痙攣人妻生膣の奥深く射精してやったwww[エッチ体験談]

不倫相手に久しぶりに会ってきました。

出張で近くに行くことになり連絡を取り

「食事でも」と誘ってみたら、

少し考えていたようですがOKとのこと。

他愛のない世間話でもしようと思っていましたが・・・

食事をしながら近況を聞いてみると、

離婚も成立し子供たちと実家の近くで

のんびりと暮らしているとのこと。

ただ再婚話が浮上しているらしく、

子供たちへの影響も考えている様子でしたが

「再婚相手との相性はどうなの?」

と聞くと、恥ずかしそうに下を向いて

「ちょっと・・・」

「贅沢も言えないしね」

と自嘲気味。
「別れた旦那と私と比べてどう?」

と聞くと、

「何が・・・?」

ととぼけた振りをするので

「硬さや大きささ」

とはっきり耳元で聞いてやると

「あなたが忘れられないと・・・」

ここまで言わせたからにはゴチして(される)やらねばと思い

「昔話のできるところに行こう」

と手を引くと

「彼に悪いわ・・・でも・・・」

元人妻はもじもじしていたが、

「行くぞ」の一言でコロリ。

車に乗せ郊外のホテルへ。

部屋に入ると目が爛々となっている。

飢えたメスそのものみたいで、

私も張り切らなくてはと思い、

抱きしめてやればもはやあの淫乱人妻そのもの。

いっしょにシャワ-を使い、

ひさしぶりの肉壷に指を這わすと、

大きな声とともにグチョグチョ状態。

有無を言わさずフェラをさせてみたら・・・

なかなかうまくなっていた。

「彼に教え込まれたのか?」

と聞いてやると、

恥ずかしげに激しく浅く深くフェラをされてしまった。

淫乱人妻に調教した私としては、

この痙攣膣は最高のご馳走である。

ベットに急ぎ、

生膣をたっぷりと舐めてやると大きな声で

「イクッイクッ」

の連続でのけぞってしまった。

あの頃と同じである。

69に体位を替え、狂ったような雄と雌の淫靡な動きを楽しんで

「硬い?」と聞くと

「イキそう・・早く入れて!」

正常位にもどし、大きく足を開かせ

あの時と同じように

生で人妻の生膣にズブズブと音がするように

一気に奥まで挿入してやると

「イクッ・・・アッ」

と声にならない叫び声ととともに生膣の痙攣を感じた。

相変わらずいいくわえ込みである。

射精感がこみ上げてきたので、

「どこに出す」

と聞くと、これまたあの時と同じく

「中に・・・いっぱい」

と小さな声で言うので聞こえないふりをして

「どこに出す?」

と聞きなおすと大きな声で

「奥にいっぱい・・・出して」と。

激しく腰を生膣に打ちつけながら

「彼も中だししてるのか?」

と耳元できくと

「イヤァ~」

と叫びながら生膣が激しく痙攣してきたので

「イクぞ! 中の奥で受け止めろ」

と思いっきり、この再婚予定の人妻の生膣に精液をぶちまけてやった。

久しぶりであったが、最高の生膣である。

私のものを抜くと、人妻の生膣が白い精液がドロッと流れ出てきた。

人妻は、「あっあ~」と言葉を出していたが・・・

「どう?」

と聞くと

「やはり忘れられない」と・・・困ったものである。

小休止をする間もなく、

人妻はフェラを始め自分から跨ってきた。

2回目だから余裕はあるが、

挿入とともにまたまた痙攣膣で責められては・・・

屈曲位に持ち込んで、めちゃくちゃにピストンしてやると

「もう・・・もう・・・」と

「中に出して」と

大きな声で言わせて痙攣人妻生膣の奥深く射精してやった。

再婚相手には、少々悪いと思いつつ、堪能させてもらいました。

人妻は、「またときどき会ってほしい」と。

どうしたものか・・・



ブログランキング参加中です!
ブログランキングに一票いただけるととても励みになりますm(__)m

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする