下半身裸の彼女の後ろから立ちバックで挿入して・・[エッチ体験談]

俺は59歳。

彼女は63歳。

彼女は3人の母親だそうだが、

それぞれ結婚して家庭を持ち、

今は夫との2人暮らし。

その夫は毎日仕事が終われば夜中までお酒を飲んで、

カラオケをして・・・と、

帰りは午前様で夫婦仲はずっと以前より冷めているとのこと。

彼女は現役時代は進学高校の英語の教師だったとのこと。

俺と知り合ったのはある雨の激しく降る夜。

仕事から帰る途中、人家のない山越えの峠の所で

彼女が運転する車の片方のタイヤが溝に落ち、

困っているところをたまたま通りかかった俺が

引っ張って上げてあげたのが出会いであった。

その日は俺も雨に濡れてびしょびしょになり、

俺の携帯電話を教えていたら後日電話があり、

「食事でも御馳走したい」とのことで出掛けて行った。

その日は休日でもあり、先日見た彼女とは全く別人に見えた。

その歳にしてスポーツシャツが破けるのではと思うほどの巨乳で、

お尻も丸くあまり垂れ下がりは感じられず、歳よりもずっと若く見えた。

彼女の歳が分かったのはそれよりずっと後のことではあったが・・・。

初めていろんな話をする中で、なぜか夫婦仲のことまで彼女がしゃべっていた。

彼女は、

「運動不足で今水泳をやり始めたのだけど、なかなか上手くならない」とのこと。

俺は高校の3年間は水泳部にいたので教えてあげる約束をしてその日は別れた。

それから後、彼女から電話があり、プールで待ち合わせをした。

先日見た彼女とはまたうってかわり、ワインレッドのワンピース調の水着を着ていた。

太ももはむっちりして、お尻も割れ目まで食い込み、

なによりもびっくりしたのは、アンダーパンツを穿いてなくて、

光線の具合や、水に水着が濡れて、陰毛が透けて見えていた。

そんな仲でもなく、注意してあげることなど出来なかった。

プールから上がってコーヒーを一緒に飲んだ後、

まだ時間があるとのことだった。

どこかへドライブにでもということになり、

はっきりとした当てもなく車を走らせながら色んな話をしていると、

郊外に洒落た造りのラブホテルがあった。

「アレ、ホテルなの?洒落た造りね。中はどんなになっているのかしら・・あんなとこ入ったことがないから・・・」

と彼女が言う。

「百文は一見に如かず・・なんなら入ってみる?」と、

おどけた調子で言うと「入ってみたい」と言うので車を乗り入れた。

独特の室内の明かりとビッグサイズのベッドに彼女は

「すごいのね、こんなところに来ると、

自然に変な雰囲気になってしまうわね」と。

私は「お風呂もあるから一緒に入りませんか?」と言うと、黙って頷いた。

俺はさっさと風呂場に行き、シャワーを浴びていると彼女が入って来た。

びっくりするほどの胸とヒップに自然と俺のペニスは勃起してしまった。

彼女は「洗ってあげましょうか?」と椅子に座っている俺の背中から洗い始めた。

後ろが終わると彼女は「今度は前を洗いましょう」

と言って俺の前に来て、両足を広げた俺の股に座り、

いっぱいソープを手に付け、俺のペニスを洗い始めた。

もうぴくぴく動いているのが彼女にもわかったはず。

風呂から出て、全裸のままベッドに大の字に寝ていると

彼女も全裸のまま出てきて、

69スタイルになって俺のペニスを口に含んだ。

俺も彼女の両足を開き、

彼女の陰部に口をつけて舌で舐めていると、

彼女はそれに応えるように尻を突き出し、

アナルも陰部も丸見えの状態になった。

しばらくそれを続けた後、女性上位の体位になり、

俺のペニスを片手で握り、

自分の陰部にあてがうとそっと腰を下ろし根元まで挿入した。

そして中に射精した時は、恥ずかしいほどに彼女は乱れ、

大きな喘ぎ声を出した。

3時間ほどホテルで愛し会い、夕方、自宅近くで別れた。

その夜メールが来て「貴方の許すかぎりの時間が私に欲しい。

もう貴方のことばかり考えていたい」と。

それからは週に一度時間を作り、

時には河川敷きに車を停めてフェラをしてくれたり、

「主人が今夜は遅くなる」と言って

暗くなって人影のない空き地に車を停め、

車外に出て下半身裸の彼女の後ろから立ちバックで挿入している。

彼女は歳に似合わず、

小さなナイロンの透け透けパンティーを穿いて逢いに来てくれる。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする