沖合の堤防で釣りを楽しんでいるとエッチな夫婦を見かけた[セックス体験]

休日、私(20歳)は沖合の堤防で釣りを楽しんでいます。

釣具店に予約を入れ、早朝に沖合の堤防に船で送ってくれるんです。

お昼頃に迎えに来るまでゆっくりと釣りが楽しめます。

魚は主にクロダイが目的で、他にも多くの魚が釣れます。

その日の早朝、私は早めに釣具店に向かい店長と釣果を聞いていました。

最近クロダイもそこそこ上がっていると言うので、期待していたんです。

そろそろ時間という事で、港に向かったんです。

船には既に船頭が待っており、挨拶を済ませて船首に座って待っていました。

“他のお客さんいるから、ちょっと待ってて”と言われ他にも客がいる事を知ったんです。

その日は、月曜日(私は休み)で平日はほとんど客がいません。

感じの人だと良いなぁと思いながら待っていました。

(半日一緒に孤立するので・・・)

声が聞え、目を向けると40代前後の夫婦らしき人達です。

船頭に挨拶をすると、私に気づき

「待たせてしまってすいません。今日はよろしく」

と感じの良い人でした。

軽く頭を下げ、船が出港しました。

船で20分程沖合に大きな堤防が見えてきました。

波も穏やかで絶好の釣り日和です。

船から降り、いち早くポイントへ向かいました。

(私は何度も来ていたので、ポイントは決まっています)

釣り竿の準備を済ませ、餌を付けると早速海へ放り投げました。

天気も良く、海に浮かぶ浮きをジッと見つめ、心穏やかな気持ちで日頃の疲れを癒していました。

“クイクイ”

魚の反応です。

この感触が堪りません。

タイミングを計り一気に引き上げると、1匹目の魚が釣れました。

そんなこんなで、1時間位経ったでしょうか。

釣りに夢中で、他の客の事を忘れていると、”ジャジャ~”と音が聞えたんです。

振り向くと、私が居るテトラポットの斜め上に、女性がしゃがみ込んでオシッコをしていたんです。

驚きました。

彼女は全く私に気づいていない様子で、勢いよく放尿していました。

私の位置からは彼女の下半身が全て丸見えです。

ちょっと黒ずんだマンコの周りは整えているのか毛は見えません。

オシッコも終わり掛けた頃、男性が近寄って来て”オシッコ出たのか?どれ見てやる”と女性の下半身に顔を近づけて見ていました。

やがて男性は、女性のマンコに指を入れ始めたんです。

「他にお客さんがいるのよ?見られたら大変よ」

「いいだろ!お前の変態振りを見せつけてやろうよ?」

「嘘でしょ?」

「もうこんなに濡れて!期待してるんだろ」

「だって・・・」

そう言いながら、男性は女性の服を捲り上げると生乳を揉み出していました。

私も目の前で行われているエッチな行動に、興奮し股間が大きくなっていたんです。

そんな時、釣り竿がしなり、魚が釣れたんです。

まさか放置も出来ないので、仕方なくリールを巻きました。

その音に気付いた男性が、

「あっ、近くにいたんだ」

と声を上げました。

私も無視も出来なかったので、

「お邪魔して…すいません」

と照れ笑い。

「変な所見せちゃって…」

「いえ、私は向こうに行きますから」

そう言って立ち上がった時に、勃起した姿を知られてしまいました。

「もっと見たくないですか?」

「えっ、その~」

「こいつエッチだから見られると興奮するんです。もっと見てあげて下さい」

そう言うと、男性は女性のズボンを引きおろし、私の目の前にマンコを広げて見せて来たんです。

彼女のマンコはすっかり濡れ、太腿にまで垂れる勢いです。

男性が彼女のマンコを指で広げ穴を見せて来ます。

「どうです。こいつのマンコいやらしいでしょ!いつもこうして人気の無い所でこんな事してるんですよ」

「あなた、私もう入れて欲しくなっちゃった」

「もう欲しいのか?彼の大きくなったチンポ入れて貰ったら・・・お願いしてみろよ」

「えっでも……」

「いいから!」

「…すいません、入れて貰えますか?」

驚きで、声になりません。

こんな体験初めてでした。

私は数年彼女も無く、寂しくオナニーをする日々でしたから、正直、すぐにでも入れたい気分でした。

しかし本当に信用していい物なのか?

彼女は病気など持っていたら…と色んな事を考えてしまいます。

そんな事を考えていると、

「年上は嫌いかな?」

と男性に言われ

「いえ、大好きです」

と答えていました。

成り行きで、彼女にズボンを下ろされ大きくなったチンポをフェラチオされ、最高の気持ちでした。

女性経験が少なく、口で舐めて貰ったのも初めてで、直ぐにでも逝きそうな感じでした。

彼女は、最高に硬くなったチンポがヒクヒクした事で、限界を悟ったんでしょう。

舌の動きが激しくなり、そして彼女の口内へ発射してしまいました。

彼女はそんな私の精液も全て飲んでくれ、口で綺麗にしてくれたんです。

しかも今度は、玉を舐め始めるからチンポは大きさを保ったままです。

「逝ったばかりで、もうこんなに大きいのか?若いって凄いなぁ」

「今度はこっちに入れてくれる?」

そう言って彼女が私の前にお尻を突出してきたんです。

私は無我夢中で彼女のマンコに差し入れました。

生温かい感触にチンポに絡みつくような締め付けが、物凄く気持ちがよかったんです。

彼女も、誰も居ない堤防で大きな声で喘ぎ声を上げていました。

「中に出してもいいのよ。薬飲んでいるから大丈夫」

という言葉で、彼女の中へ放出しました。

その後、私は彼女の体内へ5度にわたり中出しです。

彼女も何度も逝った様で、満足げな顔を見せていました。

その後、この2人は夫婦で、男性44歳女性38歳と知りました。

しかも15歳の子供も居るそうなんです。

休日、人気の無い所でエッチな事をして楽しんでいるとの事でしたが、今回は旦那の趣味で釣りをしながら…と考えていたんでしょう。

他の人とするのは初めてだと言っていました。

この日、釣果は最悪でしたが最高の1日でした。

もう2度とこんな体験をする事は無いと思います。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする