中指をゆっくり出し入れすると愛液がドクドクと溢れてきた[セックス体験談]

職場に入っている清掃業者の新人女性と肉体関係になった。

きっかけはその女性の研修が終わって、

初めて一人でオフィスの清掃をしているときだった。

コーヒーメーカーのサーバーを割ってしまい、途

方に暮れているようだった。

「すみません。弁償しますから上司には言わないで下さい」

「あっ、大丈夫。私が壊したことにすれば」

「ありがとうございます。上司に見つかったらクビになりそうで・・・」

それ以降、始業時間よりも早く出社し、

色々会話をするうちに親しくなった。

32歳でバツイチ。

5歳の女の子が一人。

離婚して1年、離婚理由は夫の浮気と暴力。

子供を実家に預け夕方まで働いている・・・

などなど、色んなことを話してくれた。

小柄でスレンダー、32歳の子持ちとは思えない姿に好意を抱いていた。

ある日「サーバーを割った時のお礼をしたいんですけど」と言うので、

「夕食を作りにきて欲しい」と言うと、

次の日曜日ならということで約束をした。

約束の当日、ジーパンにポロシャツという姿でマンションに来た。

食事を済ませ、一緒に後片付けをしているときだった。

食器を洗っていると突然シクシク泣き始めた。

「どうしたの?」

「なんか久しぶりに楽しい1日で・・・」

と言葉を詰まらせていた。

後ろから抱きしめ、

ポニーテールのうなじにキスをすると、

ゆっくり振り向き、抱きついてきた。

舌を絡ませあい、激しいキスをした。

「お願い、抱いて」と言うので、

寝室へ抱き上げて連れて行った。

ポロシャツとジーンズを脱がせ、ベッドに倒れ込む。

「2年ぶりなの、優しくして」と、

キャミソールとブラを脱がすと、

下腹部には帝王切開の傷跡があった。

乳房は元々小さかったのか垂れておらず、

乳首が大きく立っていた。

乳首を吸いながらショーツの上から触ると小さなシミを作っていた。

クリトリスを指先で擦ると

「アッ・・・ウッ・・・」と感じていた。

ショーツをゆっくり脱がせ、

脚を開かせると、小ぶりのオマンコが口を開いていた。

親指でクリトリスを愛撫しながら

中指をオマンコに入れると

「アァッ感じる」と喘ぎ始めた。

中指をゆっくり出し入れすると愛液がドクドクと溢れてきた。

「アナタの舐めさせて」と言うので、

全裸になり彼女の顔を跨いだ。

彼女はペニスにしゃぶりつき、

私はオマンコを舐めた。

「お願い入れて」と言うので、

コンドームを着けようとした。

「今日は大丈夫だから着けないで」

「ナマでいいの?」

「ナマが好きなの」

と亀頭を押し込んだ。

「あぁっ」

「痛い?」

「違う、感じるの。もっと入れて」

ズブズブッと一気にネジ込んだ。

帝王切開で出産したせいか

オマンコの締まりは最高だった。

ズコッズコッと腰を動かすと、

「ダメっ、そのままじっとしてて、もうイキそう」。

「いいよ、イッテいいよ」

と根元まで押し込んでペニスで中を掻き回した。

「あぁっあぁっ、ウッ」

と、数分でイッテしまった。

その後、たっぷりオマンコに中出しをした。

「これから時々こうして抱いて。結婚してって言わないから」

「私でよければね」

「彼女いるの?」

「いないよ」

「じゃ~彼女が出来るまでね」

時々どころか、週に2回と昼休みにシテいる。



ブログランキング参加中です!
ブログランキングに一票いただけるととても励みになりますm(__)m

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!