先輩の前に膝まずいてベルトを外してフェラ[エッチな話まとめ]

以前勤めていた会社での出来事

一人の先輩に嫌われていた。
挨拶しても無視されるし
質問しても冷たく返答されるから気まずいし私も避けてた。

残業で帰りが遅くなった日、
一緒に残業していた先輩と駐車場で鉢合わせた。

どうせ無視されるだろうけど挨拶だけして
早く離れようとしたら腕を捕まれて

「お前は無愛想だ」
「他の女社員は愛想が良いのにお前はいつも辛気くさい面しやがってムカツクんだよ」
「嫌なら辞めろよ」
と言われて、

だってお前いつも無視するじゃないかと思ったけど
早く離れたいので涙目で
「すみません今後気をつけます離して下さい」
と言った、かなり早口で棒読みだったと思う怖かったし。
そしたらいきなり壁に押し付けられて口の中に舌をねじ込まれ
スカートの中に手を入れられた

いきなりの事でパニックになったし
凄い怖いし嫌だったから
必死に逃げようとしたけど男の力には敵わない。

やっとの事で「イヤだ…やめて」と言ったら
「ここじゃなかったらいいだろ」と言われて車に引きずり込まれた。

シートを倒されて上に覆い被さる形でパンツの中に指をねじ込まれ
顔を抑えつけられ耳を舐められていた。

夏場だったし汗の臭いかなんなのか車内が凄い蒸れて
獣っぽい臭いが充満してそのせいかだんだん興奮してきて
自然と先輩に抱きつく感じになっていた

そのまま先輩のマンションについていった。

運転中もエレベーターの中でも目を合わせてくれず
無言だったので「やっぱり嫌われてるのかな」
「何でこんなことになったんだろ」と思って泣きたくなった

玄関を締めると強引にスカートもパンツも下ろされ
シャツのボタンもブラジャーも外されてすっ裸にされた

寝室に連れて行かれて「舐めろ」と言われたので
先輩の前に膝まずいてベルトを外してフェラ

喉の奥まで押し込まれてえづいても頭を手で固定されて
ヨダレと涙で顔がぐしゃぐしゃになってたと思う

しばらくしたらベッドに倒されて
お尻を高く上げる形のバックで突かれ
最後は口をこじ開けられて口に出された

鬼畜だろと感じた

その日は先輩の家に泊まったんだけど
後ろから抱き締められる感じで寝て
先輩私の事好きなんじゃね?と勘違いしたけど
結局仕事中は冷たいままだった

文章下手くそですみません
実話です

備品倉庫でキスされたりとか胸を掴まれたりはしましたけど
最後までしたのは一回だけですね

途中から私のほうが好きになってて食事とか誘ってました

そっけないながらも誘いには乗ってくれるんですけど
エッチだけは最後まではぐらかされていましたw

結局先輩は転勤して居なくなっちゃったんですけど
転勤の前日「いなくならないでぐだざいよ~」と泣きつくと
「お前は本当に馬鹿だよな」と言って
抱き締めてくれたの一番良い思い出です

それっきりですね



ブログランキング参加中です!
ブログランキングに一票いただけるととても励みになりますm(__)m

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!