仕事先の関わりで知り合った彼女にぶちまける興奮がゾクゾクさせた…[セックス体験談]

人妻の恵理38歳と不倫をしています。

彼女は仕事先の女性で、

目がぱっちりしたちょっとムッチリしたハデ目の女性でした。

怖かったけど、話してみたら、

意外に話が合い仲良くなりました。

彼女はもう子供が高校2年と中学卒業の子供がいる早い結婚をした女性でした。

数年し、去年会社を辞めることにして引き継ぎをしてるときに、

彼女から電話が着て「寂しくなるね」と、

そんな話をした後に「今度1人で来て」と言われ、

1人で会社に行きいつものように話をして帰る時に、

彼女から渡された伝票の中に紙が混じってて、

「良かったらメール頂戴」

と彼女のアドレスが書いてありました。

早速夜に送り彼女と個人的にメールをした。

そして辞めた後は毎日メールをして、

「来週の土曜日何してるの?」

とメールが来て、暇だと話すと

「そっかぁ…じゃあ友達との飲み会の後に逢わない?」

と返信が来ました。

一次会の後に待ち合わせの場所に車を停めてしばらくすると彼女が結構酔って現れ、

彼女を乗せて走りました。

いつも束ねてた髪を下ろし印象が違い、ドキッとしながらドライブ。

「どこ行こうか?」と言われ「どうしようかな?」と話すと、信号待ちで「静かな所」と耳元で囁かれキスをしてきた。

「ウフッ…駄目?」と言われて断る理由はない。

ホテルを見つけて入り部屋に入るなり彼女と…少し肉付きが良い体でしたが、柔肌で色白で小振りな胸は形も感度も良かった。

彼女も股間を撫で回して「おっきくなってきた」と笑いジーンズのチャックを開けて中を触る。

こちらも負けじと彼女のジーンズを脱がしてパンティの中のすでに濡れた場所を撫で回し指で撫で回しピチャピチャと音が出るくらい濡れて来たら「入れてよ」と言われて、ゴムを着けて中に入れました。

中はヌルっとして、奥にすぐに入り込めた。

「アンッアンッアンッアンッ」と喘ぐ彼女に沈め込みながら突いて行くと、「ねぇ…気持ちよくない」と言われ、サイズに不満かと思いきや起き上がり「要らない」とゴムを外した。

「いいの?」と言うと「生の方が気持ちいいでしょ!」と言われ再侵入。

当然気持ち良さは断然で彼女もそうらしい。

さっきより俺もですが彼女も興奮してるのがわかりました。

「凄いね、孝くん」と言う恵理さんに「俺も気持ちいい」と話すとキスをして抱き合い「イキたくなったら出していいからね」と言われ、最初は中出しがいいのか、射精を果たす事はいいのか判らなかった。

だが俺が射精を果たす直前に「出してぇ」としがみ付かれ、片足を俺の腰に巻き付けるように乗せて来て俺は迷うことなく恵理さんの中に発射させました。

仕事先の関わりで知り合った彼女にぶちまける興奮がゾクゾクさせた。

「アンッ!凄い」と、ぎゅっと抱きつかれ出し終わる間で抱き合いました。

「超出てたよ」と笑う恵理さんに「興奮したから大量かも」と話すと「そうだね…溢れてきてるもん」と笑ってた。

そしてその日から新たな関係が始まりました。

「もっと早くしてれば良かったね?」と笑う恵理さんに昨日も襲いかかりました。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!