私は、みるみるうちに濡れはじめ・・[セックス体験]

会社に出入りする業者さんのA君とは、

顔を合わすと世間話をしたりしていて、

ある日・・・会社帰りに偶然会って、

話しをしている内に飲みに行く事に・・・

お酒も入り、話しは下ネタに・・・

A君・・・凄く真面目なタイプで

まだ童貞だとは前から聞いていました。

すっかり話しも弾み、

終電ギリギリになる頃・・・

A君の家が近くだと知り、

泊まらせてと言いました。

A君なら、変な事もないだろうと・・・

酔った頭で考えていて・・・。

A君の家に着きシャワーを借りた後、

お客さん用の布団がなかったので・・・

まぁいいかと思いA君のベッドで一緒に寝る事に。

同じベッドで密着していたら・・・

段々Hな気分に・・・

A君も、緊張した様子でした。

私は思わずA君の方を向くと今にも唇がくっつきそうな距離・・・。

私はそっとキスをしました。

A君はされるがまま・・・

私から舌を入れ、

ようやくA君は舌を絡めかえしてきましたが・・・

自分からはどうしていいのかわからない様子で。

私はA君に抱きつきキスを続けていると、

A君の下半身はカチカチになっているのに気づきました。

スウェットの上から触ってみると・・・

ビクッと反応するので、

スウェットをずらしてみました。

パンツの上から触るとパンツまで湿る程、

ヌルヌルに我慢汁が・・・。

私は自分でシャツを脱ぎ、

下着姿になるとA君の手を胸に・・・。

ぎこちなく触る手にもどかしさを感じ、

全部脱がせてと言いました。

私もA君のスウェットとパンツを脱がせました。

そこで初めてA君は乳首に吸いついてきました。

私はA君を下にし・・・

上にまたがると、

おちんちんにスマタ状態で

ヌルヌルと下半身同士を密着させました。

A君・・・喘ぎ声をあげています・・・。

私は入れちゃおうか?

そう言うと、A君は・・・お、お願いします・・・

と息をハァハァさせ自分から腰を動かし

私のアソコにあててきます。

その瞬間ヌプ・・・先っぽが・・・

A君は、ああ・・・う・・・う・・・

凄い反応・・・

私は一気に奥まで腰を落としました。

そして、ヌプ・・・ヌプ・・・

上下に腰をふり始めたら・・・

一際大きな声で、

あっ!ああ~っ!う・・・う・・・!!

私の中で、ドクン・・・ドクン・・・

ビックリする位に勢いよく精子が出されたのがわかりました。

A君・・・?!中に出しちゃったの?!

ご、ごめんなさい・・・

あまりの気持ち良さに我慢が出来なくて・・・

出すつもりはなかったのに出てしまいました・・・。

A君から離れティッシュで拭いたりしている内に

みるみる回復するA君・・・

今度は僕が上になっていいですか?

A君が上になると固くなったおちんちんを、

アソコにスリスリ当ててきます。

私は、みるみるうちに濡れはじめ・・・

A君は私の位置を手で確かめながら

中に入れてきました。

まるで動物のように・・・

腰を激しく動かしてきます暫くすると、

で、出ちゃいそう・・・です・・・

どうすればいいですか・・・?

泣きそうな声で尋ねられ、

一回も二回も同じ・・・

もういいやと思い、

このまま・・・いいよ・・・

そう口にしていました。

二度目の中出し。

そして、裸のまま・・・

A君が回復すれば挿入・・・中出し・・・

を四回繰り返し・・・

朝方、シャワーを浴びると

A君はアソコを舐めてきました。

ぎこちなく舐めるA君ですが・・・

クリを吸われたり・・・

私もイキました。

そしてすっかり空も明るくなった頃・・・

五回目の挿入・・・

結局朝まで寝ずに・・・。

A君は着替えようとする私の体を、

全身くまなく舐めまくり・・・

時間ギリギリまで私を離しませんでした。

もの凄い精力と体力・・・

おちんちんも太いし

私も又A君としたいと思っています。

次はちゃんと安全日に・・・。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!