正常位から繋がったまま横向きのバックに移行して・・[エッチ体験談]

俺の上司は企画が大好きで

花見やら温泉ツアーやら、色んなイベントなど

季節ごとにいろいろあって交流が多い職場だった

若手だったこともあり、準備や後片づけや

場の盛り上げなど、今ではあんまりやらないような事もよくしてた。

新人の女の子で、それをよくサポートしてくれたりする子がいた。

職場ではあまり接触がなく、

ちょっとカワイイなと思う程度だったが、

気が利く良い子だなーと思うようになった。

その頃、俺は社内の違う部署に彼女がおり、

婚約したかしないかという時期だった。

ある日、その子(アユちゃんとでもしておこう)から相談を持ちかけられた。

俺の同僚からアタックを受けていて、

どうしようか考えている、というような内容だった。

メールや電話をポツポツとやり合う関係になったが、

俺の状況も理解してか、彼女に誤解されるようなことにならないように、

という遠慮もいつも感じた。

アユちゃんは20代前半で、細身

目は大きいがサッパリ?あっさり?とした顔つき。

喩えるとイメージにも影響するので、個人で膨らませて下さい。

先程の恋愛相談は続いていたが、男の押しに負けて付き合おうか考えたが、

結局好きになれそうもなく、止めたという結末だった。

その件が一段落した頃に、相談ありがとうございましたみたいな感じで、

飲みに行く事に。

二人きりはマズイかなと思っていたが、

やはり気を遣って友人を連れてくるという事になった。

半個室みたいな感じになっている飲み屋で、

俺とアユちゃんと友人の三人で楽しく飲んだ。

アユちゃんはかなり飲んでおり、いつもよりも陽気になっていた。

テーブルの下は掘りごたつみたいになっていて、

向かい合わせに座っていた俺とアユちゃんの足がたまに触れ合う。

俺は酒が入ると、身持ちを崩してしまうタイプで、

すでに頭の中ではかなりエロい事を考え始めていた。

友人の女の子は終電とか何とかで、先に帰ってしまい、

俺とアユちゃんだけでゆったりと飲み続けた。

テーブルの下では足が絡み合い、お互いスリスリしたりしている。

これは、いってしまっても良いものだろうか?わずかに残る理性と、

アユちゃんの気持ちの確証が無い事が、辛うじて俺を抑えていた。

しかし、ゆっくりこうして向かい合うとカワイイ。

理性が崩壊しかけていた俺は、エロトークにまず話を持って行った。

ここで、驚愕の事実が明らかになる。

アユちゃんはまだ男性経験はおろか、付き合った事すらなかったのだ。

会社の男性陣からも割りと人気があり、

もちろんデブ・ブス・ダサいなどの要素はない。

だが、相談の経緯から男慣れしていない感じはわかり、

言われて見るとなんとなくわかるような気もした。

そして、その事をアユちゃん自身は

「男の人って、そーゆーの面倒なんじゃないですか?」

などと気になっている様子だった。

さすがに俺も気が咎め、やっぱりマズイよなーと思い始めていた。

明らかにこちらは遊びというか、火遊び気分だ。

アユちゃんは車で来ていて、俺も方向が同じで、代行で一緒に帰る事になった。

当時は代行業が始まったばかりだった。

寒いので、エンジンを掛けて暖房をつけながら話していた。

ふとアユちゃんが、「ホントは好きな人いるんですよー、私」と言う。

俺「そっかー。

アユちゃんなら良い子だしカワイイから、きっとうまく行くよ。」

アユ「でも、なんかダメっぽいんです。

全然気持ちが伝わってないみたいで。」

こ、これはいってしまっても良いのではないだろうか?

というよりも、やらなくてはならないのでは?と、悪魔が囁く。

代行はいつまで経ってもこない。

おそらくブッキングしたのだろうか。

人気のない駐車場で、俺は一人冷静かつ大胆に色々な事を考えていた。

よし、やるしかない。

いきなりアユちゃんにキスした。

しかし、嫌がる様子はない。

いける。

すぐに右手は服の中へ。

ここで、もう一つサプライズがあった。

かなりオッパイが大きいのだ。

細身なのだが、CかDは堅い。

本来は美乳派の俺だが、それは飽くまでデブ嫌いの裏返しであり、

細身+オッパイは悪くない。

いや、最高だ。

アユ「っ、ふっ」

俺「俺のこと、キライ?」

アユ「あんっ。

そんなことあるわけないよ。

でも、大事な人がいるんでしょ」

俺「今日はそんな事は言いっこ無しだよ」

アユ「でも…」

ディープキスをしたり、オッパイを揉んだり舐めたりしながら、

俺はテキトーなことを言い続けた。

アユ「とにかく、あったかいとこに行きたい」

事実上のOKなのか?

決死の飲酒運転で最寄のラブホへ入る。

アユちゃんは既に一人では歩けないくらい酔っており、

俺にもたれ掛かる様に歩いている。

部屋に入るなり、抱き合い激しくキスをする。

手をアユちゃんの下半身へ伸ばすと、

「ちゃんときれいになりたいの」ということでシャワーへ。

シャワーの間、やべーなぁ、久々に処女食べて良いんかな。

痛がられたら萎えるなー。

などと無責任な事を考えながらフル勃起。

シャワーから出て来たアユちゃんはタオルを巻いている。

少し酔いは冷めたのか、却って回ったのかはわからんが、

なんだか意を決したような表情だった。

タオルを取りベッドに横たえると、息を飲むようなアユちゃんの体が露わになる。

あー、俺はシャワー入ってないけど良いのかな、

なんて余計な事を考えながらパンツ一丁に。

ディープキスなど知るはずもないアユちゃんだが、

たどたどしい舌づかいがそそらせる。

俺は愛撫を始めた。

アユちゃんはビクッとしたが、俺に全てを委ねた様だった。

しかも、濡れ具合は半端ない。

俺は堪らずにクンニを始めた。

初々しい感じ方がまたカワイイ。

俺はバカみたいに興奮しながら、アユちゃんのクリを中心に舐めまくった。

そして、後々の事を考えて少しだけ指で入り口付近の開通準備も始めた。

さて、今回のエッチのもう一つ(下手すると最大の)の楽しみはフェラだ。

いつもながら、フェラを仕込むのは最高だ。

「口で、・・・口でしたこともないよ」

「わかってるよ。

教えるからやってごらん」

「うん。

どうすればいいの?」

「まずはとりあえず、咥えてみて。

歯だけ気をつけて」

「うん。」

フェラは才能の部分が大きいと思うが、

アユちゃんの口の中は温かく、かなり期待できそうな咥え具合だった。

「じゃあ、ゆっくりとそのまま奥までもっていって」

「ふん。

はわったよ」(うん、わかったよ)

結構すでに上手い。

自然に舌も少し使っている。

俺的にはこのままフェラでいっても悪くないと思うくらいだ。

だが、それではアユちゃんに悪い。

頭を押したり引いたりして、

ひとしきりフェラのストロークに関するレクチャーをしたところで、

挿入することにした。

悩んだのは、ゴムだ。

処女の相手をした時に、ゴムを付けていて入りにくくて苦労した苦い経験がある。

悪魔の俺はナマを選択した。

「アユちゃん、いれるよ。大丈夫だから。」

「うん」

ナマの心配はしないのかな、

なんて考えながら、アユちゃんに入れることにした。

「ん、んんっ」

そうだよなー、痛いよなーと考えながらゆっくりと入っていく。

しかし、その後は苦痛らしい表情は見せず、

俺を見つめたり目を閉じてカワイイ小さな喘ぎ声をあげていた。

どこで覚えるんだろう。

初体験ということを考えると、様々な体位は考えにくい。

しかし、アユちゃんのカワイイお尻を触っていると、

バックは外せないという気持ちになった。

正常位から繋がったまま横向きのバックに移行。

そして、アユちゃんをうつ伏せにしたバックになった。

ゆっくりと動いていくと、アユちゃんが少しだけお尻を上げている。

初体験の苦痛もあるだろうに。

俺はさらに興奮し、また正常位に戻り、

強く抱きしめながらゆっくりと動いた。

声にならない息遣いを聞きながら、

キスをしたりオッパイを舐めたりしながら、

はやる気持ちを抑えてゆっくりと突き上げた。

最後は少し俺は体を離し、両手で胸を揉みしだきながら、

多少はパンパンしてお腹に出して果てた。

アユちゃんは少し目が潤んでいた。

ティッシュでアユちゃんをキレイにしてから、俺はシャワーを浴びた。

シャワーから出ると、ドラマみたいに胸が隠れる位まで毛布をかぶり、

アユちゃんはミネラルウォーターを飲んでいた。

隣に座り、俺ももらう。

余計な話をすると、お互い辛いのはわかっていたので、またキスをした。

連発は苦手なんだが、またしてもフル勃起に。

アユちゃんが俺のチンコを触りながら、

「何から何まで、初めてだったよ」などとカワイイ顔でのたまう。

堪らなくなり、またフェラレクチャーが始まった。

じゃあこれも経験した方がいいかな、と思いゴックンもしてもらった。

その日はお泊りして、朝もう一度フェラとゴックンしてもらって、別れた。

帰ってからメールがきた。

「俺さんのこと、ホントに前から好きでした。

でもどうしようもないこともわかってる。

まだもう少しだけ好きでいさせてもらっても良いですか?」みたいな感じ。

ちょっと切ない気持ちになったが、

「こんな奴のこと、忘れた方が良い。

彼氏ができたら、また飲みに行こう」と返事した。

実際、彼氏が出来て、俺も結婚してから何回か会ったが、

やはり何回かはHしてしまった。

ちょっとずつ上手くなってて、ちょっと微妙な気持ちになった


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!