私の愛液が染み付いたパンティーを明日会社であげるから・・[エッチ体験談]

俺は今28歳、彼女は39歳。

不自然なはず。

彼女には小5と中2の子供がいるそうだ。

2年前に、子供を連れて離婚したと聞いている。

俺も彼女も正社員にはなれず、

パートとして同じ職場で働いている。

俺が最初に彼女を気に入ったのは、

胸とお尻がプリンと大きく、

顔立ちも男好きする容姿だったこと。

最初は俺とは歳も離れているし、

彼女としてなどと思ったわけではない。

たまたま昼食の時俺の横に座って来たことから始まる。

彼女はいつも身体にフィットしたシャツで、

ジーンズの股上が短いものを穿いている。

時に彼女がしゃがんだ時などはお尻の割れ目が見えたり、

シャツから両方の乳首がポツンと飛び出しているのはちらちらと見ていた。

彼女「Y君、彼女いないの?いつも休みの日はどうしているの?」

俺「今の俺は車が恋人だよ」

彼女「土曜日、日曜日は子供がいるから外に出られないけど、

平日の休みの日は暇だから、どこかへドライブに連れてって」

その時は彼女が離婚していたことなど全く知らなかった。

でも一人でドライブするより、

胸もお尻も丸く大きい人妻と一緒のほうが楽しいなとOKした。

それから1週間ほどして、子供が学校へ出かけた後、二人でドライブした。

車の中ではそれぞれの自分の境遇を話した。

彼女「Y君、彼女がいないと寂しいでしょう?エッチ本やアダルトビデオばかりみているんじゃないの?」

まるで見透かされたように言われた。

彼女「Y君、よく私のお尻や胸を見ているでしょう?知っているのよ」

畳み掛けられ、しどろもどろになってしまった。

隠しきれずに・・・。

俺「あなたの丸くて大きい柔らなそうな、胸とお尻が気になって・・・それに俺、お尻フェチなんだ」

彼女「やっぱりそうなのね。

もしよければ触ってみる?」

思わず胸がドキドキしてしまった。

それで空き地に車を停め、キスをした。

彼女も拒むことなく舌まで入れて来た。

もう俺のペニスはギンギンになっていた。

彼女はそれに気づいてかどうかわからないが、ズボンの上から触って来た。

俺はシートを後ろに倒し仰向けになった。

彼女は俺のズボンのファスナーを下し、ブリーフを下げて、

俺のペニスを取り出し、パクリと咥えてくれた。

初めての体験だった。

溜まっていた俺はすぐに射精してしまった。

それを彼女はすべて飲み干してくれた。

そして彼女は言った。

彼女「二人きりになれるところに行きましょう。

Y君の想像していたものが見たいんでしょう?」

俺はすぐにラブホテルを探し中に入った。

彼女はバスルームに行き、シャワーを浴びた。

俺もその後シャワーを浴びた。

出てみると彼女はすでにベッドに入っていた。

布団を捲るとなんと全裸姿だった。

大きな二つの乳房があった。

俺はむしゃぶりつくようにそれを吸って舐めた。

彼女は俺の背中を撫でたり、頭を撫でてくれた。

俺が、「あなたのお尻が見たい」と言うと四つん這いになってくれた。

俺はその後ろに身体を移動した。

今までジーンズの腰から見えていた大きな柔らかいお尻と、

その間からは陰毛の黒々とした間からパクリと割れた秘部、

そしてアナルまでが目の前にあった。

俺はお尻の全部と二つの股の間に顔を埋め、吸ったり舐めたりした。

彼女は大きなお尻を左右に動かした後、「入れて・・・」と言った。

備え付けのゴムに手をかけると・・・。

彼女「いいの、生のままで。

2人の子供を産んでから避妊したから大丈夫よ」


それを聞いた俺はズブリと一気に根元まで挿入した。

それからは彼女の卑猥な言葉が次々に出て来て、

先ほど射精したにも関わらず、あっと言う間に射精してしまった。

その後もフェラをしてくれたり、手でしごいてくれた。

またまた大きくなったペニスを見ると俺を仰向けにして、

その上に彼女が乗って、自らの手で彼女の中に誘導してくれた。

ホテルを出てから別れるまで、

車の中でズボンの中に手を入れ、ずっと握ってくれていた。

それから会社で会うと、

誰もいない時にはそっとズボンの上から俺のペニスを握ってくれている。

彼女とは、子供が寝ただろう時間にメールが入って来てやりとりをしている。

彼女『今どうしているの?もしかして、

またアダルトビデオを見ながらしごいているんでしょう?』

俺『これから写メールで勃起したちんぽを送るよ』

しばらくして彼女から上半身裸の大きなおっぱい丸出しの写メールが届いた。

それには、『これを見ながら、しごけば・・・』と。

俺は射精した後、その精液が写った写真を送った。

彼女『勿体無いなあ、そばにいたら飲んであげるのに・・・』

次第にエスカレートした俺は・・・。

俺『これからでも会えない?セックスしたいよ」

彼女『私だって一緒。

でも今日は駄目だよ。

私も今夜は我慢してオナニーをして寝るわ。

その代わりに、私の愛液が染み付いたパンティーを明日会社であげるから・・・』

翌日彼女に会うとニヤニヤしながら人のいない時、袋包みを渡してくれた。

昼休みに車の中で開けると、ピンクのビキニパンティーが入っていて、そのクロッチの部分が白くなっていた。

さらに紙切れが入っていて・・・。

『あれからY君の大きな勃起したちんぽを想像しながら

パンティーを穿いたままオナったの。

でその後、ティッシュで処理しないでそのまま寝たの。

だから、そこについているのは私の昨夜の愛液よ』

今では彼女の股間には陰毛は少しもなくツルツル状態。

ホテルで剃ってしまって、その陰毛は俺が袋に入れて持っている。

彼女「今度ホテルに行ったらY君の陰毛を剃ってあげる。

そしたらフェラをしている時、口に毛が入らないからいいわ・・」

こんな関係になったある日、彼女に聞いてみた。

俺「俺たち結婚するわけでもないのに、どうして続いているんだろう?」

彼女「実は私、離婚して2年少々になるけど、

恥ずかしいけど、やはり男性の身体が恋しいの。

でも、かといってすぐに結婚出来る相手など見つからず、

貴方と同じように一人エッチをしていたの。

だから貴方と付き合うようになって、それも解消されているの。

あなただってそうでしょう。

セックスって男性はあからさまに言う人がいるど女性はそれって出来ないし、

昼間は子供や会社の仕事でなんとかなるけど、お風呂に入ったり、

お手洗いに行った時や、

一人お布団に入るとすごくしたくなってどうしようもなかったの。

だから、これからもお互いの性欲を満たす為に思いっきりしましょう」

先日ホテルに言った時も、「アナルセックスをさせて欲しい」と言うと・・・。

彼女「あそこはバイ菌が多いから、貴方の大切なペニスが病気になるから、

先に浣腸をしてからでないと。

それにゴムを付けてならいいよ。

でもすぐには入らないから、徐々にさせてあげる」と。

結局その日はアナルを舐めさせてくれて、

彼女の化粧品の乳液をアナルに塗って人差し指を少し入れて終わった。

これからが楽しみだ。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする