Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

さすが人妻という感じで気持ちよかった… [セックス体験]

数年前の7月の日曜日。
危うい天気だったが何とか持つだろうと思い、バイクで郊外に走りに出かけた。
トイレと飲み物を買いに大きなショッピングセンターに寄る。
店内で用事を済ませた後、駐車場に戻ると「辰男く~ん(オレ)」と声を掛けられた。
「ん??」と振り向くと、どこかで見た顔。
「あ!」と気づいた。
前の会社にいた人だった。
「あ~お久しぶりです」
「凄い偶然。辰男くん久しぶり」前の会社で同じグループで仕事をしていた人だった。

モデルみたいな細身で、胸はCくらい。
髪も綺麗なストレートで30半ばだったけど、とても子持ちとは思えない。
オレは20代後半でセフレはいたが、彼女はなし。

当時、どこかへ出かけた時には彼女にだけお土産やお菓子を買ってきたり、好きな飲み物を差し入れで渡したり、仕事中もよく話すようにして何とか気を惹こうと躍起になっていた。
その人を何度か誘ってみたが、「独身だったら行くけど…」とやんわり断られていた。
結婚しているという事でブレーキがかかってはいるが、多少はオレに気があるらしい。

「智子さん(相手)変わりませんね。綺麗なまま」
実際、20代にしか見えない。
「も~そんな事ないって~。今日はバイク??」
持ってたヘルメットを持って聞いてきた。

「はい。雨が降るか迷ったけど、ちょっと走りに行ってました」
「そうなんだぁ。カッコいい~」歩きながら話していると、クルマの前で止まった。
「今これに乗ってるの」ホンダのスパイクだった。

クルマの前で話していると、顔に水滴が付いた。
「!?」空を見上げた。
突然ザーーーーっと熱帯のスコールのような雨が降り出した。
「あー濡れちゃう!辰男くん早く乗って!」
咄嗟に一番近いドアを開けてボクに乗るように勧めてきた。
「はい!!」と2人でリアシートになだれ込む。

強い雨のせいで服はビショ濡れ。
ボクはバイク用のジャケットを着ていたから大した事はないが、智子さんは髪も服も濡れてしまっていた。
オレはジャケットを脱いで、持っていたハンドタオルで彼女の髪を拭いた。

雨に濡れたおかげで智子さんは少し透けブラ気味。
ピンクだった。
「ありがとう。スゴい雨だね」強い雨で外はほとんど見えない。
これは…逆に外からも見えない…しかも広いリアシート…2人だけ…と咄嗟に思った。
「髪も服もスゴい濡れてます。腕貸して」と彼女の手を握って腕も拭いた。

「辰男くんいいよ、大丈夫。辰男くんも髪濡れちゃって…」と智子さんもオレの髪にポンポンとタオルを当ててきた。
「智子さん背中冷たくないですか?」
「うん、冷たくてヤなの。どうしよぉ…脱いじゃおうかなぁ」
「え!?脱ぐの??ここで??」
「何想像してんの??上1枚脱ぐだけだよ。下、キャミ着てるから」
「あ…そうですか…そうですよね」
「辰男くんバイクどこに置いた??帰りどうする??」
「バイクは屋根付きの駐輪場に置いてるんで大丈夫ですけど、この雨の中乗って帰るのは嫌だなぁ」
「いいよ、雨止むまで乗ってよ。送ってってもいいけど、後でバイク取りにくるのも大変でしょ」
「時間、大丈夫ですか??」
「大丈夫。今日、皆出かけていないから」
「じゃぁ、止むまで一緒にいたいです」と言い終わると「んしょ」と智子さんは濡れた1枚を脱いだ。

ピンクのブラ紐が見え、谷間も見える。
…襲いたい。
会話しながらそっちに持っていこうと決めた。

「智子さんの肩のライン。凄い綺麗ですね」
「え~あんまり見ないで。もうおばさんだから」
「おばさんじゃないよ。どう見ても、オレと同世代に見えます」
「もぉぉ…またそういう事言ってぇ」とはぐらかすが嬉しそう。
「濡れたままで寒くないですか??」抱き締める口実を探した。

「うん…何か腕が肌寒い感じしてきた。あ、そうだ」と彼女は後ろから子供用に置いてたバスタオルを取り出した。
「これがあるの忘れてた」と肩に掛けてしまった。

「ところで、辰男くん彼女できた??」
「(セフレはいるけど)今はまだいませんよ」
「今の会社にいいコいないの??」
「ん~、智子さんみたいに綺麗な人はそうそういないから」と言って彼女の手を取ると、自分の体を近づけた。

「え…」という感じの顔をしてる彼女を背中から抱き締めた。
「ダメ、辰男くん、ダメ…。」
「抱き締めるだけ。少し寒そうだから」
「ダメ、見られちゃう。」
「雨で誰もいないし、外からも見えないよ」と言うと、拒むのを止めた。

「抱き締めるだけだからね」
「智子さん。暖かいですか??」と言いつつ谷間を見つめる。
「うん…」抱き締めた腕を少し上に持ち上げると胸がせり上がり、谷間が一層よく見えた。
(スゲーーーいい体)

「ずっとこうやって抱き締めたいって思ってました」
「他のコにすればいいのに。」と言いつつイヤとは言わない。
色々話してると、雨で曇ってるのと夕方という事もあって、外はだいぶ暗くなってきた。

相変わらず駐車場に人気はない。
髪を寄せて、耳と首筋を出してみた。
「この首のライン、凄くイイ感じ」と首筋にキスして舌先でなぞってみた。
「辰男くん!!ダメでしょ!!」と言われたが、構わず続けた。

首から鎖骨まで舌先で舐めていく。
ダメと言いつつ声は弱くなり、しかも抱き締めているので彼女はどうにも動けない。
肌の見えてる部分全てにキスしていった。
「ダメなのにぃぃ」
「ずっとこうしたかった。イヤならやめる」
「イヤじゃないけど、ダメでしょぉ……」(きた!!智子さんもスイッチ入った!!)確信したオレは、抱き締めてた腕を緩め、キャミの上から胸を揉んだ。

揉みながら、手探りで乳首を探した。
乳首らしき感触を探し当てると、そのまま集中攻撃。
彼女は少しずつ声を上げていった。

「智子さん、こっち向いて座って」足を跨いでこっちを向かせた。
露出した鎖骨周りを舐めながら、両手でさらに胸を揉んだ。
揉んでるうちにキャミがせり上がってきて、お腹が丸見え。

キャミの下に手を入れ、ブラ越しに揉んだ。
キャミなので、そのまま谷間に顔を埋め、胸の乳首以外の部分を舐めまくった。
「辰男くん……」激しい息遣いが聞こえた。

パイズリには少し大きさが足りないが、充分楽しめるオッパイだった。
スカートだったので、そのままストッキングを脱がせて太ももに手を伸ばした。
スベスベで気持ちいい。

我慢出来なくなったので、彼女の中に指を入れるともうヌレヌレですぐにでも入れたくなった。
「辰男くんのもする」そう言うと、俺の下半身を脱がし始めた。
智子さんは勃起したモノを「スゴい…おっきい…。」と手で扱きながら眺めていた。

手で扱かれながら、「ん…………」と一気にフェラされた。
「男の人のって久しぶり…」
「智子さん、凄い気持ちいい…」扱かれながら下のタマも舐めてもらって、さすが人妻という感じで気持ちよかった。

フェラされながら、指を彼女の中に入れる。
「辰男くん、もう入れてほしい!!」
「ゴムないよ??」
「いいから、そのまま」彼女をシートに座らせ、「出さないようにするから」とゆっくり中に入れた。

「スゴい…入ってくる」
「気持ちいいトコ教えて」
「あ!!そこ。いっぱいやって」彼女の気持ちいい所で懸命に腰を振った。
「辰男くん…チューしよ」入れながらキスした。

「今度はこっち」と俺がシートに座った。
彼女はオレのを掴み、ゆっくりと入れてくる。
目の前で揺れるオッパイを鷲掴みにし、乳首を吸い上げた。
クルマのガラスはすっかり曇ってしまい、外からは見えない。
彼女はほとんど裸同然だった。

キスをしながら、オッパイを揉みながら、彼女の中に入れ続けた。
「智子さん、ヤバイ。出そう……」一旦抜いて、2人並んで座り直した。
「あたしの中、気持ちいい??」
「うん、スゴイ気持ちイイ。手も口も全部気持ちイイ」
智子さんはティッシュを何枚か手に取ると、その手でオレのを握ってきた。

「これも気持ちいい??」智子さんは握ったまま手を動かしてきた。
「ゴムないから、今日はこれでガマンして」手と口を組み合わせ刺激してきた。
「そんなにしたら…出ちゃう…。」
と、フェラを止め、耳元で囁かれた。

「いいよ…出して」手の動きが早くなり、もう限界寸前。
オレは咄嗟にオッパイを掴んだ。
「……出る!!!!」
「いっぱい出して!!!」彼女の手に包まれながら、一気に放出した。

しばらく抱きついて余韻を楽しんだ後、ティッシュで拭いてお掃除フェラしてくれた。
「今度ホテルでちゃんとしよぉ」と智子さんから言ってきた。
もちろんOKの返事。
外を見ると雨は止んだようだった。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!