Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

彼女は一気に体重を預け奥までちんぽを押し込んで・・ [エッチな話まとめ]

違う課の女性なんだが、ある時話すきっかけがあり論議していたら、妙に意気があって携帯アドとかを教えて貰って、仕事終わった後もメールしあう様になった。
何を切欠かは忘れたけど、下ネタメールをしたら案外って感じがキッカケで「やりたいなぁ~」的メールなどもする様になっていった。
ある日、彼女から「今は彼氏居ないからヤッテナイ的」メールが来た事により「抱かせて!」と送ったら「良いよ」と意外な返事。
速攻で車を走らせ彼女の家へと迎えに行く。
車に乗ってきた彼女はジーンズ姿でイラっとする自分。
だって脱がしづらいんだもの。

車を少し走らせ路肩へと止め、即彼女の体を側に寄せキス。
手は止まらず乳を揉み出しジーンズのボタンを外しチャックを下げていく。
正直、乳には余り興味は無い自分。
上は程々にしてジーンズを下げていく。

流石に助手席は不味いかなと思い後部座席まで連れて行きジーンズを脱がすと・・・おいおい、紐パンかよ。
意外にやる気あるじゃない。
紐パンの紐を敢えて緩めて、中身を確認しようとすると彼女「汚いよぉ~?」と。
その割には股を開いてご開帳。
あらら、まぁ歳の割りにはぱっくりとしたマン。

ま、どんなマンだろうとビンビンになりますがね。
はい。
既にネットリとしており、軽くSっ気の私は「何だよ濡れてるのかよ」とニヤニヤと。
彼女は恥ずかしい素振りを見せながらも股を開きだす。
舌を宛がうと「はぅ・・・」と吐息が漏れ出し態とらしく「美味しい味だな」と言うと彼女は益々濡れだす始末。

ってか未だに覚えてるけど、意外に味が不味いとは思わなかった。
正直、舐めていたいとおもったしね。
話が前後して御免。
彼女は私より3つ上の女性で、スタイルは俗に言うナイスバディ系とでも言う感じだろうか。
尻は大きかったし、乳も結構あった。

まぁDぐらいじゃないかな?乳興味なしだけど。
で、日頃から、尻好きな私は尻を見てぶち込みたい的な妄想はしていた。
それが今まさに目の前で開帳している姿に興奮を得ていた。
彼女は途中から自分の脚の太もも辺りに腕を入れ自分で開いていた。
夢中で舐める私の顔を止め、悪いと思ったのか彼女が「私も舐めさせて」と言い出した。

今度はカウパースカパーで満たされたちんぽを彼女は躊躇せずぱっくりと咥えだした。
いやらしい音を立てながらリズムよく舐める彼女。
ちょっとムキになって舐めてるような姿をみてちんぽが相当好きなんだ・・・と関心もした。

暫く放置・・と言うべきなのか舐めている彼女を見ていたら突然彼女はしゃぶるのを辞めハッキリとこう言った。
彼女「私のおまんこも気持ちよくして」あそこでは無く、おまんこかい。

とちょと笑顔になる自分。
うん笑顔。
が、彼女の口周りは暗闇でもテカテカと光ってるのが分かる顔でおまんこって言われ妙に更に興奮した。
彼女は私の上に座る様に座位の体制になり、チンポにおまんこを擦り付け穴と棒の位置を確認していた。
その様子を私は放置。

入りそうで入らない、滑って四苦八苦している彼女の顔が可愛いと思えたから。
やっと膣の入り口に先が入ると彼女は一気に体重を預け、奥までちんぽを押し込んだ。
「あっ・・・うっ」っとお互い声だ出てたと思う。

正直、気持ち良いおまんこだと思ったし、尻に手を回して触った肌触りもすべすべしていて、この女を陵辱している気持ちになった。
どのぐらい時間は経ったのだろうか・・・車は正直ゆさゆさと言う感じでは無く、グラッグラッ揺れて居たと思う。

車の中も彼女のあそこの匂いで充満もしていたし妙に心は満たされていた。
それは多分、常日頃の妄想が現実になったからだと思う。
尻の穴辺りを触るとべちゃべちゃで、正直どんな女でも快楽な事をしているとこんな風になるんだなぁ・・・と思って妙な冷静な気分でもあった。
と、そんな時、前の方から車が来るのが分かった。
その車は前方5~6mの位置だろうか、停車しこちらへパッシングをしてきた。

え!?と戸惑う二人。
咄嗟に二人はヤバイ!と思い、ちんぽを抜いて下半身露出しながら逃げる様に運転。
ちんぽはビンビンテカテカのまま運転と、これまた微妙な格好で走り去る。

この後、彼女の家でやろうと誘うも彼女は「彼氏しか家には入れないけどホテルなら行く」と言うも面倒になり、途中お互いパンツを履いて解散と相成った。
そんな彼女は・・・今は後輩の彼女。

多分、結婚すると思う。
後輩は私にとってとっても大切な後輩で、この事実は知らないと思う。
彼女が後は墓場迄もって行ってくれるか、、、若しくは後輩は知っているけど敢えて言わないでくれているのか。
一人もやもやしている状況で何時も働いています。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする