私も彼のペニスに貫いて欲しい気持ちに成りました [セックス体験]

私が20歳の時

当時、自宅の近所のスナック、

”赤い部屋”のオーナー(歌手が本業)から、

出張中時のスナックの営業を依頼された。

当時、私のサラリーが1万円未満の時代に、

そのオーナーは、私をオーナーが、

自らショーに出演する高価なショーパブに、

無料で招待してくれた事も在ったので、

義理の感情も有り引き受けた。

私は、売春婦に童貞を、捧げたばかりの、

彼女無しの、男女関係に、疎い、清純な生真面目で、

もてない独身男

スナックの店長を経験して、人間の本音を体験。

男女は、夜に、酒の力、又は、オーナーの仲介を借りて、

本音を、曝け出しやすい事を、目の当たりに体験した。

そのオーナーは、リバだったと思う、

私のアナルを求めてきたが、

ウンコを連想して、気持ちが悪くて、断った。

その晩に、東京から、スナックに、

オーナーの彼女が店に来たが、顔も声も三善英次でした。

その時、私は、オーナーに、私の手を、

強引にオーナーの極太のペニスを握らされていた。

その三善英次は、私の行動を見て 顔が紅潮して、

オーナーのペニスが欲しいと訴えてオーナーのマンションに行ってしまった。

私は、男性同士の恋愛の現実を体験した。

ショックでした。

その時、正直な想いは、

私も三善英次を、抱きたいと感じてしまつた。

その時に、初めて、男性にセクシーを感じたので、

オーナーの、セックスの対称が、同姓の意味が、同感しました。

私は、その当時、職場内に、

私が、告白された男好きのする女性がいたが、

女性の扱い方も、交際資金も無く、私は、遠慮していた。

その翌日、スナックに、陰気な痩せ男が、

お客として、通ってきたが、

連日、私に、ドリンクを奢りまくる?

1週間、経過した頃、オーナーから、

伝えられたその陰気な男が、

私を抱きたいとのとの事

私は、その男性と会話して、解ったが、

私より1歳年下でした。

それでも、私を欲しいと訴えるので、

田舎の寂しいモーテルに二人で行き、

私の体を自由に開放させましたが、

私は、この世界は、何も解らないので、

驚きの体験の連続です。

でも、陰気に感じる彼は、私から見ると、

誰かに捨てられた女性にと、錯覚する、

可愛い女性に見えました。

その時に、私のペニスが勃起していましたので、

当然、彼に、咥えられ、

逝かされて全て飲み干されてしまいました。

その時、私は、女性の立場を感じたと思います、

年下の彼が可愛く感じたのです。

彼のペニスは、私より太くて長くて硬いので、

不安が過ぎりましたが、

私のアナルに挿入を、私も望みました。

私も彼のペニスに貫いて欲しい気持ちに成りました。

彼のペニスは太いので、私の初体験のアナルには、

当然、無理ですが、

私も協力して、ペニスを導き、何とかカリ首だけは、

挿入して中田氏され、私は、

同姓の初体験を体験しました。

非常に痛いが、後悔は、皆無です。

その後、私のアナルに、

なにか挟まったままの、感じで痛いのですが、

彼の太いペニスを想いだし、

又、抱かれたい気持ちに成ります。

しかし、現在の私は、30歳年下の、妻と

29歳年下の彼女がいます。

現在の、私は女性とセックスはしていません。

昔の年下の彼が求めてきたら、

受け入れると思います。

気がついたら連絡下さい。



ブログランキング参加中です!
ブログランキングに一票いただけるととても励みになりますm(__)m

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!