私の膣奥はまだ男の射精の律動を覚えていて震えていました[エッチ体験談]

ちょうど8年前くらいの夏の事です。

暑かったのでビールを飲み過ぎて、

ふらふらになりながら帰宅する途中の出来事でした。

駅を出て家まで歩いていると、

さすがに飲みすぎたせいかオ〇ッコしたくて

我慢できない状態になってしまいました。

途中の公園で用を足そうと思いふらふらと公園内に入り、

奥のトイレに向かいました。

とその時でした。

後ろから誰かが走り寄る足音が聞こえ、

振り向いた瞬間後ろから口を押さえられ

体を抱えられて、男子トイレに連れ込まれてしまいました。

すえた臭いが男の体から漂ってきます。

恐々と顔を見ると、30過ぎの若い不労者でした。

私は体ががくがくと震えるのですが、

なぜか声がでません。

男は私を個室に連れ込み、スカートの中に手を入れてきます。

体をよじって逃げるのですが酔っているせいか、言う事を聞きません。

男のなんとも言えない口臭に気持ち悪くなりながら、

もうどうでもいい気分になってしまいました。

私が抵抗を止めると男は私のブラウスのボタンをはずし、

ブラジャーをたくし上げて胸に吸い付いてきます。

よほど飢えていたのか、

激しい唇の動きに私も感じはじめていました。

膣の奥からジュるっと何かが溢れてくるのがわかりました。

男は膝をついて、

私のスカートを両手でたくしあげながら、

パンティの上から唇で陰部を吸ってきます。

すでにそこはぐちゅぐちゅの状態なので

早くじかに舐めてほしいくらいでした。

男は私のパンティをずり下げ、

足首から片方だけ脱がして、顔全体で私の陰部に吸い付いてきます。

クリトリスを痛いくらい舌で吸われ転がされました。

私はこの時点で一度イッてしまいました。

力が抜けてぐったりとしていると、

男がズボンから肉の塊を引っ張りだしました。

嫌! 私はこの時はじめて事の重大さに気づきはじめました。

このままでは犯されるかも知れない・・

男は私の肩を押さえて顔をその塊のそばに近づけました。

舐めろと言っているのです。

ものすごい大きさとそれにもまして、

すさまじいその臭気に私は吐き気を催しそうでした。

私の口に無理やり押し付け中ににこじ入れてきます。

亀頭の皮が口内で剥けてカリの下にこびりついていた、

おそらく恥垢が私の舌に絡んできます。

私は耐えられずムセて口から吐き出すと、


☆彡おすすめ☆彡

「よぉーお嬢さん、あんなに濡らしていてそれは無いだろー。

じゃー今度は下の口に入れてやるよ」

男は私を立たせ後ろ向きにさせると

私の腰を引き寄せて

その肉の塊を私の小陰唇の奥の膣にあてがいました。

大きな塊がめりめりと私の膣内に進入してきます。

後ろからだと奥の子宮の入り口にまっすぐ当たります。

男のピストン運動が的確に私の子宮口をとらえ

胎内へとさらに侵入してくるようです。

「お嬢さん、気持ちいいだろ? 俺はもうここ半年ほど射精してないんだー。お嬢さんの中にぶちまけてもいいかい?」

すさまじい快感の中、

妊娠という言葉がよぎりました。

確か今日は・・・

安全日だけど、こんな男によごされたくない、

そんな気持ちから

「お願い、中には出さないで・・・」

男は耳元でささやいてきます.。

「そんなこと言われてもこんなに奥に入っていて抜けないよー濃くてどろどろの精液を浴びせてやるよー、孕ませてやる」

中に出すつもりでした。

男はさらに奥を突き上げてきます。

もう立って入られない快感の中

「お嬢さん、いくぞーしっかり受けろよ」

男のすさまじい突きが子宮口にめり込んだ瞬間、

ドクッ! ドクッ! 子宮口の辺りにものすごい熱を感じました。

何か濃い塊が打ち付けられている感覚です。

「お嬢さん、出てるのがわかるかい? 」

ものすごい射精量でした。

「すごいーすごいー熱いです、子宮の中に入ってきてるよー」

半年射精をしていないというのが理解できました。

射精が終わっていないのに、

私の膣から精液が足を伝って逆流している感覚がわかりました。

子宮内にも注がれ、

膣内も満たされそれでも受けきれない量でした。

男が私の体から離れました。

私はひざを落とし、肩で息をしていると、

私の膣から男の精液、

黄色っぽいいかにも溜まっていた精液が

糸を引いて流れています。

私の膣奥はまだ、男の射精の律動を覚えていて震えていました。

腹に力を入れると奥から

滝のようにドロっと黄色っぽい精液が流れてきます。

私は言いようのない途方感に気を失って

気がつくとベンチの上で寝ていたのでした。

あれは夢? 確かに私の陰部には痕跡がありました。

そしてからだにはあの不労者独特の饐えた臭いがついていました。

あれほど激しい中出しは現在はありません。


★新 着 pick up★

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!