彼は会社でも深夜に残業と称してはオフィスで私を犯す様になりました[エッチ体験]

私は半陰陽者です。

早く言えば男と女の性器を持ち合わせている人間です。

ゲイ・ビアンの方とは全く性趣向が異なりますが、

そんな私は体的には女性なのですが、

男として育てられた身で、

小さい頃から男の服を着せられてました。

でも好きになるのは男の子で今日まで恋愛対象は男性でした。

これは私が男性の姿で好きになった彼と、

初めて女性として抱かれたときの話です。

私と彼が出会ったのは今の会社に私が中途で入った時でした。

彼は前田吟に似た人でユーモアも有り、

ちょっとHなとこもある人でした。

そんな彼に惹かれて3年した年の忘年会での出来事です。

私は彼の隣に座り、

彼と話しながら結構な量を飲まされてました。
そのうち話しが私の体についての話題になり、

「今まで好きになった人って男なん?」と言われ、「はい」と答えました。

ついでに酔いも手伝って「○○さんも好きですよっ」と言ってしまい

その後ヤバイと思いましたが、彼は「そうなん・・」と言って黙ってお酒を飲み始めました。

今考えるとそれは勢いをつける為だったのですが。

宴会も終わりお開きになって

私は「ちょっと部屋で休ませて」と二次会の誘いも断り、部屋に戻ろうとしても足が立ちません。

そのうち彼がみんなに「俺、ちょっとこいつ部屋まで送るから」と私を抱っこして部屋に連れていってくれました。

部屋に着くまでの間、私は気持ち良さに眠ってしまってて、

部屋に入ってベッドに横になった時、彼が私を腕枕する形で目が覚めました。

びっくりしましたが、好意を抱いてた彼と居ることが嬉しくて、そのまま寝たフリをしてました。

それから5分くらいして、彼がキスしてきました。

お酒の匂いと煙草の匂いが混じった感じがして、私も衝動的に彼の背中に手をまわし、彼は激しく私の首スジをキスしてきました。

彼の舌が私の胸に到達すると、堰を切った様に私の浴衣を剥がし、胸にしゃぶりついてきます。

自然と私は溜息にも似た声を女性の喘ぎと同じ様に出してました。

彼は自分の浴衣を脱ぎながら私の胸を愛撫し、上半身全体に舌をはわします。

私は体を突き抜ける様な快感を味わいながら、「初めて男に抱かれた」という気持ちでいっぱいでした。

それから彼は私のパンティ越しに局部を手で愛撫し始めました。

私はそれまでとは違った快感が電気の様に掛けぬけ、

「あぁーーーっ」と大きな声を出してしまい、彼はそれを聞いて興奮したのか、私のパンティを一気に剥ぎ取ると、私の男性自身と女性局部を激しく愛撫してきました。


私は声にならない声を上げながら、股間に顔を埋める彼の頭を両手で覆う様にし、なぜか涙が止まりませんでした。

それから、彼は私の両足を手で持ち上げ腰を持ち上げると、彼はペニスを局所にあてがってきました。

最初は入り口付近をゆっくり撫でる様にしたかと思うと、彼は「入るよ」と言うと一気に私の中に押し入ってきました。

私は痛みと快感で訳のわからない気持ちになり、私は彼の腰に手を回した状態で、彼はゆっくりとピストンし始めました。

さっきとは比べ物にならないくらい、局所の痛みを忘れるくらいの快感が波の様に押し寄せてきます。

彼の腰の動きがだんだん早くなり、彼は「イクっ」と小さく言った瞬間根元まで押し込まれて彼は私の中で果てました。

ペニスをゆっくりと抜かれたあと、血が流れるのと同時に彼の精液が流れ出ていくのがわかりました。

私は横に向くと彼はお尻についた精液を拭きながら、今度は私のアナルを愛撫し始めました。

私は恥ずかしさでいっぱいになり「そこはイヤっ」と哀願しましたが四つんばいにされ、アナルに吸い付いてきました。

さっきまでの行為の後で私は酔いにかられて全く力が出ません。

彼は舌をアヌスに出し入れしながら、女性の局所を指でもてあそびます。

しばらくして私が四つんばいの状態で、彼がペニスをアヌスにあてがいます。

びっくりしたのは彼のが既に大きく元気になってる事でした。

おおきさにして長さ18センチくらい?太さは私の中に入ってきた感触から単一電池くらいと思います。

そのペニスをゆっくりとローション無しで押し入ってきます。

さすがに痛さは局所とは比べ物になりませんでした。

そのうち深深と押し込まれ「痛かったろう、ごめんな。」と私のお尻を両手でさすりながら言うと、手で私の事を固定したまま、腰を前後に動かし

始めました。

不思議と痛みはなくなり、私は彼に犯されている自分を思い、嬉しくて泣いていました。

彼は休むこと無く突いてきて、「イキそうだ・・出すよ・・」と言うと直腸へ2回目の精液を出しました。

すかさずアヌスからペニスを引き抜くと女性器へ押し込んできました。

再び私は四つんばいのまま犯され、私は狂った様に喘ぎ声を荒げながら彼は3回目の射精で果てると同時に私もイキ、果てました。

私はこの犯された日を境に彼と付き合う様になり、彼は会社でも深夜に残業と称してはオフィスで私を犯す様になりました。

今はもう彼とのセックス無しでは生きていけない体になりました。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!