Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

パンツはスケベ汁で濡れ濡れ! [エッチな話まとめ]

御近所の家庭1組とうちの家庭1組の計2組で、温泉へ1泊2日の旅行へ出かけた。
伊藤さんのお宅は3人、うちは4人で車1台に乗って出かけた。
半日程ドライブ兼ねて移動し温泉街へ到着。
ようやく風呂と飯にあり付ける。私は少し疲れたので部屋で仮眠した。
1時間程仮眠し、めを覚ますために風呂へ行くことにした。
伊藤さんの御主人が慌しく帰り仕度をしているので、どうかされたのか? と聞くと会社でトラブルが発生したので急遽東京へ戻らなくてはならないとのこと。
「妻と子供、よろしくお願いします」と一礼し、御主人は帰っていった。
仕方ないので、みんなで夕食を食べてゆっくりしていた。

私の妻と伊藤さんの奥さん、子供達が温泉につかると言って部屋を出て行った。
仲居さんが来て、「お布団敷きますけど、どうします?」と聞かれた。
「こっちに5人分敷いてください」とお願いし、「私の分は隣の部屋へしいてください」とお願いした。

伊藤さんの奥さんと妻、子供達を1つの部屋にするのが普通だろう。
私は自分の部屋へ戻り、ビールを開けて飲みながら、有料チャンネルを見ていた。
当然エロビデオに決まっている。
久しぶりのエロビデオなのだ。
2時間程経過、夜10時を廻った頃、私の部屋のドアにノックが。
どうせ妻だろうと思い、エロビデオをつけっぱなしにして玄関先へでた。

ドアを開けると伊藤さんの奥さんがいた。
「・・・どうかしました?」
と聞くと「今日は何かとお世話になりました。差し入れにビールでもと思って・・・」と気を使ってくれていたのだ。
私はその行為に甘えて頂戴することにした。

「奥さんが子供たちと寝てしまったもんですから、何か手持ち無沙汰で・・・御迷惑でした?・・・」
「・・・そんな迷惑だなんて、とんでもない。さあ、どうぞなかへ・・」
と部屋へ案内した。・・・が、
「しまった!・・・」と私は叫んでしまった。
エロビデオをつけっぱなしにしていたのだった! 

奥さんは「・・・ご主人、お盛んですね~笑」
と笑いながらあっけらかんとして座布団に正座した。
「い、いやあーお恥ずかしい・・・笑」
私も笑いながら誤魔化すので精一杯だった。

ビールを飲みながらあれやこれやと雑談をした。
夜12時を廻った頃だった。奥さんもかなり酔っているらしく浴衣が全体的にはだけてきている。

私は極力見ないようにしていたのだが、奥さんの胸元から大きな乳房が見え隠れしだすのをこれ以上、見ずにはいられない状況だった。
私が下のほうへ目線をずらすと、奥さんの腹部から陰部に掛けても浴衣がはだけている。
角度によってはどうも陰毛らしきもの? がちらちらと見えるような気がした。

私はわざと机からタバコを落として、奥さんに拾ってもらうよう仕向けてみた。
案の定、浴衣がもっとはだけて陰部がおよそ見て取れた。陰毛だ! 
と、言うことは奥さんはノーパンと言うことになる! 
そして、冷静に考えると奥さんは下着は一切着ていないことになる! 
浴衣1枚きりなのだ! 

私は、抑えることができないチンポを、無理やり手で押さえて懸命に我慢をしたのだった。
奥さんはその事実を知ってか知らずか、不謹慎にも亭主以外の男の前で半裸体に近い状況をあらわにしながらお喋りしている。

私は、もう我慢出来ず、奥さんの大きな乳をじーっと見ながら話を聞いていた。
すると奥さんは「御主人? 聞いてます? あー、聞いてないですよねー? やだ、ちゃんと聞いててくださいよー?」と陽気なもの。
「はいはい・・・」と話を合わせながら、私は奥さんの揺れる大きな乳を見ていた。

チンポは既にボッキンキン状態だ! パンツはスケベ汁で濡れ濡れ! 
大変な事になっているがどうしたものか? すると奥さんが
「・・・御主人・・もしかして私に欲情しました? ・・」と聞いてくる。
「そんな事ありません・・・」
と動揺しながら反論するも、体は正直で・・・勃起している。

「御主人・・・? 奥さんとはちゃんとしてます? 溜めるのは体に毒ですよ?」と説教までしてくれる。
「ええ、大丈夫です・・・」全く大丈夫ではない。
「御主人、花水が出そうだからあそこにあるティッシュBOX取ってくださる?」と頼まれたので席を立ち、取ってきた。

「・・・あーやっぱり欲情してるんだー? 御主人のオチンポがおっきくなてるもん・・・」と見破られてしまった。
確かに、勃起したチンポははだけた浴衣からニョッキリと飛び出し、スケベ汁がベタベタになったブリーフごと見られてしまったのだから・・・

奥さんから、「御主人ってブリーフ派なんですか? 私、ブリーフ履いている男の人に興奮する癖なんです・・・」と告白される。
「そうなんですか?」と聞き返す私は心臓がドキドキしっぱなしだ! 
私は意を決した! 奥さんを頂くことに決めた! 

「ハア、ハア、お、奥さん・・・」
私は浴衣を脱ぎ捨てパンツ一枚になり、バリバリに張り出した股間を見せ付けた。
奥さんは、見とれているようだ。最初はジーと見ていた奥さん、次第に奥さんの右手が陰部へ伸びていく。私を見ながらオナっているようだ! 

「・・・奥さん・・・乳を・・乳を見せて・・・」私はと懇願した。
奥さんは浴衣を更にはだけさせて、その大きな乳房をしっかりと見せてくれた。
大きな乳房だ。やや垂れパイ気味であるがまだ張りもあるようで、やらしくも無数の血管がしっかり浮かび上がっている。
どれくらいのサイズなのだろう? 聞いてみたくなったのでサイズを聞いてみた。

「おっぱい? Dカップの92cmかな? それくらいだと思うよ。」と言う。
しかし、サイズ以上にすごい張りと大きさだ。割と細身で背も低いからかもしれない。
また、表情には似つかわない乳輪の大きさが、更なる巨乳っぷりを演出しているのだろう。

「御主人、私のばかり見ないでオチンポ見せて下さいよ・・・私は見せてあげましたよ。」と笑っている。
私もパンツを脱ぎチンポを見せ付けた。
「・・・わぁ~すっごくパンパンに張ってるー! 旦那より大きい・・・太いし、堅そう・・・」
とチンポを凝視して目線をずらさない奥さん。

「・・・よかったら・・いじってくれてもいいですよ? 気の済むまで」と私は言った。
奥さんは一機に弾けとんだ! 
右手でチンポを鷲掴みにすると口へ放り込んでしまったのだ! 
「・・・ムフ、フグ、、、ジュルジュル・・・ブフブフ・・ングング・・」
と猛烈にしゃぶりだしたのだ! 

奥さんの口元からは唾液の白濁したよだれがタラタラと垂れ始め、そりゃもう厭らしいなんてもんじゃなかった! 
白濁した液体が垂れ、奥さんの自慢の大きな乳房へタラリと垂れている。

乳全体にやらしいよだれが降りかかり光沢を放っている! 
時折、奥さんの見せる激しいしゃぶりのおかげで、大きな乳房が上下左右にブルブルと震えている! 
私は、耐え切れず・・・猛烈な勢いで発射! 
更には大量のザーメンを奥さんのお口へ御馳走してしまった! 

「・・・お、奥さん、御免なさい。口に出してしまって・・・わざとじゃないんです・・・」と謝った。
「・・・すっごい量! お口たっぷりあるよ」
と言いながら私にザーメンの液溜めを口をあけて見せてくれた。
恐ろしい!  本当に口一杯のザーメン量だ! こんなに出たことは過去ないと思う・・・と奥さんに話したら「本当? じゃあ、御主人、私に相当欲情してくれてたんだね? 女としてうれしいわ~。」と話してくれた。

「じゃあ、今度は私を満足させてくれる? いいでしょ?」と言いながらチンポを再びしゃぶり、懸命に大きくし始めた。
当たり前だが、すぐにチンポは復活しビンビン状態に! 
「奥さん、どうする? どうしてほしいです?」と確認。
奥さんは、「・・あぁぁん・・どうって・・・私に言わせようとしてますー? ハア、ハア、ハア」と興奮隠せずにいる。

私は独断で体位を勝手に決めて奥さんの背後から襲い掛かった! 
「・・・ぁぁああああー! どうするの? ぁんん・・・」
と次第に本性を見せ始める。

当然、人妻はバックで犯すのが鉄則だ! 
私は奥さんをテーブルの端に両手を着かせて、白い腰のくびれた、そして大きな桃のようなお尻を両手で抱え、デカチンポを一気に打ち付けた! 
パンパンパンパンパンパンパンパン! と自動ライフルのように猛然とそして強力にチンポを激しく、何回も何十回も打ちまくったのだ! 

「あぁぁぁぁ・・・だめ・・・だめ・・・あぁぁぁぁ~いぃぃ・・・いやぁぁぁ・・・」
とうわ言のようにわめき散らしながら卑猥はよがり声を発している! 
やがて、「・・・あぁぁぁぁ、、もうやめて・・・やめて・・おねがい・・・」とお願いする奥さん。どうしたのかと聞いてみると、「んんん・・・もう・・・そうじゃなくて・・・もっとしてほしい時にはそう言うのよ・・・」だって。

私は遠慮なく再びピストンを繰り返した! 大きい乳がブルンブルン揺れている! 
背後から乳を掴んで揉んでやると更にヒートアップしたよがり声を上げながら感じている奥さん! 
私はあまりの興奮と気持ちよさから出そうになる。

「奥さん、ハアハアハア・・・どうしよう? 出すけどいい?」
「いい・・・いい・・・いっぱい・・・いっぱい出して・・・あぁぁぁぁー!」
激しくピストンし果てた。
「ぁぁぁぁぁ・・・すごっ・・・こんなにまだ出るの?・・・あぁぁぁぁ・・・凄過ぎ・・・」と絶賛。

私は3回目を開始すべく再びチンポを打ちつけた! やがて復活! 再び昇天すべくピストン開始! 
「ああぁア・・・もうだめ~・・・いく~・・・いく・・・いく・・いく・・・」
奥さんは逝ってしまった。

私はまだ出そうもない。
もっと楽しむべきと判断。
今度は奥さんを仰向けにしてチンポをはめた! 
大きな乳がタポタポと揺れている! 
乳が上下に揺れる・・・乳輪が目玉のように動いて厭らしい・・・ふくよかな下腹。

脂肪の乗ったお腹もタプタプと揺れている。
奥さんはもう何回いったのかわからない。
時計を見ると午前4時半・・・ずいぶんとはめまくったものだ・・・
私も今日一日がある為、仕方なく3枚目の発射をして終了としたのだった。

奥さんはぐったりとしていて、もはや何も死人の如く眠りに入ってしまった。
私は後始末をして、適当に奥さんに浴衣を着せて、おしぼりで顔と体を拭き整えてやった。
いくらなんでもこのままザーメン臭い姿では妻に叱られてしまう。
ばれたら即離婚だ。
それだけは避けたい。

私は、入念に奥さんのおまんこを拭き取って子供達の寝る部屋まで送り届けた。
睡眠時間約2時間・・・朝を迎え、私は朝風呂を浴びに部屋を出た。
妻がそこにはいて、私を睨み付けて立っていた。

「・・・あなた、昨日はさぞかしご満足したようね? 伊藤さんに何したの?」
はっきりとばれていた。
もうだめだ・・・離婚間違いない・・・覚悟しなければならない・・・どうやら。
「・・・ごめん、奥さんとやってしまったよ・・・」と話した。
すると、妻は「・・・何回したの? 奥さん何回いかせたのよ?」と聞く。

「俺は3回出した・・・奥さんは何回いったかわからないよ・・・」と正直に話した。
「・・・もう! どうするのよ? 奥さん危険日だったのよ! 妊娠したらどう責任取るのよ?」妻は怒っていた。
「・・・どうにもならないよな・・・俺、責任取ってお前と離婚して、伊藤さんの御主人に謝罪するよ・・・」と話したら、妻は意外な事を口走った。

「・・・私、伊藤さんの旦那とSEXしてもいい? やらせてくれたらお互い様で、この件、忘れましょ? どう?」
私は承諾するしかなかった。
妻は怒って立ち去った。
帰り道、妻と伊藤さんの奥さんは何も無かったかのように振る舞い、無事に帰宅したのだった。

数日後のある夜、私が夜遅くなって帰宅すると何やら妻の声が聞こえてくる・・・何だろうと思いながらそーっとリビングを覗き見て唖然とした。
妻と伊藤さんの旦那が裸になり交わっているのだ!・・・
ぁあやっぱりこの時がきたな・・・と私は観念した。

伊藤さんの旦那が妻の背後から乳を揉みしだき、勃起したチンポをはめている。
私は覗きながらズボンのチャックを下ろし、チンポを上下にしごいてオナニーをした。
他人にやられる妻を見るのは初めてだが、興奮している自分が情けない・・・

妻は「ああぁぁぁあ・・・いいわ~・・・もっと突いて~・・・」
と言いながら、自分で乳を揉んでいた! 
伊藤さんの旦那は鬼畜の様な変態的表情を浮かべながら、妻を犯している!
「・・・奥さん・・・旦那と俺のとどっちが大きい?・・・」
などと妻に聞きながら犯していやがる! 

妻は「・・・ゴメンなさい・・・大きいのはうちの旦那の方・・・あん・・・ああぁぁぁぁあ・・・」
と感じながらもはっきりと私のチンポがでかいと言い切ってくれたのだ。
私は何だか嬉しくてしょうがなかった。
伊藤さんの旦那が「・・・ちきしょう! 俺の妻を犯していながら、何て奴だ、こっちは貧乳だし興奮しないぜ!」吐き捨てる。

私は頭にきたが、確かに妻は乳が小さい上に、萌えるようなオーラが無い。
確かに伊藤さんの旦那の言うとおりではある。

「しかたないか・・・うっ!」と奇声を上げると、伊藤さんの旦那が中だしをした模様だ。
「・・・まあまあだったぜ、奥さん、もっと乳でかくしな! 俺はデカ乳が好きなんだよ! 貧乳は今後相手にしない」
と捨て台詞を吐きながら、萎えた極小チンポをパンツで覆い、衣服を着て帰っていった。

妻は、今ひとつのSEXに物足りず、衣服を整えだした。
私は、急にそんな妻がいとおしく感じた。
私は、チャックからだらーんと垂れ下がったチンポを出したまま、リビングに入っていった。

はっとなった妻が「・・・何よ・・・見てたんでしょ・・・どうだった? 他人に自分の妻が犯される気分は?」
妻は泣いていた。私も大人気なく泣いていた。
「・・・ゴメンよ・・・俺のせいで・・・本当にゴメンよ・・・」
私は妻を抱いて、髪の毛を撫でてやった。
妻は、大声で私の胸の中で泣いた。
私は何回も何回も泣きながら妻に詫びた。

妻は次第に冷静さを取り戻しながら、
「・・・あなた・・・私・・・やっぱりあなたのチンポじゃなきゃいや。お願いだから、私に一杯愛情注いで・・・」
私は、そのまま妻を抱きかかえて妻のおまんこを愛撫した。

妻は感じ始め、やがて濡れてきたところをすかさずチンポを挿入した。
妻は満足げにいい顔をしてよがる。
やがて妻と私は同時に果ててしまった。

妻が言った。
「・・・あなたがどうしても伊藤さんの奥さんとしたいのなら、私、許してあげる。でも遊びにして・・・私・・見ないことにするから・・・おっきいおっぱい好きなんでしょ? 乳だけが好きなら許してあげるから・・・伊藤さんの奥さん妊娠してなかったから・・・」

妻は、こう話をして風呂場へ逃げるように出て行った。
私は妻の許しが出たのでホットした。
妻は大事にしてやろうと思った。
それは本心。

あとは、私の厭らしい心を満たしてくれる伊藤さんの奥さんをこれからどう犯してやろうか? と考えている。
やっぱり、顔はそこそこで大きいな乳と白い大きな尻を持つ女は絶対に男に狙われるのだ。
いずれかは、伊藤さんの奥さんは誰かに犯される運命なのだから。

私は、早速、奥さんと連絡を取り合い、妻の合意と監督付の条件を守ってSEXしている。
妻は、SEXにたまに参戦しながら、伊藤さんの奥さんのおまんこを異物をはめていじめてみたり、それなりに欲求不満を満たしているようだ。

結果として、伊藤さんの奥さんは私達夫婦のセフレとなり、伊藤さんの旦那だけが損をするというお話でした。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!