セックス無しでも十分満足できたよ![エッチ体験談]

友人グループと海に行った時の話。

1発2日の民宿泊であった。

グループは、10人位で毎年恒例の行事になっている。

友人アツシの妻ユウコは、

俺より3つ年上で子供なし。

俺は、一様妻帯者。

俺とユウコは、グループで飲み会などあると酔った勢いで

おっぱい揉み揉みなどできる関係である。

勿論、旦那様公認で・・・。

ユウコは、体系は細め

おっぱいは小ぶりで脚は細くスラッとしている。

大変可愛い女である。

民宿の夕食が終わり、

部屋に戻ると更に宴が設けられエロ話に

花が咲いていた。

ユウコは、その時勿論、ノーブラである。

バカ話に笑い転げ、身体をかがめた時は服がたれさがって、

モロに乳首が見えている。

俺は当然のように

俺「ユウコさん、モロピンクの乳首見えてますよ」

と言って、短パンの股間に空いたビール缶を入れて

俺「こんなんなっちゃたよ」とおどけてみる。

ユウコ「わー凄い!固くなってる。ありゃ、へこんじゃった、情けねーギャハハハ!」

なーんてやり取りをしていた。

しばらくして、宴会を中座して海岸で花火をし、

部屋に戻って宴会再開。

昼間糞暑い中かなり遊んだので疲れたのか、次々にダウンし、

俺とユウコの周りで、みんな鼾をかきながら寝てしまっている。

ユウコ「騒がしいと悪いから、向こうに逝こう」

隣の空き部屋でユウコと2人飲むことになった。

まぁ、男女がさしで飲みながらエロ話をしていれば、当然のように

「チンコを見せろ」の要求がでてくる。

さすがに人妻も多少の罪悪感か、

ちょっと遠慮ぎみに短パン

の上から俺のチンコをナデナデしてきた。

俺のチンコが膨張してくると、

「Oh(・∀・)イイ!」

「ちょっと見せて」

と俺の短パンを下ろす。

短パンのゴムに引っかかり、

その反動で勢いよく

「パシッ!」。

「キャッ!凄い!!!」

U子は、俺のチンコをシゴキ始めた。

ゴッシゴッシゴッシゴッシゴッシゴッシゴッシ・・・

俺は、ユウコの生乳を揉み揉み・・・。

俺のチンコはもうこれ以上無いくらいMAX状態。

我慢汁出まくりで、ユウコもそれを見ながら、

「Oh!光ってる光ってる」。

俺「ウウウーーー!、出るよーーー!出るよーーー!」

ユウコ「ダメ、ちょっと待て。飲むんだから」

すると、今度は俺の股間に顔を埋め上下運動開始。

そして発射OKの親指が立った。

同時に 

ドッピューーーーーーーーーー!!!!!!

ユウコは、ザー汁を飲みほし満足げで

ユウコ「すっごい一杯出たね、もう1年分位のんじゃった」

俺「2週間位貯液してたから、ヘヘ、セックス無しでも十分満足できたよ!」

この時以来、俺は再び性に目覚めてしまった。

第4次性徴くらいか、

この晩のコトを思い出しながら自分で手コキをしまくっている。

次は、女子高生に手コキしてもらうのを夢見て・・・!


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!