私のセックスに対する価値観が完全に壊された瞬間でした[エッチな話まとめ]

その上司の甥っ子と私は結婚が決まっていて、

上司は結婚式では仲人をすることになっていたのに・・・

ある日、その上司も含め、数人で飲み会があり、

上司と帰る方向が一緒なので途中までタクシーに相乗りさせてもらってたら

上司が「今日最終回のドラマがあるのに録画を忘れた。これから帰ったら見られない」

と言っていたので、帰り道にある私のアパートへ招き入れました。

(まあ、仲人だし、彼の親戚だもんね変なことしないよね)

と、上司と2人でコタツでコーヒーを飲みながら、ドラマを見ました。

上司は手が早いことで、女子社員の間では話題でしたので、

努めて他愛も無い話をしていた様に思います。

ドラマが終わり、上司は意外とあっさり帰り支度を始めました。

私は居座られるかもと思っていたので、

玄関でクツを履いている上司に向かって思わず

「部長って意外と紳士なんですね それとも私って魅力ないのかなぁ」

と言ってしまいました。
すると上司は突然ギラギラした目で私を見つめて、

「そんなこと言うな!」と言って抱きしめてきました。

私はビックリして上司の顔を見ようとしたら、

唇をふさがれて舌をいれられ口の中を舐めまくられてしまいました。

しばらく私の口の中を舐めまわして唾液を注ぎ込むと上司は

「大人しく帰ろうとしたのに、そんな誘う事を言うから、お前が悪いんだぞ!」

そう言って上司はコート姿のまま、

廊下の壁に乱暴に私を押しつけ、

ブラウスを上から下までボタンを引きちぎり、ブラを乱暴に外すと、

私の胸をわしづかみにして乳首にむしゃぶりついてきました。

乱暴にされているのに、乳首は反応してビンと固くなってしまっていて、

それが上司を更に刺激したようでした。

上司の息が荒くなり、手が下半身へと伸びてきました。

私は普段のクールで時に優しく笑ってる上司と全然違う様子で

男性の欲望をギラつかせているのを見ると、

恐怖よりも「無茶苦茶にされたい」と思う気持ちが沸いてきて

怖いハズなのに、自分の意志に反して

アソコがぐちゃぐちゃに濡れてきたのを感じました。

上司は私を廊下にねじ伏せると、スカートをたくし上げ、

アソコに手を這わせると、

私が下着までベトベトにして濡れているのに気付き、

少し驚いたようで

「こうされるのが好きなんだな?」と、

その場でズボンを脱ぎ、いきなり私の中へ挿入してきました。

上司のモノは太く長く熱く、固く脈打って、反り返り、

前戯もしてないのに私のアソコは自分の意志に反して

すんなりとそれを受け入れました。

ソレは彼のモノと比べて驚くほど太くて、長く、

右に反り返った異様な形をしていて私が唯一、

知っているモノと全然違います

先端が傘のように張り出していて私の奥の良い場所をズンズン突くと

同時に出入りするときに膣の中を削るように強くえぐります

無意識に上に覆い被さる上司の背中に手を回して抱きついて

「いやあ、いやあ・・・・・・・だめぇ・・」

と拒否の言葉を繰り返していたように思います。

上司は

「スケベな女だな、結婚するのに、他の男を誘いやがって、このまま中で出してやる」

そう言いながら、正常位で責め続けます。

大きく腰をグラインドする度に私のアソコがめくれて

巻き込まれてを繰り返しています

そのいやらしい言葉と無理矢理とはいえ、

ひたらすら打ち込まれ奥を突きまくるモノに

私は抵抗も出来ずに受け入れるしかありませんでした

「いやぁ・・ だめぇ・・ だめなのぉ・・ ゴムしてぇ・・・ お願い、赤ちゃんできちゃうから・・ ゴム・・」

生まれて初めて生で挿れられた私は

妊娠の恐怖と婚約者を裏切った背徳感とセックスの気持ちよさが混ざり合い

信じられないくらい感じて自分から腰を動かしていました

彼とのセックスでは一度もイッたことがないのに何度もイッてしまい

言葉でこそ拒否して抵抗していますが

体は完全に受け入れていました

「ああ・・ いい・・ きもちいいよぉ・・・ こんなの初めて・・」

ただそう呟きながら上司を抱きしめて

舌を絡ませながらただ腰を動かしてました

何度も玄関でイカされて朦朧となった私に上司は

