Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

顔を振り向かせ強引なディープキス[エッチ体験談]

この間、2直勤務が終わり帰ろうとしたら、パートの真須美さん(50歳)が、「忘れ物した。帰るの待って」と言うので女子休憩室前の、長椅子で座って待っていた。
「まだですか。・・」「まだ。もうちょっと待って」
更衣室の外から、真須美さんの様子を伺っていたが、しゃがんだ時の尻の形、大きさに興奮してしまい更衣室に入り、真須美さんを抱き締めた。
驚いた真須美さんは、
「何するの、やめて。こんなオバサン相手に。・・」
「真須美さんの事が好きなんです。もう我慢出来ない」

と言って強く抱き寄せた。
抵抗する真須美さんの胸を、服の上から揉み出した。

「やめてよもう!」と叫ぶ真須美さん。
年齢の割には大きく張りのある胸に興奮。
服を破り、直に胸を揉み嘗め回し、強引に唇を重ねキス。

ジーンズの上から尻を嘗め回し脱がし、マングリ返しの状態にしておまんこを舐め出した。
「そんな所、なめないでよ、こんなオバサンの」と言う真須美さん。僕は、
「真須美さんの、おまんこ綺麗だよ。・・・」と言い指マン。

指を動かしだすと絶叫と共に潮を吹き昇天。
真須美さんの髪の毛を掴み、口にチンポを捻じ込みフェラ。

咽て唾液を垂れ流しながら「もう、やめてよホントにもう」と怒った目で訴える真須美さんを見てたら堪らなくなり、壁に手をつかせ、立ちバックで挿入。

「だから、やめてったら!」と叫ぶ真須美さん。
僕は構わず腰を振り胸を揉み、顔を振り向かせ強引なディープキス。
床に寝かせ、正常位、対面座位と体位を変え真須美さんを攻め胸を揉み、ディープキス。

「もう、しつこいんだから!」とあきれた声を上げる真須美さん。

僕は「真須美さん」と名前を連呼しながら攻め、顔射。
やり終えた後、真須美さんは「ホントにもう」とか言いながら、怒ったように顔を拭いていた。

僕は、一瞬罪悪感を感じたが、胸の大きさ、形を見た瞬間堪らなくなりまた覆い被さった。
「え、まだやるの? もう疲れたわよ」と訴える真須美さんの顔を持ち、強引なディープキス。
正常位で挿入、キスを行い、顔を嘗め回し胸を揉み嘗め回し攻めていた。

途中、旦那から携帯に着信があり会話する真須美さん。
僕は、腰を動かし攻め続けていた。

我慢しながら会話する姿に興奮。会話を終えると
「もう、逝っちゃったじゃないの!」とか真須美さんが叫んでいる。
僕は「真須美さん、真須美さん」と名前を連呼しながら攻め、再び顔射。

終わった後、服装を直し更衣室から出たが、僕は我慢できず踊り場で、真須美さんをしゃがませ、口にチンポを咥えさせフェラ。
口の中にザーメンを放出。

口を拭き終えた真須美さんと、ディープキス。
迎えに来た旦那の車に乗り真須美さんは帰宅した。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする