二人の妹とついに一線を越えてしまいました・・ [セックス体験]

この間、ついに一線を越えてしまった。

俺にはA絵とK美と言う妹がいる。

親が共働きのせいか、二人は俺によくなついていて、大学生のA絵にはアニキ、高校生のK美にはお兄ちゃんと呼ばれてる。

この間、給料がいつもよりも多く出たので、二人をドライブに誘った。

普段はしっかり者で浮いた話を聞かないA絵は、俺の前じゃ猫みたいになついてきて、買い物の時も腕を組んでくる。

大人しくて、メガネがよく似合うK美は、一緒に歩くと、自分から手をつないでくる。

初めての三人揃ってのドライブだったので、妹たちは上機嫌だった。

海岸線を走っていると、後ろに座っていたK美が「お兄ちゃん、彼女さんいないの?」
「いたらお前たち誘ってないよ」
「えっ!アニキ彼女いなかったっけ」

実はA絵と買い物してるとこを目撃され、フラレていた。

「・・・別れたよ」

その時、二人の目が輝いた。

「お兄ちゃん、今フリーなんだ・・・」
「最近とかあんまりメールしてないからどうしたのかと思ったけど、フラレたんだ」

お前のせいだぞと言おうとしたけど、ぐっと堪えた。

海岸線の観光地に着くと、二人はトイレに行った。

ベンチに座ってタバコに火を点け、ゆっくりと吸った。

A絵はTシャツにジーパンで、シャツの上からもおっぱいが大きく、走ったりするとかなり揺れる。

K美はTシャツにデニムのミニスカートで、A絵ほどじゃないけど、おっぱいは大きい。

一本吸い終わって灰皿で消したところで、二人が戻ってきた。

すると、二人とも腕に抱き付いてきた。

「なんだよいきなり・・・」
「アニキ、ここじゃなくて別のところいかない?」
「この先にもっといいところあるみたいだよ」

二人に引っ張られるように、車に乗ると、海岸線をしばらく走った。

A絵が指を差したのは、なんとラブホテル!

「ち、ちょっと待て!俺たち兄妹だぞ!」
「いいから入って!」

俺は訳も分からず、ラブホテルに車を乗り入れた。

海沿いのホテルは、ガレージ式になっていて、窓からは海が見渡せた。

ソファに座ると、二人が両脇に座ってきた。

考えたらラブホなんて久しぶりだった。別れた彼女は手をつなぐくらいしかさせなかったっけ・・・

「アニキ、二人で話したんだけど、私たちを抱いて・・・」
「私たち、お兄ちゃんが好き。大好きだから、寂しそうなお兄ちゃん見たくないから・・・」

確かに、フラレて落ち込んでいた俺は、妹たちからも心配されていたみたいだ。

二人は俺の肩に頭を乗せてきた。

愛おしくなった俺は、二人を抱きしめた。そして、二人と初めてキスした。

まずはA絵にキスすると、K美ともキスした。

二人とも唇は柔らかく、また体の線が意外にも細い事がわかった。

俺は、A絵とキスしている時は、K美のおっぱいを軽く揉んだ。

予想以上に柔らかく、そして大きい。

K美とキスしている時は、A絵のおっぱいを触った。

かなり大きいが、柔らかい。そして、ノーブラだったので、乳首までわかった。

A絵は、Tシャツを脱ぐと、俺の手を胸に伸ばした。

俺は残った手で、K美のメガネを取り、Tシャツを脱がせた。

二人とも乳首はピンク色だが、また小さい。

まず、K美の乳首を口に含んだ。

その途端、K美は俺の頭を抱きしめた。迫ってくる感情を必死に耐えている。

次にA絵。口に含んだ瞬間、優しく抱きしめて押し付けた。

少々ハスキーな声をするA絵(飲み過ぎの為)は、喘ぎ声もまたハスキーだった。しかもそそる!俺は乳首から口を離すと、またキスをした。そして、ベッドに連れて行った。

K美は肩で息をしながら、ぐったりしていたが、よろよろと立って、スカートとショーツを脱いだ。

驚いたのは、パイパンだった事と、モデル並みのボディラインだった事だ。しかも、A絵もパイパンで、スポーツ選手並みのスタイルだった事だ。

K美がベッドに横たわると、俺は乳首を吸い、あそこに手を伸ばした。

洪水のようにびっしょりと濡れている。クリをいじると、今度は声が漏れた。

A絵は俺のいきり立ったチ○ポを加え、ゆっくりフェラしてきた。

今までにないくらい喘いだ。かなり気持ちいい!

すると、K美もチ○ポに舌を伸ばした。

今までバキュームフェラはされた事あったが、ダブルフェラは初めてだった。

いよいよ混入したくなった俺は、A絵を寝かせ、K美をその上に覆い被さるようにさせると、A絵に入れた。外まで聞こえるくらいの声、そして中は暖かく、締まりが堪らない。

K美は処女だったのか、最初は痛がっていたが、徐々に感じてきたようだ。しかも締まりがA絵よりもいい!

すると、声がしなくなった。

A絵とK美はキスしていた。しかもA絵がK美のおっぱいを揉み、乳首も吸っている。堪らなくなった俺は、二人の間にフィニッシュ。それと同時に、二人も絶頂を迎え、ぐったりとしている。

俺は妹たちと越えてはならない一線を越えたが、今度の休み、またドライブに誘うつもりだ。



ブログランキング参加中です!
ブログランキングに一票いただけるととても励みになりますm(__)m

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする