Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

相性の良いSEXに私はすっかりのめり込んでしまいました [エッチ体験]

私は保育士をしている男性です。
今からウン十年前に20歳で仕事を始めたのですが、当時男性の保育士は非常に珍しく、マスコミから取材を受けたりして注目の的でした。
新任の私は、毎日子ども達と体を目一杯動かしてあそんでいました。
というか、力量のない私はそれしかできませんでした。
保護者は当然僕より年上で、きっと私のことを「頼りない若い男」
くらいにしか見ていないと思ったのですが、それなりにがんばっている私を認めてくれ、少しづつ子どもの話や悩み事などを相談してくれるようになりました。

秋の親子遠足の時、担任クラスのお母さん(英美さん)が僕にこう話しかけてきました。

英美「先生、遅くなったんですけど、暑中見舞いのハガキ出していいですか?」
私「ええ、いいですけど…、僕の住所知らないですよね?」
英美「あっ、実は知ってるんです…。」
私「あれ? 教えましたっけ?」
英美「いえ…、とりあえず送りますから…。」

英美さんは28歳でした。4歳と2歳の子どもの母です。
20代前半に見える若々しさと、笑うとえくぼの可愛い人でした。
結婚前に銀行に勤めていたときには、わざわざ英美さんを指名して預金をしていく人がいたそうです。

数日後、ハガキが来て、留守電に英美さんからメッセージがありました。

「もうそろそろハガキは着きましたか?
電話番号と住所は電話帳で調べてしまいました。
突然こんな事をしてしまい、先生もビックリしたと思いますが、 自分でもこんなに大胆な行動にでたことを驚いています。
決して迷惑をかけるつもりはありませんので、あまり気にしないで下さいね。ごめんなさい。」

僕はとてもドキドキしました。
こんな経験はもちろん初めてだし、どうしていいか分かりませんでした。
当時遠距離でつきあっていた彼女もいたし…。

でも次の瞬間、僕は電話を手にしていました。
これが禁断の恋の始まりだったのです。

英美さんが出ました。
僕はハガキが着いたことを伝えました。

英美さんはあっけらかんとして
「ホントにごめんなさい。でもたまに電話かけてもいいですか?」
「ええ、いいですよ。」
そんなやりとりをして電話を切りました。

それから半年ほどは、職場で顔を会わせるときは、普通の園児の母と先生、電話では他愛のない話しをする友達、そんな関係が続いていました。

どうやら英美さんと旦那さんはあまりいい関係ではない様子。
愚痴ることはないのですが、言葉の端端に寂しい様子がうかがえます。

年度が替わって、5月にこんな電話がありました。
「今週末に夫が職場の慰安旅行に出かけるから晩ご飯でも食べに来ませんか?」

悩みました。
生きたい気持ちは山々だけど、新年度も引き続き担任になり、ここで家に行ってしまうと公私混同になってしまう
(電話してる時点でもう公私混同なんだけどね…)。

もしこの関係が誰かに知れたら「園児の母と不倫」なんてことになりシャレにもならない。

「予定がはっきりしないからまた連絡します。」
そういって、電話を切りました。

「もし行ったら、ご飯を食べてそのあとはもしかして…、」
そんな妄想に頭も股間も膨らんでしまいました。

散々悩んだあげく、次の日に電話をしました。
「行っていいですか?」と。

その日は夜の7時に行くことになっていました。
朝からソワソワと落ち着かないのは、言うまでもありません。
朝から2度もシャワーを浴びて、念入りに体を洗いました。
花屋に行って、バラの花束を買いました。
ビールも買いました。カッコつけようとしてバドワイザーのボトルを買ったりして…。

そして8時ちょうど、心臓の高鳴りを押さえて玄関のチャイムを押しました。
「ハーイ」
近所を気にしてか、小さい声で出迎えてくれました。
玄関に入り花束を差し出すと、英美さんはとっても驚いていましたが、
「どうもありがとう!」と嬉しそうに受け取ってくれました。

おそるおそる家の中にはいると、二人の子どもはもう眠っていました。
「今日は頑張って日中外で遊ばせて、早く寝せちゃった。」
と笑う英美さん。

やばい! 嬉しすぎ!!
今すぐにでも抱きつきたい衝動にかられながらも、我慢して、晩ご飯をごちそうになりました。

もう、めちゃくちゃうまい!!
当時遠距離で付き合っていた彼女の料理なんて問題外のうまさでした。
食べたあとはビールを飲みながら、互いの子どもの頃の話しをして盛りあがりました。
時計はもう10時近くになっていました。

話題はだんだん英美さん夫婦の話しになりました。
田舎で銀行に勤めていた英美さんは、取引先の人だった夫と知り合いました。
当時若かった英美さんは、男性とつきあった経験もなく、最初の相手だったそうです。

そして夫は会社を辞めてお店を開業。
しかしうまくいかずに間もなく閉店。
その後生まれた子どもは障害を抱えていました。

田舎にいては充分は教育を受けさせられない、と思い、今のところに引っ越しし、夫は宝石会社に就職しました。
しかしそこもうまくいかず、転々と職を変え、今に至っています。

英美さんはそんな夫に不満を持っていました。
家族は大切にしてくれる人だったのですが、物足りない思いがあったようです。

話しが途切れ途切れになり、沈黙の時間も増えてきました。
自分は英美さんを好きになっていましたが、子どものの担任でもあります。
自分はどうしたらいいのか、分からなくなっていました。

英美さんは私に何を求めているのだろう。
話し相手? それとも頼りたいの?
頭をぐるぐると思いが駆けめぐります。

そして時計が11時を回った頃、英美さんはこう言いました。
「遅いからそろそろ寝ましょう。」
奥の部屋に行き、パジャマに着替えた英美さんがでてきました。
その姿を見た瞬間、僕の中で何かが弾けてしまったのです。

手を引かれ、私と英美さんは奥の寝室に行きました。
そこはいつも旦那さんが寝ている部屋だそうです。
布団はひとつだけ敷いてありました。
布団の上に二人で立つと、英美さんは電気を消しました。
それと同時に私たちは強く、強く抱きしめ合いました。

そこに言葉はありませんでした。
でも互いの気持ちはとてもよくわかっていました。
どちらからともなく、腕の力を抜くと少し離れ、今度は唇を重ね合わせます。

長い、長いキスでした。時に激しく、時に優しく。
初めて触れる英美さんはとてもスレンダーでした。

でもお尻や胸は肉付きがよく、今までつきあっていた同年代の女性とはあきらかに違っていました。
「これが大人の女性なんだ…」
そう思いました。


英美さんは先に私の服を脱がせてくれました。
私のあそこはもう押さえきれないほど固くなっていました。
全裸になった私は、英美さんのパジャマのボタンを一つづつ外していきました。
真っ暗でしたが、月明かりでかすかに英美さんの胸や体が見えました。

「胸が小さいから恥ずかしい…」
そういって英美さんは恥ずかしがっていましたが、私には英美さんがとてもキレイで素敵に見えました。

全裸になった二人は熱く抱きしめ合いながら布団の上に倒れ込んでいったのです。
英美さんは見かけによらず、積極的でした。
私の上にのり、唇から首、耳、体、と愛撫してくれます。
時々漏らすため息のような声に、私はますます興奮しました。

フェラもすごく上手で、激しく首を振りながらしてくれます。
まるで全てを忘れるかのように、ただひたすら激しく…。
次に私が上になりました。
英美さんはとても感度が良く、耳や乳頭、背中が感じるようでした。

あえぎ声はいつも聞く可愛らしい声ではなく、ちょっと低音の大人の声でした。徐々に下の方に唇を這わせ、ついに英美さんのあそこに到達しました。
触る前に既にぐしょぐしょに濡れていました。

子どもを二人産んでいるせいか、きつい感じはありませんでした。
指を入れると激しくのけぞりながら、英美さんは感じていました。
天井にぶつぶつがいっぱいあり、そこを指でこすると、いっそうよがり声をあげました。

指を1本から2本、3本と増やしていくとますます感じてしまい、英美さんはまもなくイッてしまいました。
私の指は愛液でぐっしょり濡れていました。
放心状態の英美さんを私は強く抱きしめました。

そうしたら英美さんは固くなっている私のあそこを手にすると自分のあそこに招き入れてくれたのです。
一応ゴムは持っていったのですが、出す余裕もなく、僕と英美さんはひとつになりました。

英美さんは何度イッたかわからないくらい感じていました。
私もこんなに気持ちいいSEXは初めてでした。
どのくらい一緒だったかはわかりません。
長い長い時間愛し合った私たちは、私が英美さんのお腹に射精して、営みを終えました。
「このままずっとこうしていたい」
心の底からそう思いました。
抱き合ったままいつの間にか私は眠りについていました。

朝起きると、隣に英美さんはいませんでした。
隣の部屋で子ども達の添い寝をしていました。
そんな姿を見て、私はますます英美さんのことが好きになりました。

その日以降、私と英美さんは時間を作っては愛し合いました。
子どもが帰った後、休み時間になると、私は車で10分ほどの英美さんの家に向かいました。

ベランダが見える場所に車を止めて待っています。
英美さんは黄色いハンカチを物干しにつけたら、子どもが昼寝をしたから入っていいよという合図なのです。
家にいられる時間はおよそ30分くらいでした。

それでも週に3-4日は行って、愛し合いました。
英美さんが生理中は口でしてくれました。
「口の中に出していいよ」
そういわれたのも初めての出来事でした。

安全日には中だしもさせてくれました。
つきあっている彼女はそんなことはさせてくれません。
英美さんの大人の魅力と相性の良いSEXに私はすっかりのめり込んでしまいました。

旦那さんは朝5時30分には仕事に出るので、その時間に待っていて、朝の6時から愛し合うこともありました。
私が平日に年休を取り、子どもを園に預けている間、デートをしたりもしました。

夜に友達と飲みに行くと嘘をついて、ふたりで近郊の街にドライブに行ったこともありました。
今思うと、よく誰かに発見されなかったモノだと思います。

そんなスリリングな関係は1年以上も続きました。
私は自分のアパートの合い鍵を英美さんに渡していました。
時々私の家に来て、片付けをしてくれたり、晩ご飯を作っておいてくれたり、通い妻のようなこともしてくれました。

ある日、休日に英美さんの家に行き愛し合っていると、仕事に行っているはずのだんなさんが突然帰ってきたではありませんか。

「あー、もう終わりだ…」

私は頭が真っ白になりました。
あわてふためく私をよそに英美さんは靴を玄関から持ってきて、ベランダに隠れるように言いました。
私は片手でベルトをしめ、片手に靴を持ち、ベランダへ。

英美さんは玄関を開け、何やら旦那さんと話しています。
私はドキドキしながら待っていました。
数分してからベランダの窓が開き、英美さんが手まねきをしました。

旦那さんはトイレに入っているからその隙に外に出て、ということでした。
そのまま会話もなく、家に帰りました。

数日して英美さんと話しをすると、旦那さんは帰ってくる時は鍵を自分で開けないし、家にはいるとまずトイレに入るので大丈夫だと思ったというのです。

うーん、さすが英美さん。しっかりものだからそうなんだろうけど、英美さんにわかってもらえる旦那さんにちょっとジェラシーを感じたりする自分もいました。

なんとか事なきを得た私たちでしたが、それから数ヶ月後、今度は私のアパートで事件は起こりました。
そしてそれは私たちの関係に終止符を打つ結果になってしまうのです。

平日の昼間、私のアパートに掃除に来てくれた英美さんは、机の上にあるカレンダーに彼女と会う予定を書いていたのを見つけてしまいました。
彼女がいることは話してなかったのです。

その時はそのまま私に言わずにいた英美さんでしたが、別の日に僕の家に彼女から電話がかかってきた時に英美さんが家にいて、その電話をとってしまったようなのです。

そしてふたりで私のことを話し、なんと私がいないときに会ったと言うのです。

どんな話しをしたのかはどちらにも聞いていません。
ただその日を境に彼女とも英美さんとも会うことはなくなりました。

最後に英美さんに会って、その事実を聞かされた時は愕然としました。
英美さんは泣きながら私の頬をぶち、僕は何も言葉を返せないまま帰りました。

貰った手紙には「もうこんな風に女の人を悲しませることはしないで」
と書かれていました。
最後まで英美さんは大人でした。

それから今の妻と付き合い、結婚をし現在に至るわけですが、
今思っても英美さんは僕の中で最高の女性でした。
もう少し早く、お互い独身の時に会えていたら…、
そう思うと本当に切ない気持ちになります。

その後しばらく音信不通でしたが、数年前からは年に数回メールをやりとりをすることがあります。

「会いたいなぁ」と思ってメールでかまをかけても、英美さんはいつも大人の対応をしてくれます。

「私は本当にいい女性と出会えたなぁ」
それだけでも満足しなくちゃいけないなぁと思っています。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする