしたが、

姉と交代して自分が腰掛けた時、姉との会話が途切れました。

そして姉の白くて丸い乳を見ているうちに、

姉の見ている前でムクムクと再び勃起してきたんでちょっと恥ずかしかったです。

すると姉は、無言のまま自分のイチモツに手を伸ばしてきて、

硬さを確認するように勃起してるのを摘んだり

玉もグリグリと弄ったりしてきました。

自分「握ってみてもいいよ」

姉「えっ?」

一瞬、間はありましたが、姉はニギニギしてきました。

ニギニギされるくらいなら大丈夫と考えていたのは甘かったです。

童貞の自分が、姉とは言え裸の女に握られているわけで・・・。

ヤバいと思った時は既に遅く、

急いで立ち上がって洗い場の方に向けてドピュッと射精してしまいました。

当然射精の様子は姉も終始見られてました。

ニギニギしている時は「かたぁい」くらいしか言わなかったと思います。

表情は興味津々という感じで握りながら凝視してました。

その後、自分は出してしまったのを洗い流したのですが、

2人とも無言になってしまい、

自分はちょっと恥ずかしくて姉の顔を見れなくなってしまいました。

姉は無言のまま湯から上がったので、自分はもう一度湯に浸かり直しました。

すると姉が、自分の右手を引っ張るように掴んだんです。

姉を見ると、少し笑みを浮かべて自分を見つめてきました。

湯から上がれって事かなと思い、自分も湯から上がりました。

2人で裸で向き合った状態でしゃがみ込むと、姉は腰掛けに座りました。

そして、全部見えるように両脚を開いたんです。

自分を見つめながら姉は、やがてシャーッと放尿し始めました。

成人女性の放尿姿を見たのはその時が初めてでした。

姉が放尿し終わったので、自分は洗わなきゃと思い、

シャワーで洗い流してやりました。

洗ってやってる間も、姉はじっとして自分を見つめていました。

それから、姉の豆やビラビラ部分をたっぷりと触らせてもらいました。

自分の指が最初に豆に触れた時、姉は腰をビクッとさせていました。

姉を洗い終わり、2人で風呂場を片付けて上がりましたが、

夏で暑かった事もあって風呂場を出てからも2人とも裸のままでいました。

その後、「夕飯食べていきな」と姉に言われ、つけ麺を作って食べ、

テレビを見て暫く過ごしました。

それまで2人とも全裸のままでした。

やがて夜になった事もあり、自分は車を運転して帰りました。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!