「中で出すぞ! 俺の子を産め!!」

と叫んで思いっきり突き上げると熱い塊を私の中に放出しました・・

「ごめんなさい、ひろし 私、もう戻れない・・・・」

涙を流しながら婚約者に謝罪の言葉を呟いていると上司が

そっと涙を舌で拭き取ってまたくちづけして舌を絡めてきました

キスの後、私達は繋がったままで、

廊下をズルズルと移動し、再び部屋の中へ・・・

上司はモノを抜くと、イッたはずなのに反り返ってる太いモノを

私に舐めるように指示します

いつも会社で私に仕事を指示するのと同じ落ち着いた優しい声に

私は逆らうことが出来ずに初めて男のモノを口に含みました。

先っぽを吸い取るように言われその通りにすると

中から粘り気のあるモノが出てきます

そのまま自分の膣内に入ってたモノを舐めているうちに

グロテスクなこの物体がどうしようもなく愛おしく思えてきて

一生懸命指示通りに舐めました

一時間くらい指示された通りに舐めた後、

上司はベットに私を放り投げ、さらに私を責めました。

後ろを向いてお尻を高く上げるように言われ、

バックで激しく責められて…大きなタマが私のクリトリスに当たり、

しびれる様な快感に襲われました。

思わず感じて

「あぁぁぁ、いい! もっと!! もっとしてぇぇ 奥にあたる! こんなの初めて!! もっと奥を突いてぇぇぇぇ」

そんなあられもない声が出てしまいました。

正常位しかしたことがないのに初めてのバックであっという間にイってしまい

体中の力が抜けてうつぶせでベッドに倒れ込んでいる私の上で

上司は動き続けています。

信じられませんでした・・・ 

彼は入れたら2~3分でイッてしまうのに、

こんなに何度も長時間だなんて・・・

初めてゴムなしでして、初めて一番奥を突かれて、

初めてイカされ、初めて正常位以外でセックスして、初めて口でして・・・・

私のセックスに対する価値観が完全に壊された瞬間でした

そして私のお尻を掴むと激しく腰を動かしながら

「いいぞ! また中で出してやる! 俺の精子で満たしてやる! 俺の子を孕め!!」

そう叫びながら彼は私の中に果てました。

「あぁぁ・・・、もうだめ 部長の子供できちゃう 妊娠しちゃうよぉぉぉぉ」

そう叫びながらドクドクと熱い精子が注ぎ込まれる感触に

同時に私もまたイッてましたが

後ろから上司に抱きしめられて安心感と幸福感の中、

お腹の中の精液を感じていました。

そのまま我を忘れた私はその後、

自分から上司の上に跨って騎乗位でもイキました。

朝まで上司は5回ほど、

私の中に放出してお互いむさぼり合いました。

その後、上司とは会社ではお互い何も無かった様にしていますが、

結局あの夜だけで終わらず、

結婚式の前日まで毎晩のように私の部屋に来て抱かれて中に出されています。

私が妊娠を不安がると上司は私が安心するように

「甥とは血液型が同じだから大丈夫 生でしてもバレないよ」と言われ、

私も生の気持ちよさと彼の押しに流されて

いつも中で大量の精液を出されて入れたまま

抱き合って眠りについてしまいます

あれから数ヶ月後の彼との結婚式にも、

上司は仲人として参列して祝福してくれました。

ただ結婚式のしばらく前から生理が止まり私のお腹の中には・・・

彼とはゴム付きでしかした事がないですし月に何回かしかしていません

多分、上司の子・・・ですよね

上司と相談して結婚式の夜、

ゴムなしで彼と結ばれてその時にできた子という事にしました

旦那と上司は叔父と甥という親戚同士なので盆や正月、

法事の際に夫婦で顔を合わせますが、

お互いの相手には今のところばれていません。

この秘密はお互い、墓場まで持っていきます。

・・・・・・いまでも週に何度も抱かれています

私に会うために上司が手を回して彼を出張の多い部署に配属しました

先週抱かれた時には近いうちに海外に単身赴任させると言っています

心は彼の元にあるのに体は上司のモノなんです

いま、妊娠しているお腹の中の子も彼のモノ・・・・・

ごめんなさい、あなた・・・・


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする