Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

二回戦を求められまたもや中出しでフィニッシュしたwww [エッチ体験]

年末、嫁が実家へ子どもを連れて帰省した時、遊び半分でテレクラへ行った。
するとすぐ繋がり、話をしたのは34歳の人妻だった。
俺「こんにちは。今日はどうしたの?」
人妻「最近、主人とご無沙汰で、誰かに遊んでもらおうと思って」
俺「いけない奥さんだね。奥さん何歳なの?」
奥さん「主人と3ヶ月ご無沙汰だから、誰かに抱かれたくて。私は34歳です」
奧さん「あなたは何歳?」
俺「29歳です」
奥さん「年下かぁ。結婚は?」
俺「してますよ。嫁と子どもが実家へ帰省し、暇で遊べる人妻居ないかなぁっと思って」
奥さん「独身だったら断わろうと思ったけど、結婚してるなら、安心だね。本当に年上でもいいの。主人40代だし、年下に抱かれるなんて興奮しそう」

俺「年上の奥さん大好きですよ」
奥さん「スタイルはどんな感じ?」
俺「身長180の体重72です。お腹は出てませんよ」
奥さん「背おっきいね。痩せてるならいいじゃん。主人なんかもうデブだし」
俺「あっちもそこそこ大きいよ(笑)。奥さんのスタイルは?」
奥さん「163cmの47kg85-59-86かな。自信あるんだ。食べちゃおうかな」
俺「どこで待ち合わせしようか」
奥さん「××町のコンビニはどう?そこだったら歩いて行けるし」
俺「わかったよ。15分位で行けるよ。じゃあ後で」と電話を切り待ち合わせ場所へ向かった。

しかし、待ち合わせ場所は家から一番近いコンビニ。
もしかして、知り合いだったらどうしようと思いながらコンビニに到着した。
それらしい人妻は居ない。

5分ぐらいすると、見覚えのある人妻がやって来た。
なんと、子どもの同級生のお母さん。
クラスは隣だが保育園は同じだったので、奥さんは気まずい様子。
俺はストライクゾーン。
嫁よりスタイルも良く、顔も嫁より綺麗で申し分ない。

俺「ここじゃああれだから」と車に乗せ、コンビニを出た。
俺「ビックリしましたよ。電話の相手が奥さんだって。どうします?俺はもうその気ですよ」
奥さん「でも~。だって~」と煮え切らない。

俺「ご無沙汰なんでしょう。お互い秘密にすればいいじゃないですか?」
奥さん「絶対秘密にしてくださいね」
俺は車を走らせホテルへ入った。
奥さんの手を引き部屋を選び、エレベーターに乗った。

奥さんの腰に手を回し抱き寄せエレベーターが着くまでキスをした。
部屋に入り、浴槽に湯を貯めた。
奥さんはソファーに座っている。
手を握りベッドに寝かせ、耳元で「お互い気持ち良くなってスッキリしましょう。奥さんのこと秘密にしますから」

キスをしながら、服を脱がす。
下着姿がまたエロい。
上下ピンクの下着でパンティはTバックの前は毛が透けている。
ブラのホックを外し乳を揉みながら舐める。
大きくて揉み応えもあり、乳首もすでに固くなっている。
チュパチュパと吸い付きながら片方の乳首は摘む。

俺「奥さんのおっぱい大きくて綺麗だよ。もうこんなに乳首固くして。我慢しなくて声出してもいいよ」
奥さん「だってそんなに舐められたら…アアーンアアーンアアーン」
脇腹を舐めながら、下半身へ、内腿から足の付け根まで舐め回す。
奥さんは身体をクネクネし出し、弄って欲しい様子だが、焦らし軽くパンティの上から舐める。
パンティが濡れているのがわかる。

ようやくパンティをずらしビラを舐める。
すごい洪水状態で舐め回す。
そしてクリを剥き、高速クンニをすると、1分もせずにお漏らししながら、イッた。
暫くぐったりとしていたので、腕枕をしていると、落ち着いたのか、ズボンの上から触り出してきた。

そこで一緒にお風呂へ。
奥さんが先に入り、俺も服を脱ぎ、勃起させながら、浴室へ。
勃起息子を見るなり、奥さんは「すごいおっきいオチンポ若くてすごく硬いよ」と舐めてきた。

一旦止めさせ、身体を洗ってもらい、湯船に浸かる。
その間も奥さんは握りシコシコしている。
お風呂から出てベッドへ。
お互いに69で愛撫。
そして、亀頭をビラやクリに当てて擦る。

すると奥さん「そんなに焦らさないで。早くオチンポ入れて」と言ってきた。
そして正常位で生挿入して俺「奥さん生だよ。ゴム着けようか?」
奥さん「アアーンアアーンイイッイイッ抜かないで。そのまま生でいいから。おっきいの気持ちいい。奥まであたるよ」

体位を変え座位で乳を舐めながら突くと「ダメッダメッイクイクイクイク」とイッた。
四つん這いのバックからお尻を叩きながら、突くとイキ、最後は正常位でおもいっきり突くと、奥さん「イイッイイッイイッ抜かないでそのまま中に出して。イクッイクッイクッイッチャウ」と言い中にぶちまけた。

終わった後も二回戦を求められ、またもや中出しでフィニッシュした。
お正月も奥さんは風邪を引いたと主人に言い、主人と子どもを実家に帰らせ3ヶ日は奥さんの家でヤリまくった。
朝から夜まで3日で11発これからもはまりそうだ。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!