大量の精液を水着に噴きかけてしまいました・・[セックス体験]

私は関東にある某海水浴場付近に住む住人です。
実際、付近に住む住人は、海水浴客を快く思っていない者が多く、私もその中の一人です。
騒音やゴミのポイ捨ては言うに及ばず、事件や事故も多く、そのたびに地域の住民が迷惑を被っております。
「海水浴客は貴重な収入の源だ。」という、一部有力者の圧力もあり、私どもも渋々ながらもその言に従っておりました。
そんなある日、休日だと言うのに町内会からの呼び出しがあり、海水浴客の利用する駐車場の整理係をするはめになりました。

せっかくの休日を潰された怒りを必死にこらえ、駐車場の整理をしていると、地味ながらも楚々とした感じの二十代後半から三十代前半といった年齢の人妻が目の前に立っていました。

Tシャツに短パン姿のその人妻は、今夜の宿泊先であろう民宿の位置を聞いてきました。
その場所を教えつつ、視線はそのムチムチとした太股やTシャツを盛り上げている乳房を自然と追っています。

「あんな女とセックスしてえなぁ」とその人妻の後姿を追いながら、下半身に熱いものがたぎって来るのがわかりました。
もう数年、女とセックスしていなかった私は、その人妻がどうしても気になり、休憩時間に自宅に戻り、買ったばかりのデジカメを忍ばせ、心当たりの浜辺を探索しました。

人妻はすぐに見つかりました。
ブルーのワンピース水着を身体に張り付け、丸みのあるヒップが「夜の体位」を妄想させるに十分の体型でした。
人妻のそばを何度も行き来しつつ、彼女を盗み撮りしました。
小一時間ほどで、約40枚ほど盗撮しました。

カメラを手にそのままトイレに駆け込み、画像の確認をしました。
うち15枚ほどはまったく人妻の撮れていない「スカ」画像でしたが、25枚は彼女の水着姿がばっちりと映し出されておりました。
それを確認しつつ、私は抑えきれない性衝動のため、オナニーをしました。

「ああ、奥さん!奥さん!青い水着がスケベだよっ!人妻の青い水着いっっ!!」
と私は声にならない叫びを上げて精液を大量に打ち出しました。
普段であればオナニーの一回で性欲は沈静化するのですが、今回ばかりはもう、自分でも抑えきれないほどの衝動で、いてもたってもおれませんでした。

整理係の仕事は、体調不良を名目に抜け出し、私は彼女を見れる場所に陣取り、バスタオルで隠したペニスを弄りながら、家族と過ごしている彼女を卑猥に目で追い求めておりました。

人妻の身体に張り付く青いワンピースの水着が、私の性欲を「これでもか!」と言うほどに刺激してきます。
彼女の肩、胸、尻、性器と青いワンピースに包まれた身体の全てと太股で、二度ほども射精してしまいました。

そうこうしているうち、日も暮れ、海水浴客たちも浜辺から今夜の宿に徒歩で歩き出すころ、私の性欲も鎮まったので、帰宅する事にしました。
一人暮らしのアパートで、粗末な夕食を摂り、湯船に身体を預けている内にまたぞろ、ペニスが疼きだしました。

「今夜はXXに泊まるっていっていたよなぁ・・・。」、そのようなこと思い出してしまうともう、気持ちが彼女の宿泊先に向かってしまい、「いや、もうこれ以上はダメだ!」という良心との葛藤で2時間ほど悶々としておりましたが、滾る性欲には勝てず、私は彼女の宿泊先に向かっておりました。

そこは裏手が崖になった場所で、1階ならば覗く事ができるところでした。
「彼女が見れなくても誰か他の女が見れればいいや」くらいの軽い気持ちでしたが、覗きスポットに到着するや1階の角部屋の窓越しの手すりにあの青いワンピースの水着と主人と子供のものであろう水着が干してあり、私の興奮は極限に達しました。

幸い、角部屋以外に宿泊客がいなかったため、比較的容易に彼女のいる部屋に近づき、目的の水着に手を伸ばしました。
彼女の性器の密着していた部分に顔を埋め、ニオイを嗅ぎましたが、ほのかに洗剤のニオイしかせず、期待は外れましたが、私はその水着をペニスに巻き付け、水着の繊維の感触を楽しもうかとしたその時です。

薄っすら開いた窓の中から「あ~ん」という女の甘い声が聞こえてきました。
これ以上身を乗り出して窓辺に近づけば、見つかってしまいかねないリスクは承知の上で、私は水着をペニスを巻き付けて部屋の中を覗き込みました。

そこには全裸の彼女の股間に顔を埋めている主人らしき男の姿がありました。
時折激しく彼女の性器を吸い付く音が聞こえ、私の興奮はもうとどまる事を知りませんでした。
性器を吸い付かれ、両の乳房と乳首を弄られているあの人妻・・・。
目の前の彼女と昼間に見た水着姿の彼女、そして今、私のペニスに巻き付いて必死に刺激を与え続けている彼女の身体に張り付いていたブルーのワンピースの水着。

触覚からは、水着の繊維がペニスを刺激し、視覚からは夫婦の営みを覗き見、聴覚からは彼女の喘ぎが聞こえるような状況で冷静になれるはずもなく、私は今日、5度目の射精を目の前の彼女の水着に打ち出してしまった。

私はこの水着を盗もうかどうかと迷っていると不意に主人らしき男が、「だれだ!」と叫んだので慌てて水着を手すりに戻し、その場を走り去りました。

無事に帰宅したものの、水着を持ち去らなかった事への後悔と、警察が介入し身元がばれるかもという不安とに挟まれながら、その一夜を過ごしました。

さてその翌日、性懲りもなく私はまた浜に向かいました。
私が射精し、汚した水着を彼女が着ているかが気になり、周りを見回してもそれらしい姿がなかったので私はあきらめ、昼過ぎに帰宅しようととぼとぼと歩いているとコンビニの袋を抱えた男が近づいてきました。
その男は彼女の主人である事が一目でわかりました。

ゴミ箱に袋を入れ、しばらくそこにたたずんでいると子供が走って迎えにきたので、何か後ろ髪を引かれる感じでそこから離れてゆきました。
ポリバケツを流用したゴミ箱には何人もの人がゴミを捨てにくるため、主人が投げたものを確認できずにいましたが、ようやくあたりに人の気配がしなくなったので、私は先ほど見た記憶を頼りにそのゴミを探しました。

即座に見つけることができました。
袋越しから見覚えのあるブルーの素材が透けて見えます。
私にはそれが彼女の水着であることが一瞬にしてわかり、震える手と気持ちを抑えるのに苦労しました。

急ぎ帰宅し、全裸になると私はその水着を身につけました。
サイズが小さいため、肩が水着のストラップで圧迫され、股間もハイレグかと思うほどに食い込み、脇からは両の玉袋が飛び出してしまう卑猥さに私は彼女になったかのような錯覚にとらわれ、一人もんどりうっていました。

頭の中では、昨夜の夫婦の営みやら浜で戯れる彼女の姿やらを思い浮かべながら、身体を締め付ける青いワンピース水着の皮膚感触に「ヒーヒー」と喘ぎ声を上げ、最後には彼女自身になりきり、水着姿で犯される場面を想像しつつ、大量の精液を水着に噴きかけてしまいました。

そして…旦那さん、あなたの奥様の水着は、いまだに私の精液を吸収し続けております。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする