年齢の割りに垂れていない胸と大き目のびらびらに興奮しつつ舐め回して・・[エッチな話まとめ]

昨日パチ屋でキレイな熟女さんを見かけて、

簡単な文章とアドレスを書いた手紙を初めて渡したら、

昼にメールがきました。

内容的にはメル友になれたらとのこと。

返信を頂いてから

その日あった出来事や共通の趣味の話題等々、

一日三往復程度のメールのやりとりを続けること約一週間。

お酒の話題になり、

相手(優子さん仮)からの

「機会があれば是非」という言葉から急展開。

日程調整をして二月に飲みの予定を組んだのですが、

これまた優子さんの都合により昨日会うことになりました。

夕方某駅で待ち合わせをし、

二人でこじゃれたパブに行き乾杯。

最初に手紙を渡した時は一切会話を交わしていないので、

改めて簡単な自己紹介から趣味の話、

お酒が進むにつれてお互いの近況など徐々に深い話へ。

彼女が未婚で結婚を考えている相手がいることをそこで知りました。

優子さんは綺麗だけどきさくで聞き上手、

嫌味のないお姉さんぽい態度。

人との出会いはご縁だから大事にしたいこと、

普段なら絶対に連絡しなかったけど

手紙の内容が丁寧だったからメールした、等々。

お愛想かもしれないけど嬉しい言葉を頂いて照れる自分。

相手の目をじっと見つめて話す所が

妙に色っぽいと言うかいやらしいと言うか。。

お互い数杯ずつ飲んだ後、場所をカラオケへと移しました。

ちなみに自分29歳、優子さん30代半ば。

相手が年下だとちょっとからかいたくなると言う優子さんは、

こっちを見つめながらラブソングを歌う→自分照れる。

お酒を飲んでいるせいか、

べたなのに色っぽいせいでついつい相手のペースに。

お酒も進み、子供みたいなだだをこねはじめた優子さんの行動を、

はいはいそうですねとなだめながらさばいていると、

子供扱いされたとごねだし

挙句の果てには「大人の付き合いだってできるんだよ」

とか言い出す始末。

ここまでたくさん話をしてきて、

優子さんが本当に魅力的だったことや、

勇気出して最初にメールをくれたことに対する

感謝の気持ちやらで手を出す気なんてさらさら起きず、

こうして優子さんといる時間を大切にしたかった・・・

気持ちがこの一言辺りでふらつき始める。

酔っ払った優子さんのいたずらは時間と共に激しくなっていき、

ボディタッチ、トイレへは手を繋いでいく、

鼻に鼻をくっつけてくるなどなど

相変わらず視線を外さないままに顔を近づけられるのが

本当にやばくて、キスしたくなるからやめてと正直に言うも全く効果無し。

かと言って手を出したら次はもう会えないよ?

とか言う始末、、、この酔っ払いめ。

これもいたずらの一環なんだろうけど、

自分の頭を胸の所に抱えてぎゅっとしてくる優子さん。

死ぬほど落ち着く、なんだこれ・・・

どんどん優子さんに惹かれていくおめでたい自分。。

押したい気持ちと引きたい気持ちが頭の中で錯綜してる中、

相変わらずのくだらないやりとりは続き、


キスの寸止めに耐え切れなくなった自分からちゅっ。

ここまで四時間(笑)

そのままソファーに優しく押し倒してキスしながら

大きな胸をもむ、太ももを触る。

がしかし、通路から中が丸見えのこの部屋で続きをするわけにもいかず、、、

耳元でラブホに行きたいと誘う

→今日会ったばっかりでそれは嫌だ

→じゃあ諦める

→いちゃいちゃしてたらまたその気になる

→優子さん頷く

ラブホに入ってお互いシャワーを浴びていちゃいちゃ。

若干戸惑ってる優子さんを見てやめとこうかと声をかけると、

どうしたいのか自分でも分からないと言うので、

じゃあ嫌だと思ったらそこでやめるから言ってねということで開始。

若干肉感的な優子さんの体はものすごく色っぽい。

年齢の割りに垂れていない胸と

大き目のびらびらに興奮しつつ舐め回すと、

今度は優子さんが「今度は私が食べていい?」と下の方へと体をずらす。

痛くてあまり気持ちよくは無かったけど、

お願いしてして貰うんじゃなくて、

自分の意思で気持ちよくしてあげようという

優子さんのその気持ちが嬉しかったです。

おしりの穴まで舐めてきたのには驚いたけど。

で、いざ入れようとゴムに手をかけた瞬間

優子さんが上に乗ってきてそのまま中へ。。

優子さんの中は狭く、

あまりの気持ち良さに戸惑ったけど

ゴムしなくていいのか聞くと、

安全日で大丈夫だからこのままして欲しいとのこと。

今まで年上との経験が一度も無かったのですが、

ある程度年齢を重ねた方は生を好むのかもしれません。

15分ほど交わり続け、

いく直前にどこ出すか優子さんに聞くと、

このまま私の中でイって欲しい、と。

自分の気持ちは少しずつでも確実に優子さんの方を向いていたので、

迷うことなくそのままフィニッシュ。

結局朝~夕方までラブホにいる間に三回全部中に出しました。

帰り際恋人のように手を繋いで町をぷらぷらし、

ご飯を食べ、改札までお見送りしにいって優子さんと別れました。

帰り間際に優子さんは、

結婚を考えている相手がいるのに

どうしてこんな気持ちになったのか分からないし、

先のことも含め色々と考えたいと言っていました。

せっかく知り合えたのに会えなくなるのは

最初にメールをくれた優子さんの気持ちまで

踏みにじってしまうようで嫌なので、

今後は友達として接していくことになるかもしれませんが、

長年付き合っている彼氏とのことですし、

自分も気持ちだけで動けるような年齢でもないので、

しばらくは優子さんの気持ちを見守ってあげられたらいいなと思っています。

優子さんのことを全て知っているわけではないし、

カラオケとかでの行動を見る限り、

男性に誤解をさせるような態度を

日常的にとっているのかもしれませんが、

でも本当の意味で、

体じゃなくお互い同じ温度で気持ちから入るセックスが出来たのは、

ひょっとしたら優子さんとが初めてだったかもしれません。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!