未体験の快感がうねりを上げながら・・[セックス体験]

業務スーパーK

閉店時間こそ早いが、

浮いた人件費分を商品の割引にまわしているので

近所の主婦層には人気があるのだ

一つ隣の駅から近い社宅に住む高藤未央。

黒いショートヘアーで切れ長な目が印象的だが

とびっきり美人というほどではない。

旦那もごく普通の会社員であり、

二人は昨年の夏に結婚したばかりの新婚カップルであった。

そんなかわいらしい若妻。

山下未央24歳。

身長150。

彼女は一人で社宅にいるというストレスからか、

スーパーで万引きをしてしまったのだ。

そして未央はテレビで見たのと同じく店の外で肩を叩かれ、

事務所に連れて行かれてしまった。

向かいのパイプ椅子を指差して座るように促されると、

静かに事務所内に入って腰掛ける未央。

うっかりバッグに入れた、という言い訳は通じなかった。

「大変…申し訳ありません」

謝罪の言葉を口にしながら深々と頭を机すれすれに下げる。

「まあ顔を上げてください。

われわれもあなたの人生を狂わせたくないし、

もう二度としないならそれでいいのです。ただ…」

一瞬ほっとした未央は、会話がまだ続く気配に顔はげられずにいると

「店側としても何もペナルティを課さないというのも

後々問題になることが考えられるので。

本日、未央さんに反省とスーパーの苦労を知ってもらうために少し働いてくれますか。

7時の閉店後にね。」

突然の申出に驚くが、

それくらいで許されるなら旦那にばれるよりも数段マシだと考え、

「どんなことをするんですか?」

「簡単な作業です。

閉店後30分でアルバイトスタッフがいなくなるので、

我々と片付けや商品の整理を2時間程度、手伝ってもらいます」

2時間なら9時半までだ。

彼が帰ってくるのは早くても11時、十分時間がある。

「わかりました。

お手伝いさせていただきます」

と言うと顔を上げて、店長を見やると用意していたのか店のサンダルを貸してくれる。

「着るものはないのでそのワンピースのままやってもらいますが、

ハイヒールでは動きにくいですからね」

受け取り、履き替えてしばらくぼうっと座っていると

「そろそろ閉店後30分立ちましたから

パートの従業員も帰ったみたいですし掃除などはじめましょうか」

デスクワークをしていた店長が立ち上がり、待たされていた未央を振り返る。

店長と、共にいた男性店員二人もついていくので慌てて立ち上がり店内に入っていく。

(閉店後の店内ってこんなにひんやりとして静かなのね)

