マグナムから広がる血圧を上げる快感の渦www [エッチな話まとめ]

保育園送迎バス運転手をしている。

送迎の合間には園内の雑草取りや、事務作業など
自由と言えば自由だが、仕事量が多い。

午前作業を終えて昼ご飯を食べると眠くなる。

だから仮眠室で休憩をとる。このタイミングは
子供たちがお昼寝に入る時間と重ねないと、うるさくて眠れない。

問題はこのとき起きた!というか
問題と言うほどのことではないが。

俺はホンの軽い気持ちで、そして、親切心から言ったつもりだった。

「子供たちが寝ちゃえば、そっちも静かだけど、
仮眠室も良く眠れるぜ。まっ、その間にする仕事もあるだろうが」
と今年6月から中途採用された保育士に声をかけたんだよ。

自分の子供は他の保育園に預け、
自分はここで働き出した×①の女性Y美。

山形出身の吉瀬美智子に似た29歳。今年30歳。

小学生もいるので早番がほとんどだから、お昼寝時間は眠いんだってさ。
仮眠室は資料室と同じ部屋にあり、
本棚で仕切られているだけの簡易的な場所。
ソファが置いてあるだけで、別にしっかり寝られる場所でもない。

風が強く、雨が降っていて気圧の低い先日だ。

お昼寝の時間を利用し、昼食後に仮眠を取ろうとソファに横になった。
まぁ、20分でも寝られれば身体が楽になる。

携帯をいじっていると、ゴトゴト、カシャ・・・。
保育士が二人、資料を取りに来た。

俺が仮眠しているのは周知。静かに本を探していた。
コソコソ話し声がしたと思うと、一人が出て行った。

本棚の隙から見える姿はY美。
資料の箱を開けて何やら探している。

ジャージに包まれた長い脚が見える。
・・・いかんいかん・・・

ソファに横になりながら、薄目を開けてその様子をうかがっていた。
するとY美は本棚にもたれながら転寝を始めた。(立ったまま)

えっ?器用なことをする。
数分ののち、スーピース―ピー。寝息が聞こえる。

・・・本棚の2段目の上、
ちょうどその隙間からはY美の股間がバッチリ見えてる。

俺は静かに半身を起し、Y美の寝息を確認した。
ジャージは柔らかいから股間に食い込んでいる。女特有の股間だ。

たぶん時間が空くときにこの体勢で、ときとぎ転寝をしていたのだろう。

音をたてないようにソファに座りなおし、
目の前、数十センチの股間を凝視。

ちんちんのない滑らかな曲線が俺を興奮させる。
・・・ヤバい、ヤバいよ。俺の心臓はドキドキ。マジ。

スーピース―ピー・・・疲れているのか、Y美はホントに眠っている。

俺のちんちんはマックス状態。すごいほとばしり。
・・・ダメだ。いけない。まずいよ。やめろ。うぅ・・・・

俺の良心がすごい勢いで叫んでいるんだけど、
・・・・あぁ、ダメだった・・・・

俺は自分のジャージ(バス運転手もジャージを穿くんだ)の上側から、
いきり立ったちんちんを出していた。もう、先っちょも大変な状態。

心臓の鼓動に合わせて動いちゃってる。

俺は床に膝をつけて静かに近づいた。
目の前にはY美の股間。女の股間。

俺の心臓は喉から出てきそうな感じで高なっていた。

このとき、俺は大変なことに気付いた!
・・・・い、いかん!ティ、ティッシュがない!

俺の44マグナムはチョモランマ。先端部分はナメコ状態だ。
山椒亀は勝手に涙を流していやがるぜ。

いなりの内部はブラウン運動を繰り返し、温度急上昇。
(ティッシュ、くださぁ~い、うぉぅぉ、ティッシュくださぁいぃ~♪)

俺の頭の中ではzooの音楽に合わせ、日本リロケーションだ。
違った、ヘビーローテーションだ。

きゃぁ、このフランクフルトをどうにかしてくれ、ジャンボフランクだ。

ん~、×①といえども美形のY美だ。スタイルもモデル並み。
おいぃ、そのY美の股間が目の前にあるんだぜぃ。ジャージ姿だけど。
アバレンジャー将軍を慰めない道理はない!
(首に巻いたタオルに出しちまぇ・・・)

俺は多少雨にぬれたタオルを首から取り、右手に持った。

左利きの俺は左手で包み込むように、
発射寸前で暴発しそうな44マグナム君を優しくシゴき始めた。

ジャージの食い込んだY美の股間は、
俺のオカズにされているとも知らずに静かに食い込みを醸し出していた。

ホンの、ホンの数十秒のランデヴぅ~。
数コスリしたかと思うと、精悍を所狭しと通りだす、数億の子孫たち。

マグナムから広がる血圧を上げる快感の渦。
昇天を迎える前から、勝手にせり出すせっかちな子孫たち。

右手で持ったタオルからはみ出して飛ぶ不届きモノ。

付け根から軽い痙攣を伴いながら、
暴発を繰り返すしつけの悪いアバレンジャー将軍は、
真っ白な重い涙をぶちまけ、激しい痙攣と快感に気を失いかけた。

15秒くらい痺れていただろうか・・・
男特有の匂いを残しながら、終息へと向かっていた。

俺はすぐにタオルでふきふきし、
まだ覚めやらぬ44マグナムをジャージにしまった。

そして、何事もなかったように
ソファに横たえ、セブンイレブンの袋にタオルを入れた。

この間、まさに2分はかからなかったように思う。
首を上げると、Y美の股ぐらが本棚越しに見えている。

アバレンジャー将軍は勢いを衰えることなく激しい膨張状態を続けている。

スーピース―ピーの音が変わり、そろそろ起きそうである。
ここでアクションを起こせばまずい結果になる。

ゴトゴトゴトゴト・・・。誰かが部屋に入ってくる。
ヒソヒソ話をしたかと思うと、目を覚ましたY美も出て行った。

俺は誰もいなくなった休憩室で、Y美の股間を思い出しながら、
2回目の快楽へとアバレンジャー将軍を導いた。

数日後。園児を送るために、バスに乗ったY美。
全ての園児を送った後、俺に話しかける。

「そのタオル、ちゃんと洗ったの」
「あん?・・・・」
「あれ、まずいからやめた方がいいよ」

恥ずかしそうに話しかけて来た。
年下だからって姉貴ぶるんじゃねぇや。

「俺、何かマズイことしました?」
「いゃ、べつに・・・・」

Y美は外の景色を眺めている。
ルームミラーで確認した。

「先月からですよね、少し慣れました?」
「ちょっとだけ。子供たち、かわいいね。大変だけど」
「そうですか・・・」
「帰宅すれば、また自分の子供を見るようだけど」

Y美の視線がルームミラーに映る。

まっ、こんな感じで先週は終わったわけだ。

梅雨も明けて二日目。

Y美の態度に変化が表れているようないないような。
明日の送迎補助はY美。



ブログランキング参加中です!
ブログランキングに一票いただけるととても励みになりますm(__)m

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!