この時も特に意識もせず生でしてました・・ [エッチな話まとめ]

いきなり元カノ有希から電話。

「今日飲みにいかない?」

有希からの連絡は2年ぶり位。

特に用事も無かったので、飲む約束をした。

新宿駅で待ち合わせ、歌舞伎町のチェーン居酒屋へ。

有希とは20歳の頃に1年くらい付き合っていた。

当時結婚願望の強かった有希に対して、

自分はまだまだ子供(相手も子供だが)。

結婚なんて考える事もしないと言っていた。

それがすべてとは言わないが、

別れる一つの原因であった事は後々判った。

久しぶりに会う彼女は、当時のように明るく、

昔に戻ったような感覚で楽しく時間が過ぎていった。

なぜ急に会おうとしたのかと聞くと「だって◯◯、誕生日でしょ」と。

確かに何日後かには俺は誕生日だった。

そして、彼女は「はい、これ」

と言って、プレゼントをくれた。

話が進むうちに、やはりというか、

お互いの恋の話になっていきました。

その時俺は彼女もいなかったが、

彼女には10歳くらい年上の彼氏がいました。

しかも、不倫。

【有希のスペック】

身長145cm位。

体重不明。

太くは無いが細くも無い。

年は確か1or2歳俺より年下だったと思う。

幼児体型なロリッ子です。

別にロリ趣味ではないですけど。

「おいおい、有希。

俺と付き合っていた頃は結婚願望強かったよな。

それじゃ、結婚なんて簡単に出来ないじゃんかよ」

と言うと、その事で悩んでいて、

話を聞いて欲しかったらしい。

その事で話をしていると、

昔別れた原因は俺が不安がらせて

(結婚願望なし)、他の男に走ったと。

俺浮気されました(><;)

そして、時間が進むにつれて有希は呂律も怪しくなってきて、

注文しながらも、椅子からずり落ちる程泥酔してきました。

もう、椅子の下にしゃがみこむなどするから

周りのお客にパンツ丸見え状態です。

ここまで、すけべな気持ちは微塵も持っていませんでした。

しょうがないので、

とりあえず店を出るしかないなあと思い、

どうやって帰ろうかと思案しながら店を出ました。

時間はすでに終電も無い時間だったと思います。

しかし有希は一人ではもちろん、

俺が脇から腕を入れて半分抱きながら歩いてもフラフラな状態。

こりゃあ帰るの無理だなあと思っていると、

有希が「何処でもいいから休ませて」と。

しょうがないので近くにあったシティホテルに入りました。

ここまでも本当にスケベ心はなかったんですが。

で、なんとか有希を引きずりながらベッドへ寝かせました。

自分も結構酔っていたのですが、先に泥酔されると意外と酔いが覚める。

「暑い暑い」と有希が服を脱ぎだしました。

本気で泥酔しているので

上手く服が脱げないのようなので

「しょうがないなあ」と脱ぐのを手伝ってあげました。

ブラウスとスカートを脱がすと

白のブラに少し透けている白のパンツ、

懐かしい体が目に飛び込んできました。

ここで、初めてちょっとすけべーな気分になりましたが、

泥酔している女とするのもめんどいなあと思っていると、

有希が抱きついてきてキスしてきやがりました。

いきなり濃厚に舌を絡ませてのキスをされて、

俺のテンションも急上昇です。

自分も酔っているので酒臭いとは思いませんでしたが、

舌の動きが凄くいやらしく、

息子もすぐにポップアップしてきました。

口を離すと、はぁはぁ言いながら

「久しぶりだね」と微笑む有希。

(むー、こいつ可愛い・・・)

と、クラクラしました。

「おまえ、酔っ払ってるだろ」

「えへへ、いいからいいから」

・・・と言いながら、俺のズボンに手を掛け、

脱がし始めました。

しかし、やはり泥酔してるので

手に力が入らないようで上手く脱がせません。

仕方なくというか、本当はもうやる気満々ですが

「しょうがねえなあ」と言いながら、

自分でズボンとシャツを脱ぎパンツ一枚になりました。

そうすると、やはり盛り上がった股間が目立ちます。

有希は嬉しそうに「もう、こんなになってるじゃん」

と言いながら、ゆっくりと撫で回してきます。

ベッドに横になり俺の息子を撫でさせましたが、

こっちも黙っているわけにはいきません。

後ろ側に手を回しブラのホックをはずします。

そうすると、小ぶりなおっぱいがプリっと出てきました。

「いやん」と可愛いことを言いますが、許しません。

小さ目の乳首を指でコリコリすると、

すぐにプクッと立ってきます。

舐めた指で更に転がすと

「あん・・」と可愛い声を漏らし始めました。


☆彡おすすめ☆彡

しかもいつの間にか俺のパンツを半脱ぎさせ、

息子を直接触っています。

体勢を変え、有希を仰向けにしてM字にさせ、

パンツの上からマンコ辺りを舐めてみます。

すでにパンツも有希のいやらしい汁で濡れていました。

「有希、パンツもぐしょぐしょだね」と言うと、

「そんなこと・・・」と、恥ずかしがる有希。

我慢出来なくなった俺は、

パンツを横にずらして、マンコを拝むことに。

久しぶりに見る有希のマンコは昔と同じピンク色でした。

しかも例に漏れず、大洪水。

いきなりむしゃぶりつくと

「はあ・・うーん」と更にトーンが上がってきました。

腰を上げさせパンツも脱がし、

クリとマンコを強く刺激すると、

「あん、あん、あん・・・ダメー」

と我慢できない様子。

俺も気持ちよくしてもらおうと

69の体勢にして俺が下になりました。

有希は口にツバをたくさん溜めて

「じゅぷじゅぽ・・」と音がするように、

いやらしくフェラをしてきます。

音に興奮しながら目の前には涎をたらしたマンコ。

たまりませんでした。

あまりやられ過ぎると俺の方が危険なので、

負けじと有希のマンコとクリに刺激を与えると、

時おり動きが止まり、

「うー、うー」と唸っています。

更にマンコに舌を入れながらクリを強めに摘んでやると、

息子を口から離し

「あー、◯◯だめー。い、いっちゃうよー。いっちゃうってばー」

と可愛い声を出しながら、

ぎゅうっと俺にしがみついて動きが止まってしまいました。

どうやら、いったようです。

俺の体から下ろすとハァハァと肩で息をしています。

まだ、余韻に浸っている有希を休ませるわけにはいきません。

仰向けにして、乳首を口に含みながらマンコを指で刺激します。

すぐに「あん、◯◯」と反応して抱きついてきます。

更にマンコに指を挿入して出し入れすると声が高くなってきました。

「◯◯、だめ・・はやくキテ」と。

この瞬間が大好きな俺は更に意地悪にクリを刺激します。

「あーん、だめだってばー、寂しくなるから早くキテー」

と言われ、俺も我慢出来なくなり、

いよいよ挿入することに。

正常位でゆっくりと挿入すると、

昔もそうでしたがマンコはキツキツです。

体が小さいせいでしょうか、

こんなに濡れているのに摩擦感はものすごく、

一杯まで入れると壊れそうなくらいです。

有希との身長差は30センチくらいですので、

本当に子供とセックスしているようで、

更に毛の薄さも手伝って悪い事をしているような錯覚に陥ります。

腰をストロークするたびに「あん、あん、」と声を漏らす有希。

足を持ち上げて、

マンコに息子が出入りするところを良く見えるようにすると、

いやらしさ倍増。

「有希、ほら俺のが有希に入ってるところが丸見えだよ」

と言うと、

「やーん、見ないでー。だめだめだめーー」

と、有希も高まってきているようです。

忘れていましたが、ここはシティホテル。

ゴムなんて物は置いているわけもなく、

当然のことながら生です。

寸前で抜くのはいつもの事ですので、

この時も特に意識もせず生でしてました。

体位も色々変えながらやっていると、

「もうだめ・・・」

どうやら、有希はいきそうらしいので、

俺も最後のラストスパートを正常位でしました。

体をぎゅっと抱きしめ、腰を素早く動かすと、

「あー、◯◯きてきて・・・。

中に・・・中に頂戴・・・」

(ん、中に?)

さすがに、中はヤバイだろう。

・・・というか生でもヤバイけど、

中出しは妊娠の確率が5段階くらいジャンプアップでしょう。

相変わらずへタレというか、結婚する気も無いし、

ましてや有希と結婚なんて考えてもいませんし。

一瞬、素に戻って、

(それは出来ないなぁ・・・)

と心の中で思いながら、

更にピストンを早め、俺もフィニッシュへ。

もちろん直前で抜き、有希の腹に出しました。

「あーん、中に欲しかったのに・・・」

と言う有希に、ちょっと本気で

「そんなことしたらあかんだろ。いくらなんでもそんな無責任な事は俺は出来ん」

と、ちょっと怒ってしまいました。

(酒の勢いでエッチしてるくせに何言ってるんだか)

その後、泣き出した有希をなだめるのにちょっと大変でした。

もちろん有希も酒の勢いで言ってしまった事だったようですが、

優しく諭すと泣きやみ、

頭を撫でてやりながら眠りにつきました。

それ以来、有希にも会っていませんが、

今頃どうしているやら。


★新 着 pick up★

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!