運転中の自分のジッパーを下げしゃぶりだす人妻 [セックス体験]

すでに3年ほどの前のこと。

もう時効と思うので・・・

友人の彼女の紹介で出会った「M」

年は8歳下だが、

結婚して5年まだ子宝には恵まれないらしい。

だんなとは子作りに励んでいるのだが、

何が原因かいまだにあたらない。

最近ではだんなも楽しむセックスでない「子作り」に

いい加減飽きたのか、

ほとんどかまってくれないとのことで彼女は悶々としている様子。

何度か飲みにいったりしているうちにいわゆる

「大人の関係」となったが、

子作りを控えている都合上自分とはいつもゴム付き。

それがある日・・・
いつものように飲みに行ったとき、

いつに無く彼女は飲みすぎてしまい、

SEXはおろか家に帰ることすらままならない状態。

仕方なく家に送り届けることとした。

だんなは友人と遊びに行って、

今日は帰らないとのことで、

本来なら今日はお泊りの予定だが、

こんな状態の彼女では送り届けるしかない。

仕方なく家に向かった。

送り届けると案の定彼女はトイレに行ったきり・・・

さてどうしたものか???

しばらくすると、やっと戻ってきた。

酔いもさめ始めたため、

おいて帰ろうとすると抱いてほしいとせがむ彼女。

しかし、ここの家にはゴムは無い。

仕方ないからラストは外へということで彼女を抱いた。

そろそろいきそうと彼女に伝えると、

「中でいいよ」と始めてのOKサイン。

思いっきり中で果てた。

そのあと、

いつに無く休憩を挟みながら3~4回は中で果てた。

帰り際、彼女に

「安全日だったの?」ときくと

「思いっきり危険日」だと言い出した。

子作り中にいいのかと問いただすと、

だんなは約束していた日であっても遊びにいくバカ亭主で、

さらに子供ができない原因は、

だんなの種がどうも弱いらしいとのこと。

だから、もういい加減待ちきれないので、

血液型が同じ自分であきらめたとのことだった。

そのあとしばらく彼女とは会えない日が続いたが、

久々にあったある日、

彼女からの言葉は「大当たり」。

あの日の4~5回の中出しで、見事懐妊したようだ。

だんなはもちろん自分の子供と思っているらしいが・・・

その後彼女とは、自然と音信不通となってしまったが、

つい先日のこと近所のコンビニへタバコを買いに行ったとき、

偶然にも彼女と再会をした。

そこにはなんと2~3歳の双子の女の子が一緒に。

あのときの子供と彼女は言っていたが、

たしかにどこと無く自分に似ている。

だんなとは相変わらずその後と励んでいるが、やはり不発。

また飲みにいこうと電話番号を交換しその日は別れた。

それから数日後、彼女からの電話。

今日会える?とのこと。

彼女と少し自宅から離れた場所で落ち合うと、

近くの居酒屋へ。

今日はあまり時間が無いとのことで、

久々に抱けることを期待していたがあきらめていたところ、

トイレに行った彼女から携帯に電話。

「ちょっと来て」

またやばいかと思いつつ行ってみると、

別にそんなに酔ってはいない雰囲気。

しかし突然

「したくなっちゃった」

と言い出すと、そのまま個室へ引き込まれた。

相当かまってもらえてないのか、

いきなりジッパーをおろすとしゃぶりついてきた。

5分くらいしゃぶっていたかと思うと、

自分のショーツを下ろし「入れて」

ゴムないよといいながらも、

早くも合体。

自分も溜まっていたせいか、

早くも限界がきたのでそれを伝えると

「中でいって」

と言い出した。

彼女は「大丈夫だから」とのことだったので、

早々に果てた。

身支度を整え時間差をおきながら席に戻りまた飲みなおす。

それからしばらくして店を出て彼女を送りに向かう途中、

突然彼女はまだ先ほどの余韻が残っていたのか

運転中の自分のジッパーを下げしゃぶりだした。

このままではまずいと思い、付近の暗がりに車を止めた。

そのときは彼女はすでに臨戦態勢。

即効で自分の上に乗り合体。

もちろんそのまま果てた。

彼女は体の中に自分の液を貯めたまま自宅に戻ったが、

帰り際に、「また楽しみだね」っていってニコっと笑っていった。

・・・が、あの笑顔は、いったい・・・・・


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!