尻を叩いて中に入れたらユルユルですんなりと指を飲み込んだw[エッチ体験談]

人妻かどうかは分からないが数年前に熟女との情事です

その日は日曜日の夜で友人と都内で飲んでいて終電で家路についた。

駅を降りたら煙草を一服するのが習慣なので、

いつもの駅前の喫煙所へ。

平日だと夜中でも人の往来がある場所だが、

日曜の夜ということと、

直前まで小雨がぱらついていたこともあってか

駅前には人影はなかった。

さほど気にすることもなくスマホを見ながら煙草を吸っていると、

喫煙所の横を通る人影が視界に入った。

何気無く見ると、異様にスカートの丈の短い

小太りな女性が駅とは反対方面に歩いていく姿が見えた。

慌てて煙草を消して小走りで彼女の後ろ5メートルくらいの位置まで来て、

まじまじと歩いている後ろ姿を見ると、

丈が短いどころか歩いている状態で裾から黒い下着が見え隠れしていた。

年は五十路手前くらいだろうか。

太もものセルライトもたっぷりな感じで決して美人ではなさそうだ。

彼女は後ろの俺の気配に気付いたらしく、

チラッと振り向き少し歩みを遅くしたようだった。

私も合わせて歩くのを遅くして後ろ姿をガン見した。

着ている服は荒目のニットのようで、暗い中では気付かなかったが、

明るい外灯の下にくると、網目から素肌が見えた。

ブラ線が見えなかったので、

もしやノーブラかと早歩きで彼女を追い越し、

次の外灯の下で煙草に火をつける振りをして彼女を待った。

次第に近づいてくる彼女を見ると、

やはりノーブラで薄っすらと乳首が網目から見えていた。

顔は案の定綺麗ではなくおばさんだった。

彼女が俺の前を通り過ぎようとするときに、

すっと手を伸ばして彼女の尻を撫でてみた。

逃げ出せばそれまでと思ったが、

ビクッと身体を震わせて彼女は私の前で止まった。

俺はそのまま彼女の尻を撫でながら

「もっと見せてよ」と言うと、

俺の顔を一度見上げてから俯いた。

これはOKのサインだと思った俺は、

少し小さな路地に彼女を連れて行き、外灯の下に立たせた。

既に立った状態でも下着は見えていたが、

ワンピースの裾を下腹部くらいまで捲り上げると、

黒い小さな下着が露わになった。

「見られるの好きなの?」と問いかけると恥ずかしそうに横を向いた。

胸は網目から勃起した乳首が飛び出ていたので、

それを摘まんで引っ張ると気持ち良さそうに小さな声をあげた。

「下、もっと見せて」というと彼女は自分から下着を脱いだ。

下は申し訳程度に毛は残してあるが、

陰唇の辺りは剃っているようで、長めなビラビラが見て取れた。

ワンピースを胸まで捲り上げるとほぼ全裸で、

あそこに指を這わせると滴り落ちそうなほど濡れていた。

指を奥まで入れて胸を揉みながら中を掻き混ぜると、

声を出さないように自分で口を抑えながら身体をヒクつかせて、

溢れ出すような潮を吹いた。

崩れ落ちそうだったので、

一度服を元に戻して近くの児童公園まで連れていき、

今度は全裸にしてベンチに四つん這いにさせて、

後ろから指を突っ込んでGスポットをグリグリすると、

潮というかオシッコが指の動きに合わせて

ビシャビシャと音を立ててベンチに流れ落ちた。

アナルに指を入れようとしたらさすがに少し抵抗したが、

尻を叩いて中に入れたらユルユルですんなりと指を飲み込んだ。

同時に膣にも指入れして同時に出し入れすると、

腰をビクビクと痙攣させて何度もいったようだった。

ビショビショになった指を彼女の口にもっていくとペロペロと舐め始めた。

すげぇおばさんだな、

と興奮というよりむしろ面白くなって色々試したくなり、

自分のを出してフェラさせて頭を押さえつけて

「オ○ッコ出すから飲めよ」と言うと、

しゃぶりながら首を振ったが、

無理やり口の中で放○すると観念したのか

こぼしもせずにゴクゴクと飲んでいた。

さすがに挿入する気にはなれなかったので、

そのままフェラを続けさせて喉の奥でフィニッシュした。

出し終わると急に冷静になってしまい、

裸のままの彼女を置いて足早に立ち去った。

今更思えば連絡先でも聞いておけばよかったと思う。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!