と思いきょろきょろしていると

「では、始めましょうか…」

入り口のシャッターを下ろし終わった店員が店長の声を受け、

いきなり未央の背後から首と腰に手を伸ばし未央の体が地面からはなれていく。

「きゃぁっ!…え…なに??…」

未央は突然のことに驚き、かすれ声をあげて必死に体を揺する。

未央は重量用の台車に仰向けに押さえつけられ、

手押しの両端の付け根にレジ袋を使って手首を縛られてしまった。

台車には毛布が何枚か重ねて敷いてあった。

レジ袋は手首を動かし引っ張ると締まるので外すことは不可能だ。

未央が身体を丸めようとすると、

二人の店員が左右から膝を押さえて仰向けに固定されてしまった。

「本当は台車には人間を乗せないんですけどね、ほら、万引き主婦には商品の大切さを知ってもらうために、商品と同じ扱いをしてあげないといけませんからね。」

「ちょっと…ほどいて!話が違う。

いやです。

こんなの。

今なら誰にも言わないから…」

必死の声で抵抗する未央に対し、

「警察に突き出されなかっただけありがたいと思いな」

と若い店員が強い口調で言い放つ。

「さて、では商品の気持ちになって貰いながら店内の巡回をしましょうか。」

台車が押され、商品が両脇に並ぶ通路を進んでいく。

台車の車輪が大きいので移動の音が無く、

かすかに車両の行きかう騒音が聞こえてくる。

未央の視界はいつもと違う。

下から見た陳列棚、男たちの脚は近く、顔と鉄骨むき出しの天井が遠い。

「なんで?なんでこんなことを…ちょっとほんとに…おろしてよ」

自由の利く足をばたつかせて抵抗する未央。

ワンピースがまくれショーツと

その上のおへそが見える素足に男たちの視線があつい。

「キャー、怖い、怖い。止めてえー」

若い店員が台車を思い切り押して手を放すとその重さでスルスルと台車が走って行く。

低い視線で台車が走ることは恐怖だ。

未央が怖がることが面白く、若い男と中年の男が台車のキャッチボールを始めた。

台車の走る距離は段々長くなる。

「危ないなぁ。

足を外に出したら怪我するだろ?」

2人の店員は台車を止めると未央の足首を押さえ、

一本ずつ、手の縛られているほうに折り曲げ、

手押しの左右の上部に足首もレジ袋で固定する。

「いや!痛い…痛い…」

無理に押し曲げられ、手すりに足首までも、

つながれてしまったため腰をふることしかできない。

「いい格好になってしまいましたね。

マングリ返しっていうんでしたっけ?おへそは見えなくなりましたよ」

そういわれて未央は視線を下に落とすと、

特に気にせずに履いてきたレースが縁を飾るピンクのショーツがあらわになっており、

思わず

「いやぁぁぁ」と叫び声をあげてしまう。

「まあ、叫んでも誰もきませんが・・・少し静かにしてもらいたいものですね」

と耳元でささやくが全く未央は叫ぶのをやめない。

「これじゃ、うるさくていけませんね。」

丁度、横に設置してあるアイスクリーム販売用のケースから雪見だいふくを取り出すと

1つを手に持って、叫び声をあげる未央の口内に捻じ込む。

「んん…うぐぅ…」

いきなり口内に異物が入れられ叫べなくなった未央は呻き、

それを吐き出そうとするが手でふさがれてしまう。

飲み込もうにも飲み込めずに苦悶の表情を浮かべる。

「やっと静かになりましたね。

今度騒いだら…」

そのまま台車は店の奥へと進んでいく。

口の中で溶けた中身のアイスは徐々に口の端から流れ出し、

一筋の白い線を作ると、

妙にいやらしく見え三人の男たちの情欲に油を注ぎ燃え上がらせる。

「口の端から液が垂れていやらしい顔になってきましたね奥さん」

ニヤつきながら店長が指で頬を触り、

ようやくアイスが溶け、残った餅を嚥下した未央が

「ケホッケホッ…ん…ぷはぁ…どうすれば許してくれるのですか?」

四肢を固定され絶望感を感じ、

早く解放されたい一心で哀願するような目つきで尋ねると、

「最初に言いましたよね?店内の整理が終わったら、です。

さあさっさとやらないと。

まずは賞味期限切れの加工食品の処理からですね」

カートは揺れながら食肉コーナーの横の肉加工品コーナーに止まり…

「店長!これ賞味期限がきています。」

若い店員が嘘か本当かはわからないが、魚肉ソーセージをつかみ、見せると

「じゃあ処理しちゃいましょう。勿体ないですが商品の鮮度は重要ですからね。」

その言葉を受けて顔をいやらしく歪めると若い店員は未央の乗る台車を見下ろした。

「今日はカゴがないから…どこに乗っければいいかな?ここか?」

ショーツの食い込む割れ目に合わせてソーセージを擦りつける。

「ひゃぁ…何するの…いやよ。

そんなところ…触らないで」

未央はようやく自分の危機がかなり現実化していることを感じる。

未央は上ずった声をあげるが、

若い店員はさらにそれをまるで大人のオモチャのように

グリグリとショーツ越しに押し付けていく。

「ほら、そこの穴に挿しちまえよ。

そこのチューブ入りバターも期限切れだ。

ソーセージの先の金具は食いちぎれ」

ぶっきらぼうに台車を押す中年の店員が言うと頷いて、

未央の秘部を覆うたった一枚の布がずらされ、

袋から取り出された魚肉ソーセージが突き立てられる。

グップププッ…。

飲み込まれていく目の前のソーセージを直視することなど未央にはできず

「ああっ・・・嘘でしょ・・・無理…入れないでお願い…」

焦点の合わない目で天井を見つめながら声をあげるが、無視され台車は転がされる。

「なんか股間から生えているみたいでいやらしいですね」

店長は笑いながらいうと、携帯のカメラでその痴態を収め、

ディスプレイに移る股間から生えたソーセージを未央に見せてくる。

「いやぁ…見せないで。

みたくない。

あんたたち頭おかしいわよ。

絶対警察にいってやるから。」

「ほう。

いいですけどね。

忘れないでくださいよ。

あなたが犯罪者だからこんな仕打ちを受けていることと、

この写真は指の動き一つで全世界にばら撒かれることをね。

顔もばっちり映っていますよ。」

未央は言い返せず黙り込んでしまう。

中年店員がワンピースを破り脱がし、ブラも引きちぎった。

「わぁ、意外にきれいな胸だな。

旦那とやりまくりで黒いかと思っていたけどな」

若い店員はひざまずいて未央の乳房をなめ始めた。

「ばかじゃないの?んん・・・きもちわるぃからやめてよ…くはぁゃ・・・」

まだまだ強気でいる真美だが口答えをするたびに

店長が秘部に差し込んだソーセージを抜き差しして、虐めるので声を漏らしてしまう。

中年店員がもう2本ソーセージを取り出して1本を若い店員に渡す。

三人は、未央を取り囲むように床に座って、

それぞれのざらついた舌を肌に重ね、かわるがわるソーセージで未央を犯し始めた。

「もう…お願いです…許してください・・・ぐぅぅ…」

唇をかみ、必死に声を出さないようにするが味わったことのない

三人の舌が肌を蠢く快感によって本能がむき出しになりそうで。

(いや…こんなので感じない…ぜったい…)と心で呟くが、

ピチャピチャと音を立てながら舐める男たちが一斉に乳首、秘部に舌を這わせ始めると

「ひゃぁぁん、だめ、だめよ…ぁあ…」

我慢してきた快感の波に押し流され、乳首は刺激によってたち、

秘部を舐めていた店長が執拗に陰核を刺激するので、

陰核は肥大化して赤くコリコリしてくる。

「ん?なんかしょっぱいですよ。

ああ、奥さんからあふれできている液体ですか。」

秘部はバターとソーセージに加え、

執拗な舌技でトロトロになってしまっていて、

それを舌先でジュルジュルと音を立てながらすするのが未央の耳にも届き、

耳まで真っ赤になってしまう。

「こっちはやわらかくておいしいっすよ。」

若い店員。

同時に、中年の店員もぎらぎらした顔を上げる。

「こっちはキリ無くあふれてきて大変ですよ」

と店長が口を離して言い、ニ人の店員も移動し、

ソーセージをかじりながら、トロトロになった秘部を凝視する。

「やぁ…はずかしぃ…ひゃあ・・・」

恥辱にまみれ、体は唾液でグチャグチャにされ、涙を流す未央。

その痴態を三人の男たちに撮影され、

シャッターの電子音がするたびにビクンとなる。

「とらないで・・・お願いですから・・・」

強気な言動ももはやできず必死に哀願するが、

男たちは容赦なくその姿態をスマホに収めていく。

「おっともうこんな時間ですね。」

腕時計に店長が目を落し、

「在庫整理はこんぐらいっすかね?変な時間に食べたから太りそうだな。」

その腹を気にするようにさすりながら若い店員がいうと

「じゃあカロリーを燃焼させてからあがりましょうか」

と店長。

まったく意味がわからずただただ、

呆然とする未央だったが男達が

自分のファスナーに手をかけるとすべてを察して恐怖で顔が引きつる。

「それだけは…ぃや…ぜったいに…あなた達のなんて…」

最後に残されたわずかなプライドを守るために必死に叫ぶ未央。

「そういわずに最後はメタボ対策の運動に協力してくださいよ。」

目の前に並ぶ隆起した3本の肉棒。

先ほどのソーセージとは比べ物にならないくらいの存在感がある。

「奥さん。

もう我慢できなくてさ。

旦那と違うのもいいかもよ」

おどけた調子で若い店員がはしゃぎ、

自分の肉棒を見せつけるように未央の太ももに押し付ける。

「年功序列ってことで私からいきますよ。

ソーセージのカロリー消費で」

店長は未央の足首のレジ袋を解くと、

脚の間に膝まずいて割れ目に肉棒を押し当てた。

「ああ、また店長の後か」

中年の店員が呟き

「早くしてくださぁいよ店長!」

「台車を押さえてくださいよ」

と店長が叫ぶ。

「いやぁぁぁ・・・だめ・・・せめてゴムを・・・んん・・・はぁ・・・」

店長はすべてを奥まで突き入れるとゆっくり引き抜いてすぐ奥までつきいれる。

「いい運動だ!しまりいい穴だぞ。

やっぱ若い人妻は違うな。」

「ん…ぁぁん…あぁっ…」

膣壁と肉棒がこすれるたびに甘い声を漏らしてしまい、

「奥さん暇ならこれをさー」

未央をまたいで中年店員の肉棒があてられ、その熱気が唇を通して未央に伝わる。

下半身に肉棒を受け入れながらも頑なに首を振り

拒否する未央の髪の毛を掴み、若い店員が固定すると、中年の店員が鼻を摘む。

「……ぷはっ…はぁ…んぐぅぅ…」

息ができなくなり、口で息をしたと単に、

あまり洗ってないのか異集のする中年店員の陰茎がスルりと潜り込んでくる。

「んんー…ぐぅ…」

「歯をたてるな!きちんと舌使えよ!」

中年の店員が喉奥を抉るように腰を使う。

「んぐぅ…うぅ」

口の中を汚い陰茎で攪拌されながら、咽頭を突かれ不快感が込みあがってくる。

「とりあえず抜いとくか。」

「だいじょうぶっすか。

口でいっちゃって?」

若い店員が頭を抑えながら茶化すと

「大丈夫!孕ませる種はとっておくよ。

うっもういくぞ!!」

グプッゴプッ…

いきなり腰のスピードが速くなり、

咽頭を激しく疲れながら未央の目からは涙がとめどなく溢れる。

急に動きが止まったかと思うと、

青臭い精液が口の中に放たれ、喉元に絡みつく。

「ふぅぅ」

余韻を楽しみながら口内に残り汁をしごき出す。

未央は、

「ごほっ…ぐぇぇ…げぇ…ごほぉ…うぅ…」

動けないので精液が喉元にかかる。

「おい!?何吐いてんだよ?勿体ないだろ?」

中年店員が強い口調でいいながら未央の髪の毛を掴むと、

「ごめんなさぃ…ごめんなさぃぃ…ごほっ・・・んぐぅ・・・」

あまりの恐怖とありえない扱いにもう自失してしまい、ただ謝る未央。

「仕方ないなぁ。

店長!仕置きたのんますよ」

「では…そろそろ着床させてあげますよ」

…店長が腰を振り、秘部に打ち付ける湿った音だけが響き渡る。

突然、膣内に嵌っていた肉茎が大きくなるのを感じ、

「もしかして…それだけわぁぁ…無理、無理、無理…外に、そとぉにだしてぇぇぇぇ」

射精が近いことを感じとり、絶叫する未央。

その甲斐虚しく一番深く刺さったところで動きを止めた店長が、

相当に溜まっていたと思われる量の子種を子宮口に浴びせる。

「・・・はぁ…はぁ、すっきりです。

あっまだ一人出してないのがいますね。」

肉棒を抜きながら若い店員の方に目をやる店長に対して

「待ちくたびれましたよ!さあ楽しもうかな。」

中に注ぎ込まれたことで絶望が深くなり、

それを秘窟から流れ落ちる精の感触で現実のものと感じ、弱弱しく

「もっ…もう…やめてくださ…ぃ…中には出さないで…」と哀願する。

「ん?中やなの?わかったよ。」

若い店員はなぜかあっさりと応じ、

店長と場所を入れ替わると、まだ未経験の、未央の菊門を指で撫でる。

「まっ…まさかぁ…そこはムリ…で…す、したこと無いから…」と呟くが、

「中はやなんだろ?ここなら安全だよ。

バター、バターっと」

さきほどのチューブ入りバターを菊門にあて、押し込んでなじませる。

「お前も好きモンだな。」

それをみながら、中年店員が未央の乳房を弄りながらいう。

「ほ…ほんとっに…ムリです…からぁ…」

「うるさいなぁ。

もう挿れるよ」

菊門をこじ開けるようにバターでスムーズに蹂躙していき

「さすがぁ初物!しまりが違いすぎ!」

若い店員が喚起の声を上げ、抜き差しを始める。

「いたぁぁ…いたっ…動かないで…さけちゃぅぅ」

悶絶する未央を他所に、未経験だったアナルが次第に拡張され、

シワを押し広げるように陰茎が掘り進める。

バターで滑らかになった肛内を抉るように硬く怒張した肉茎が抜き差しされ、

「ふぐぅ…あっ…あぁん…」

ほぐされ痛みも薄れ、未体験の快感がうねりを上げながら

押し寄せてきて抗うことができず、淫らに甘い吐息を吐いてしまう未央に

「おっ、気分だしてんじゃん。

実はこっちの穴の方が好きだったりして。

家帰ったら旦那にもほじってもらえよ。

マンネリ解消かもよ?」

とピストンを繰り返しながら若い店員が囁きかけてくる。

「ぅう…ふぁ…もうダメ…ぁぁあ…」

未央がそれまで抑えていた何かは決壊し、プライドは壊れ、

ただ男の肉と自分の秘肉がこすれるたびに喘ぐメスになってしまう。

「ぁぁ…お尻…はひぃめてなのにぃ…なんでぇぇ…あぁん…ふぅん…」

自ら腰を動かし始め、もはや縛る意味が無いと気付き、中年店員がレジ袋をほどく。

1時間ぶりに拘束から解かれるがまだ脚は若い店員によって上げさせられている未央。

「しっかり掴まれよ。」自分の首に細い腕を回させると、

反射的に未央はしがみついてしまう。

「おい!俺も中で出したいからよ。

おまえがここで仰向けに後ろ向かせて持ち上げてくれよ」

中年店員が段ボールを台車の横に敷いた。

中年店員に促され、若い男は未央を後ろから突き立てて抱きしめると、

そのまま持ち上げ回転させると、段ボールの上にあおむけになった。

未央も若い店員の上で仰向けだ。

未央が若い店員の上から逃れようとした時、

中年店員が、膣口に肉棒を当てるとズブブと卑猥な音をさせながら捻じ込んだ。

「ひゃあぁぁ…やめてえ。

まえから…うしろからも…こんなの…ない…よぅ…中でこすれちゃう…」

もはや膣内に出されることの恐怖など忘れたかのように、

涎をたらし、中年店員の首に自分から手を回すと肉欲に身を任せてしまう未央。

「ほら!ニ穴同時にほじられていい気分か?万引き奥さん?」

体を揺らすように動かされ、奥まで両方から刺激され、

「だ、だめ。

おくまで…ぁは…あぁん…」

首に巻きつく腕に力が入るたび、満足そうに中年店員は腰を動かし、

「奥さん、きちんと受け取れよ!」

「こっちもだ…くっ…」

ビュルっ…ドププッ…ゴプ…ゴプ…

「ぁぁ〜すごぃ…すごおぃよぉ…〇〇ちゃん、ごめんなちゃい。

たくひゃんみたされて…くるぅ…ぁあまなも…まなも…」

ニ穴を攻められ、射精とともに絶頂を向かえ

膣を小刻みに痙攣させながら何度も何度も…

言葉にならないことを口から漏らす。

「ふう。

けっこう重いんだぜ。

ご馳走様。」

若い店員が肉棒を引き抜くと菊穴から白い肉汁がたれた。

「わるい、わるい。

奥に出したかったから、体重かけてしまった」

続いて中年店員が肉棒を引き抜いて未央を持ち上げると再び台車に乗せた。

「ぁぁん…ふぁぁ…んん…」

まだ喘ぎ声を上げている未央にずっと行為を

携帯のムービーで撮影していた店長がそっと

「終わりですよ。

あっこれスマホに送りましたから、帰ってから見てください。」

所持品とともに真っ暗になった駐車場に台車ごと運び出される未央。

「あ。

それとバレ無いようにきちんとこれをきて帰ってくださいね。

下着は無くっていいでしょう。」

バサッ…商品のTシャツとジーンズが台車の横に捨てるようにおかれた。

「あ、これレジを通してないけど大丈夫だよ。

プレゼント!」

若い店員は使い残ったソーセージを白濁汁の垂れ続ける菊門にさしこむ。

「まだ残っていましたね。ははは」

店長が乾いた笑いを残し、散々未央を弄んだ男達は、車で帰っていった。

未央は呆然と座り込んで台車から降りようとしなかった。

(しばらく後に正気を取り戻し家にきちんと帰った未央は、

自分のスマホでムービーを再生したが、ひどい行為に目を背けてしまう。

未央は男達からまた電話がかかってくるのを脅えながら、

しかし心のどこかでは、彼では埋められない疼きをかかえてしまった)

フィクション よい子は真似をしないように。



ブログランキング参加中です!
ブログランキングに一票いただけるととても励みになりますm(__)m

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!