自分の頭の中で好きなAVのシーンを妄想しながら突きまくるwww[エッチな話まとめ]

今日、20歳♀と面接してきました。

事前に画像はもらっていて、

ちょいブスぐらいかな?

と思いながら行きました。

駅で待ち合わせたところ、

いくら待っても来ない。

帰ろうとする→メールが来る。

の繰り返しでなんと三時間経過…。

それだけ飢えていた自分なんですが、

やっとのことでご対面。

徐々に近づいてみると…

ん??なんか変じゃねーか?

例えるなら…

松井秀喜を上から潰して、

肉を付けた感じ。

肌は荒れ荒れでした。

で、一瞬どうやって帰ろうか考えました。

しかし、すでに逃げれる距離でもなく、

そのままご対面。

むこうはものスゴい乗り気らしく、

テンション高め。

ホテルまでの道のり

「私、ブスでしょ~?」

とそんな気持ち微塵もない感じで何回も聞いてくる。

ブス過ぎて言葉出ない自分(*_*)

ホント~に逃げたかったんだが、

慣れた感じでゴジ子の行きつけのホテルに到着。

そのまま入室…。

部屋は年末ってこともあり、高め。

しかも急に金ないとか言って、

九割こっち持ち(–;)

部屋に入ると、とりあえずテレビ見る。

いろいろ個人情報を探ってくるゴジ子。

テレビがん見でシカトしまくる自分…。

我慢できなくなったのか、

目の前で挑発してくるゴジ子。

自称巨乳という話どうり、

確かにデカい。

腹もたっぷんたっぷん。

最初は気持ち悪い…

と思っていた自分だが、

三時間も待った性欲がだんだんと復活してくる。

もう顔は見ないことにした自分。

そのゴジ子の胸を揉みまくり、

ブラを強引に取る。

その間ゴジ子はあえぎ続ける。

声だけは意外と良い。

胸が感じるらしく、

すぐに乳首が堅くなる。

早く入れたいので、

そのまま手マン。

すでにゴジ子は洪水状態。

1、2分手マンしたあと、

フェラを命じると、

喜んでくわえるゴジ子。

そこで異常発生異常発生…

なんと超絶のテク!!

これまで10数人にフェラされてきたが、

ものスゴい上手い…。

不覚にもイキそうになり、

やめさせようとしたが、

勝手にパイズリに移行するゴジ子(・・;)

もうモードに入っているので、

「イキそうなんだけど…」と言うと、

ゴジ子「えっ?じゃあ顔にかけて」

という信じられない答え…。

そのまま3日溜めたおれのをゴジ子の顔面にぶちまけてやった。

ブスに顔射すると、かなりスッキリする。

ゴジ子は顔に付いた精子を舐めながら、

自分の股をさわりながら、

「こっちにも頂戴」と言い出す。

「えっ?(゜Д゜)」

という状態になりながら、即復活するおれ。

会う前の約束どおり、生で挿入。

中は…意外と締まりがあり、

生だけあって気持ち良い。

股を開かせようと、

足を持つとすね毛を剃って一週間ぐらい放置したのか、

ジョリジョリ…

そこで若干萎える自分(=_=;)

相変わらずゴジ子はあえいでいる。

胸と腹がタプタプ揺れると、またまた萎える。

しかも、キスを求めてくるゴジ子……。

それをかわしながら、バックに移る。

ゴジ子はバック初らしく、照れた顔を見せるが、

顔をガン見すると萎えるので、シカト。

バックにしたのはいいが、

ケツが…ケツがデカいし汚い(*_*)

これ以上萎えると本当に萎えるので、

自分の頭の中で好きなAVのシーンを妄想しながら突きまくる。

ケツを叩くと「痛いよぉ」と言いながら喜ぶゴジ子。

もはや限界が近づき、

「どこに出して欲しい」と聞くと

ゴジ「口…中でもいいよ」

おれ「マジで?出しちゃうよ?」

ゴジ「いっぱい出して」

というやり取りした後、

思いっきり中出し(・∀・)

中出しした瞬間、我に帰った…(=_=;)

ホテルの時間はまだ一時間以上残っていたが、

用事があると言って帰ってきた。

中出しは…できてないことを祈るちなみにその子はぽっちゃりです。

いくら相手がモンスターとはいえ、

完全に性欲にのまれていて、

とんだ不細工とやってしまったことに後悔、絶望。

すさまじい自己嫌悪。

修羅場を経験してなんとか帰りました。

ただそれからメル友を作ってセックスするということに

異常な興奮を覚えるようになりました。

その女とはそれっきりですが、

今思えばセフレにしとけばよかった。



ブログランキング参加中です!
ブログランキングに一票いただけるととても励みになりますm(__)m

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!