思い切って、ついに“IUD”を入れた結果⇒もう毎日が、中出しパラダイス! [エッチな話まとめ]

彼は、私の一番奥深くで中出しするのが大好きで、

私も、中出ししている瞬間の彼の顔が大好きなんです。

そこで、先日思い切って、

ついに“IUD”を入れてきました。

これで、もう毎日が、中出しパラダイスです。

[adrotate group=”1″]

二人共ウキウキで、ホテルに行こうと言う事になったんですが、

彼が「部屋に着くまでミニスカ&ノーパンな」って・・・

スースーするアソコの感覚と羞恥心で表情が強ばる私。

彼は更に、そんな私をコンビニに連れ出したんです。

ワザとお尻を撫でてきたり、

恥ずかしがっている私をまるで楽しむように、

イヤラシイ目で見つめる彼。

その彼の視線に、アソコが疼いてしまう私の身体。

ハズカシイ・・・でも、早く し た い。
買い物を終え、ホテルに向かう車の中で、急にトイレに行きたくなったんです。

部屋に着き、トイレに直行しようとする私の腕を彼がつかみ

「おしっ●する所見せて!お願い!!」

今までずっと拒否してきた事なのですが、

この時ばかりは本当に我慢の限界で、

ついに彼の見ている前で・・・シャー。

恥ずかしさで泣きそうだったけど、彼の満面の笑みと

「ありがとう。もっと好きになったよ」

と言ってくれたので許すことに。

それから、お風呂でイチャイチャしながら、

体を洗いっこして、その後、

思いっきり開脚した私のアソコを、彼に綺麗に剃ってもらいました。

ツルツルになったアソコを凝視されてるだけで濡れてきちゃって・・・。

それを隠す為に「ローションしよっか~」と誘い、全身に塗り合いました。

ヌルヌルになったお互いの体を弄りあい、

ニチャッ♪クチュ♪という音の中、

ローションならではの、何とも言えない気持ちよさに、溺れてゆく私達。

毛を失ったアソコにダイレクトに刺激が・・・

「あぁん、こすれる~」

私はたまらず「お願い。入れて~」とおねだり。

「まだ、だーめ。シャワー浴びて出よっか。

それから制服着てや」と彼。

持参してきた、高校時代のセーラー服を着て

(もちろんノーパン)

髪型もポニーテールにして、彼の前に登場。

すると彼はデジカメで撮影し始めたんです。

私のツルツルおまんこが良く見えるように、

立った状態でスカートをめくり上げたり、

三角座りしたり、四つん這いでお尻が丸見えになるように

スカートをまくり上げたり。

指で広げて、丸見えになったおマンコを撮られていると興奮しちゃって。

「割れ目、濡れて光ってるで。いやらしいなぁ。これでオナニーしてや」

とバイブを手渡されました。

そしてデジカメからビデオカメラに持ち変えた彼に

「オメコ疼いてしかたないの~バイブ入ってくるところ撮って~」

とお願い。

バイブを舐め上げてから、既に濡れている割れ目に、

バイブを押し当てて、ズッ・・・

「あぁ~入ってくる~ 気持ち良いー!」

「スケベやなぁ~。セーラー服着てパイパンのオメコにバイブ突き刺して感じてるんかー」

彼はビデオ片手に「もっと気持ち良くなってええんやでぇ」

と乳首を弄ったり、クリを撫でたり、

バイブでオメコをかき混ぜてきたり。

「んっあぁ! いぃ~ あっ あっ あぁ~感じる~」

我慢できなくなって、

私の方から彼のチンポにしゃぶりついちゃいました。

チュパッ♪ピチャッ♪ジュルジュル~!と

音を立ててフェラチオしてあげると彼も負けじと、

オメコにバイブを激しく出し入れしながら、クリを舐めてきます。

「いゃあ~あぁ!バイブだけでいっちゃいそうー やぁ~もう、だめぇ~!」

ビクビクッと痙攣した私を、彼はニヤニヤしながら見ていました。

バイブを抜いてもらった私は全裸にされ、

はちきれんばかりに硬くなったチンポを・・・

まだヒクヒクして、ビチョ濡れに光ったオメコに、

ズブ ズブッ・・・ズン!!

「!!ひゃあぁ! あぁん! はぁん!あぁ!!」

イッたばかりなのに声が出る。

「あぁ最高~オメコの中グチョグチョで気持ちいい!本物のチンポはどうや?」

「いぃ~!コレが欲しかったのぉ。あん!ん~!感じすぎちゃう~」

彼が腰を振るたびにピチュックチュッ♪と淫らな音が響く。

私は

「お願い。上に乗らせて~」と体を起こし彼を反対に押し倒す。

「あん!んん!あっ!あっ!奥までささるぅ~!」

「自分から腰動かして淫乱やなぁ!そんなにチンポ気持ちいいんか?」

騎上位で腰を振りながら

「いやぁん!はあ!もっと突き上げてぇ」

と叫んじゃう。

「なら、これはどうや」と、

いきなり駅弁スタイルで洗面所まで連れて行かれました。

明るく大きな鏡には、自分達の乱れた姿が写り、よけいに興奮してしまう。

「ツルツルのオメコが、俺のチンポ根元までくわえ込んでる所丸見えやで!」

「言わないでぇ~」

と言いながら鏡を見ると、マン汁が彼の睾丸まで垂れている。

オメコの奥がえぐられる様な快感に頭が変になりそうだった。

「もう、だめえ!おかしくなっちゃう~あぁ!いやあ!!イキそう!!」

「うぅっ、俺もイキそうや。何処に射精して欲しいんや!?」

「あぁん!中に出してぇ~!オメコの奥に精子いっぱいちょうだーい!!!」

「イ!イク!いっちゃう!!!」

「うぅ!」

「あぁぁ・・・はぁん・・・んん」

彼の肉棒が抜かれると同時に、私はその場に崩れ落ちた。

ビクビクと痙攣している割れ目からは、白濁液がトロ、ドロ~、タラ~リ。

剥き出しになって充血したヒダの奥から、

止め処なく溢れ出る精液はもちろん出てくる時の、

私の微妙な表情まで、彼はビデオでバッチリ撮ってました。

すごく長くなってしまってごめんなさい。

でも最後まで読んで下さってありがとう。

今度は野外で中出ししたいなぁと思ってます。

その時はまた投稿するので読んでね。



★新 着 pick up★

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!