熟女好きな俺はおばさんのオマンコに大量のザーメンを放出しましたwww[セックス体験談]

26歳です。

私は昔から大の熟女好きです。

先日、定期的にある近所の家族付き合いがある三家族で

居酒屋で飲み会&食事会をしました。

うちは俺と両親で他は子供も入れて総勢13人でわいわいやってました。

その内の家族の40代のおばさんが色っぽくてたまたま隣に座り色々話しました。

みんな飲むわ飲むわで二時間もすると酔っ払って大にぎわい。

おばさんもかなり酔っ払っていて分からないかなと思い

何気なく足でおばさんの足をツンツンすると

普通に会話しなから返してきました。

するとおばさんが私の太ももに手を置いてきたので握ると握り返してきて

これはいけるかもと思い何気なく外で話しませんかというと

コクリとうなずき携帯を見るフリをしながら個室を出て店の外へ。

2、3分しておばさんが多少フラフラしながら出てきました。

まずは「さっき調子に乗ってすいませんでした」と言うと笑いながら

「翔君、私の事気になるんでしょう」と言われ恥ずかしくて俯きながら

「すいません」と言うとビルの上に行こうと言われ

エレベーターで上がりビルの屋上へ。

いきなり抱き付かれ「いいのよ」って言われキスをされました。

びっくりして顔を背けてしまいました。

再度今度は自分からキスをし激しく舌を絡めました。

キスをしながら胸を揉んでしまい、おばさんは「あーん」って言いました。

「したいの?」って聞かれたので「うん」と言うと

「じゃあ、しちゃおうか」と言われ

パーカーの中に手を入れてブラジャー越しに乳房を激しく揉み

服を捲り水色のブラジャーのホックを外して揉みながら乳首を舐めました。

すでに固くなっていて「あーん、気持ちいいー」

って色っぽい声を出しまたキスをすると

私のアレを擦ってきて大きいと言い私もおばさんのスカートに手を入れて

ストッキングの上から割れ目を触りました。

湿っていました。

チャックを開けチンポを出して「舐めて」と言うと

ジュパジュパいいながら激しくフェラしてくれました。

イキそうになりましたが我慢しおばさんを座らせてブラウン色のストッキング、

水色のパンツを脱がしスカートの中に顔を入れおばさんの大切な部分を舐めました。

小さく「あんあん」ってずっと言ってました。

「気持ちいい?」と聞くと「気持ちいい・」って感じてました。

臭いはきつくはありませんでした。

しばらくオマンコ、クリを舐め指を2本入れて掻き回すと大きな喘ぎ声を出し、

「イッちゃうよ、イッちゃうよ、ダメっイク!」と叫び達しました。

おばさんがイクと足を広げおばさんのオマンコにあてがいました。

ヌルヌルでスムーズに受け入れました。

締まりは良く気持ちいいっておばさんが聞いてきたので

「最高だよ、おばさんのオマンコ」って言いながら

激しく出し入れし「何処に出していいの?」と聞くと

「好きなとこに出して」と言うので「中に出していい?」と聞くと

「うん」と言ったので激しくピストンし

おばさんのオマンコに大量のザーメンを放出しました。

おばさんもイッたようで「あ、翔君の精子温かい・」

と言い抜こうとしたら抜かないで

少しこのままでいてと言われ入れたままにしてました。

オマンコから抜くと大量のザーメンが出てきました。

「あー、気持ち良かった」とおばさんは言い舐めて綺麗にしてくれました。

最後に「またしようね」って言われアドレスを交換し

また時間差で何事もなかったように戻りました。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!