彼は私の中にいっぱいの体液を放出して果てました [エッチな話まとめ]

こんなこと誰にもましてや

主人や家族とても話せませんから

ここで告白させて下さい。

結婚20数年の兼業主婦50才です。

先日、元同僚の彼

(と言っても職場が変わってからは、

メールのみのお付き合いが3年程でした。

彼は52才で既婚)

と温泉地へ紅葉狩りの1泊2日の旅行に行きました。

勿論、家族には出張と言いました。

旅行のきっかけは

私が最近家族や主人の不満をメールしていたためか、

或いは心に隙があったのか。

私の中で彼が好きだったのは事実です。

さんざん迷った挙げ句”OK”しました。

日が近づくにつれドキドキ感でいっぱい、

家族に悟られないようにしました。

この歳まで不倫どころか男性は生涯主人一人しか知らない私、

「本当に行くの?」

と自身に問いかけ、

でも最近主人はかまってくれず寂しさもありました。

当日、朝早く家を出て待ち合わせの場所に行くと

既に彼は待っててくれています。

高速を走り、紅葉狩り、お互い何時しか夫婦気分でした。

こんな楽しい時間は最近では全くありませんでした。

旅館では彼が夫婦としてチェックイン。

すぐに温泉に浸かり館内レストランで食事。

食後のコーヒーを飲んでいる時、

「はっ」と思いました。

部屋に戻れば、と思うと…

仲良く二組のお布団が並んで敷かれています。

彼は「レストランは暖房効きすぎ、汗バンバー」と言いながら

部屋のお風呂に行きました。

私はこの後を考えるだけでドキドキ、

明かりを枕元の行灯だけにしてお布団にもぐっていました。

ほどなく彼がお風呂から上がってきて

「もう寝ちゃたの」

「起きてるよ」

と背中向きに返事をしました。

「横に行ってもいい」

「はい」

隣にきて抱きしめられました。

「ゴメンネ、ゴメンネ私…」

「分かってる、軽い女と違うこと位」

「恥ずかしいから暗くして」

私は彼に全裸を曝しました、

彼も全裸になりました。

「見てみる?」

と彼のモノが口元に、

私は思いっきりほお張りました。

でも「私のあそこは恥ずかしいから見ないで」と。

しかし彼の指は許していました。

そう、指だけでいかされていました。

彼が上に来て

「挿れるよ、いい」

「はい」

私の中に彼がきました。

大きいとかそんなことどうでも良かった。

私は一人の女になっていました。

さんざん子宮を突かれ再びいかされました。

「もう少ししか我慢できない」

彼の言葉に私は気がつきました。

無防備だと。

「出して欲しい所言って、お腹、足、お口、どこがいい」

「どこに出したいの?」

「あなたの望む所」

「そんなの分からない」

「じぁ、お腹にしよか、もうすぐだからね」

彼が

「いきそう、いきそう、抜くよ」

私は何を考えたのか

「抜かないで、このままお願い」

「えっ」

と彼、私は彼に足を絡め

両手は彼を離すまいと抱きしめていました。

「いいんだね」

「いいよ」

彼は私の中にいっぱいの体液を放出して果てました。

そそ夜は、

彼の体液を入れたまま体は彼に抱きしめられ眠りました。

翌日、再び観光をして帰宅しました。

その後、彼とは連絡していません。

とても楽しかった思い出、

「ありがとう」


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!