Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

彼女が四つん這いに俺がバックをとるような体勢になって・・ [エッチ体験]

童顔でいかにも処女っぽい感じの新入社員・由樹。顔はちょっと松嶋菜々子似だ。
ある日俺はドライブに誘ってみた。彼女は暇だからOKだという。
彼女のアパートの近くで待ち合わせをしてドライブ。
そして夜景スポットの空港近くに車を止めて、おしゃべりを続けた。
俺は頼りになる相談相手という感じで聞き役に徹する。
いつの間にか時間は深夜の二時になっていた。
由樹は「コウジさん(俺)遅くなっちゃったけど大丈夫ですか?」と聞いてきた。
「うん、何だかキツいよね。明日も早いし少し休んだほうがいいかも」と俺。
「なんもしないからちょっと休もうよ」とラブホに入った。

ラブホに入っても偽善者の俺。
俺が先に風呂に入り、交代で由樹が入った。
いよいよ寝るのだがベッドは一つしかない(当たり前)由樹は俺に背を向けるように眠り、俺は隣に横になった。
・・・由樹は眠ったようだ。
だが俺は・・我慢できるわけがない!可愛い由樹が手に入るというのに!・・・そっと胸に手をのばしてみる。

由樹がビクッと動いた。
眠っていなかったのだ!「ダメですよ~」その声で俺はますますスイッチ全開になった。
ハイネックのセーターをまくり、ノーブラの由樹のおっぱいを露わにした。
「う~ん」恥ずかしそうに胸を隠す由樹。
その初々しい仕草が俺を更に暴走させる。

今、冷静に考えればこの反応はとても処女とは思えないのだが、暴走戦士と化したその時の俺、は「いよいよこの処女を手に入れられる」と思っていた。
由樹の顔にキスしようとする。
たが由樹は賢明に顔を反らす。
俺は由樹の乳首に目標を変え彼女の腕を払った。

そこには大きくはないが形のよいおっぱいと、小さめの乳首があった。
童顔の顔によく似合う可愛いおっぱいである。
俺は由樹の腕を押さえ、その可憐なサクランボを口に含んだ。
「あ~っ」ため息のような由樹の声が俺を刺激する。
一生懸命体をよじらせる由樹。

小ぶりなおっぱいだが、感度はすこぶる良好のようである。
俺はおっぱいをひとしきり愛撫したあと、再びキスを試みた。
観念したのか今度は抵抗しない。
だが舌を絡めてはこない。
そこまでは無理か・・・・。

調子にのった俺は由樹のズボンを下げようとする。
ところが今度は激しい抵抗にあう「ダメっ!」上はいいが下はだめなのか?俺は由樹のおっぱいを執拗に愛撫する。
「あっ、あっ・・」彼女の抵抗に隙ができる。
俺は由樹のズボンのボタンをはずし、ファスナーをおろし、パンツの中に手をもぐりこませる。

はずかしい話だが、じらしも何もあったもんじゃない。
年上男の余裕も何もかなぐりすて、狼と化していた。
由樹は俺の手を自由にさせまいと手で押さえる。
そのたびに俺はおっぱいを揉んだり舐めたりして、何とか由樹の気をそらさせようと頑張る。

由樹はおっぱいを刺激されるたびに悶え、「うーん」と声にならない声をあげる。
見れば乳首が立っている!乳輪も乳首も小さい彼女だが、ピンと乳首が立っているのだ。
組んづほぐれつしているうちに、彼女が四つん這いに俺がバックをとるような体勢になった。
チャンスである!!俺は由樹のズボンをお尻の方から脱がした!純白のパンツがあらわれた。

やはり純白に限るよ。
由樹は一生懸命掛け布団で体を隠す。
忘れてた!攻めることに夢中で、俺は服を脱いでもいない。
俺はズボンを脱ぎパンツの上からチンコをさわらせた。
「どう?」
「・・・」返事はない。
だが手をどけようともしない。
俺は再び由樹のパンツの中に手を入れた。
うっすらと生えた陰毛の感触が伝わる。

可愛い顔してるけどちゃんと生えてるんだよねえ。
陰毛をかき分け、クリトリスを探すが、隠れているのかわからない。
だかアソコはしっかり塗れている。
色白の顔はほんのりピンクにそまっている。
あった!俺はクリトリスを見つけそこを指で刺激する。

「うわぁ~ん」字ではちょっと表現できないとろけそうなヨガリ声が聞こえる。
「よし入れよう!」由樹はうなずいた(たぶん)俺はパンツをとりチンコを押し当て、ゆっくり入れていく。
「あ~~っ」またため息のような由樹の声が聞こえる。

ん?何かスムーズに入るな?ひょっとして処女じゃないんじゃ?ピストン運動をする俺だが、ここまでの萌え萌え攻撃でまいっていたのは俺の方だった。
あっという間に我慢できなくなりチンコを引き抜いた。
精液がとびちった。

由樹は肩で大きく息をしている。
「ごめんね。」なぜかそんな言葉が俺の口から出る。
「大丈夫ですよ。」由樹も不思議な返事を返す。

結局その後腕枕をしてあげて朝まで眠り、彼女のアパートまで送っていった。
あとで聞いた話だが彼女には彼氏がいたのだ。
それを聞いた俺は、それから彼女を誘うことはなかった。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!