待ち合わせの約束をして中出しセックスを楽しんでいます[エッチ体験談]

去年の梅雨も終わる頃、

週2回の外来診察担当でうちの病院に赴任して来られたA先生。

パッと見た感じ年齢不詳で特別目立つ容姿ではありませんが、

ガッチリとした体型と人懐っこそうな笑顔が私好みで、

私はいつしかその先生の外来がある曜日は出勤するのが楽しみになっていました。

A先生はあまり社交的な性格ではないらしく、

一部の先生や外来担当の看護師さんと仕事で話す以外

誰とも親しくする訳でもなく、

医事課担当の私は挨拶するほかはほとんど話す機会もなく一年が過ぎました

どこの病院でもそうかもしれませんが、

外来診察だけに来る先生は交替が激しく、

A先生もいつ辞めてしまうかもわからないと思うと私はとても焦っていました。

気がつくと40のバツイチ女が

まるで10代の少女のような片想いにハマッていました。

このまま思いも告げないでいつかは終わってしまうと思うと

毎日胸が締め付けられそうでした。
そんなある日何気なく読んでいた

女性向け雑誌の巻末の星占いにヒントを得て一か八か

「相談があるので二人で会ってもらえませんか?」

とメールを送ってみました。

メールアドレスは教えてもらっていたのですが

向こうは私に気がないのかメール不精なのか、

それまでこちらから当り障りのない内容のメールを2、3回送っても

返事が来たことがありませんでした。

それがなんとその日は数十分で返事が返ってくるではありませんか?

「来週の土曜日の午後なら空いてますけどいいですか?」って。

ダメ元と思っていた私はもう有頂天で

「土曜日なら空いています。」

とすぐ返信し食事をしながら話をしようと約束しました。

当日はA先生の行きつけの地酒の美味しい和風の小料理屋さんで、

飲みながらゆっくりと話をしているうちにすっかり打ち解けていました。

ちょっとおどけて

「ずっと先生のファンだったんですぅ」などと言ってみました。

彼は意外にも私と歳が同じで、

向こうも私を年齢不詳だと思っていたとのこと、

奥さんがいるけれど子供はいないこともそのとき初めて知りました。

A先生は結婚指輪をしていなかったので

既婚と初めて知ってその時は少し残念な気がしましたが、

意気投合して話しているうちにそんなことはどうでも良くなって来ました。

ふと気がつくと店も閉店時間となり、

「場所を変えようか」と言われ立ち上がると

私は思ったよりも酔っ払っていました。

店を出たところで先生が手を繋いできたので、

私は酔いに任せて思い切ってもたれかかってしまいました。

耳元で「今日は帰らなくてもいいの?」

聞かれた私は反射的に頷いていました。

「先生は帰らなくていいの?」と聞くと

「僕はいつも忙しいと家に言ってあるから」と。

そのまま肩を抱かれラブホテルではなくてちゃんとしたホテルに入り

スイートが空いていたので、そこを取ってくれました。

部屋に入った途端、貪るように抱き合いキスをして、

半分酔っ払っていながら、

半分は彼との一部始終をしっかり覚えていたくてとても不思議な感覚でした。

ずっとずっと片想いだった相手が目の前にいて

私を抱いてくれているなんて奇跡としか言いようがなく、

酒の勢いを借りながら酒に酔っているのが勿体なく思えました。

彼は私の服のファスナーを下ろし裸にし、彼も裸になりベッドに入りました。

さんざん体の隅々まで愛撫された後、彼のモノが私の中に入ってきました。

「一つにつながっちゃったね」と彼はささやきながら動き始めました。

私はまだ彼に自分の恋心を口にはしていませんでした。

彼の方から

「もしかしてずっと僕とセックスしたかった?」

と聞かれた時、体の芯から燃えるような恥ずかしさを感じながら

「うん」と頷きました。

無意識のうちに私はあられもない喜びの声をあげていました。

私の方が上に乗らされ彼は下から突き上げながら私の顔を覗き込み

「感じるの?僕のことを好きだから?」と聞いて来ました。

「ずっとずっと好きでした。

 先生がうちの病院に来た時から。ずっとセックスしたかったの!」

と叫んでしまいました。

「うれしいよ、かわいい・・・・」

そのあとまた彼が上になって激しく私を突き、

「あっ、あぁぁ~~」

とうめき声をあげると同時に彼のモノが私の中で

ピクッピクッと動くのがはっきりと感じ取れました。

「イッちゃった、やまとさんの中に精液を注入しちゃった・・・・・」

大好きな人に中出しされるセックスがこんなに気持ちいいなんて!

願いは必ず叶えられるという感激とともに喜びもひとしおでした。

「こんなに感じる人だなんて思わなかったよ、もしかしてセックス好き?」

って聞かれて頷くのがやっとでした。

彼は私の視線をなんとなく感じていて気にはなっていたけれど、

職場の女性に手を出すことには慎重になっていたこと、

うちの病院には勉強したい目的があって来ていたけれど、

最近になって赴任して一年とちょっとで一通りの目標を達成できたので、

私と付き合ってもいいかなと思えるようになったこと、

などを話してくれました。

その夜は計3回中出しセックスを楽しみA先生との交際が始まりました。

今も相変わらず職場では挨拶しかしませんが、

メールで待ち合わせの約束をして中出しセックスを楽しんでいます。

もし私が妊娠したら奥さんとの間に子供のない彼は

ぜひ産んでほしいと言っています。

その時は高齢出産になってしまうけれど頑張ろうと思います。

彼には奥さんと離婚して私と結婚してほしいとは思っていません。

つまらない男と結婚して離婚する時、

いや離婚してからも散々苦労させられた私は、

心から愛するA先生だったら

愛人のまま未婚の母になっても後悔はしないと思っています。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする