初体験はレズだったけど・・ [エッチな話まとめ]

私がまだ何も知らない頃の話です。
私立小学校の女子校に通っていました。
性に関しては全く無知でしたが、たまに
お友達と家に集まっては、アソコの見せ合ったり触りあいを
してた覚えはあるけど、それがどういうことなのかは
わかりませんでした。

中学生になってようやく、あの頃何をやっていたのか
セックスって何かがわかってきました。
そしてちょうど中学3年生になったころでしょうか、
お友達の家に泊まりに行きました。

旅行で両親がいないのでお友達が1人で家にいるのが
さみしいという理由で一緒にいることになったのですが
夜も同じベッドで寝たんだけど、まだ経験のないエッチの世界の
話をお友達がしてくるんです。
女同士で一緒にいるとほとんどが、彼氏かエッチな話か
どちらかに決まっています。それも夜です。
それでお友達が、キスってしたことあるって聞いてきました。
当然したこともなく、でも興味はあったので、
したことないから知らないと言ったのですが、
キスってどんなものかお互い知りたいと話が一致し
実際にしてみることにしました。

ただやり方もわからないのでジャンケンで負けたほうから
してくるって提案したのですが、私が負けました。

彼女が仰向けになり、私が男役になり上になりましたが
とにかく女同士で恥ずかしくて恥ずかしくて。

ドキドキしたけど思い切って、唇に唇を合わせてみました。
 「やわらかい。 」
その後、お友達の顔を見たらすごくかわいいの。
積極的に話をしてわりには、恥ずかしそうで。天使みたいで。
今になって思うと男性はこんな表情にだまされるのかなって。

キスの後、私も気持ち的に盛り上がっているのがわかり、さらに
調子に乗ってというか、気持ちを抑えきれなくて、次は胸を揉んで
いました。最初は少し嫌がっていたようなんですが、
お友達の息が乱れてきています。

お友達の胸って当時Dカップ近くあったので、パジャマの
上からでも十分揉みがいがあり、やわらかくて、私ももう
頭が少し変になっていました。

お友達は、少しを声をあげていましたが、
今度は私がしてあげるって言ってきました。
ただその頃の私の胸はBカップに届かないくらいで
お友達に比べると全然小さく、見られるのが恥ずかしかった
のですが、お友達は容赦なくパジャマのボタンをはずし、
胸を触ってきました。

「ああっ・・・」
思わず言葉が出てしまい、お友達の顔がどんどん、
いじめてやる、みたいな表情にかわってきました。

「かわいいね。」
友達がそう言うと、乳首にキスをしてきて、舌で乳首を
転がしてきて、もう私は興奮が頂点に達しようとしていて、
それでも自分で実は何回かオナニーをしたことはあった
のですが、あまり気持ちよくなく、やっぱり他人から
触られたり舐められたりするのが、こんなにいいとは
初めて知りました。

「もっと激しく吸って~。」
次に出たというか出ていた言葉でした。

お友達もよく仕方がわからないらしく、とにかく
赤ちゃんみたいに吸い付いてきました。

私にとっては未知の世界で、とにかく凄い。
お友達にも教えてあげたくて、私もお友達の胸に
手を伸ばし、揉み始めました。

お友達のやわらかいし、大きいし、揉んでいてすごく
気持ちがよくて、さらに私の乳首はまだお友達に
吸われているから、それも気持ちよくて、
ますます興奮状態に。

お友達も少しうっとりしてきて、お友達の乳首を擦ると
小さくて恥ずかしそうな声が聞こえてきました。
私はひとりエッチはしてたから、なんとなくコツみたいな
ものは心得ていたつもりなのですが、お友達も
何も知らないと言っていたわりには、舌使いがうまい。
女ってわからないものですね。

お互い十分に気持ちよくなり、また私が横に添い寝する
ような感じになり、お友達のパジャマをすべて脱がせて
いきました。

女同士なのに、パジャマを脱がせていると、また妙に
興奮してきて、男の人ってこんな風に興奮していくのかなっと
思ったりしました。

その時です。全裸になったお友達は、恥ずかしいらしく、
布団ですぐに体を隠しました。

「恥かしいよ。」
お友達は顔を真っ赤にして、言いました。

「大丈夫。やさしくするから。」
まるで私は彼氏のような感じ。
少しSなのかとも思いました。
攻められていたかと思うと、今は完全にお友達はMです。

「ちょっと待って。少しやばくない?」
お友達はここまでなるとは思ってなかったらしいのですが
(後で聞いた時そう言っていた)
それは私も同じ。でももう気持ちが高揚して我慢できないの。
お友達がほしいと思うばかりです。好きになったのかも?

それで、少し抵抗するお友達に半ば強引にまた胸を触り、
乳首に吸い付きました。

お友達ももうどうにでもして、みたいな感じで
だんだん声も大きくなっています。
「もっともっと。」
気がつくと私を求めていました。

そしてお友達も私のパジャマを脱がし始めました。
お互い全裸になり、次はお互いのアソコを同時に
触り始めました。

「あっ、いい~。」
お互い同じような声を出し、クリトリスを
触りあいこしていました。キスをしながら。

少し触りあいこしていると、お友達が
「お互いのアソコを舐めあいっこしない?」
って言ってきました。

私たちは69の形になり、お互いのアソコを
クリトリスを舐めまわしました。

「もうどうにかなりそう~」

私はもうイク寸前です。それでもお友達の舌は
ペロペロしてきます。

私も必死で舐めていましたが、ついにきました。
あの瞬間が・・・。

「イク~。」

イってしまいました。初めてです。

お友達は私の横に来て、ニコニコしています。

「イっちゃったの?」
「どうだった?」
私は放心状態で何も答えることもできなく
ぐったりしていました。

ちょっとたって我に返りましたが、お友達の問いかけに
なんと答えていいかわからず、とにかく気持ちいい、
と言うしかありませんでした。
体はまだ興奮がさめていない状態でしたが、
そのまま寝てしまいました。

お友達もトイレに行き、寝ようとしていましたが、
ちょうど夜中の3時すぎだったと思いますが、
私がお友達に背を向けて寝ていると、
小さな声ですが、かすかに喘ぎ声が聞こえるのです。

私も寝ぼけているのかなと思ったのですが、
違いました。お友達が、ちょっと離れて、
なんとオナニーをしているではありませんか。

「あっあっあっ。」

声を一緒懸命に押しころして1人エッチしているのです。

それから私はどうしようか迷ったのですが、
とりあえず他人のオナニーも聞いてみたい気がして
少しの間聞いていました。

「イクっ」

また小さく聞こえてきました。

お友達ってイクことをほんとは知っているんだって
思いました。女って嘘が多いなって思いました。

それから私もお友達もようやく本当の睡眠に
入りました。

朝起きてお互いすっきりした顔で、目覚めのキス。

「またしようね」
と一言。そしてまた朝から、お互いレズエッチを
始めていました。

あれからお互い高校3年生になりました。
お互い彼氏ができていて、高校2年生くらいから
会っていません。
お互いの秘密にしておこうと話をしてましたので、
誰にも話はしてません。そして、
高校に入学してからもお互いあの時の話もしていません。
当然誰にも言えません。

なぜかって、初体験は女同士だからです。

今もレズに興味がないわけではないのですが
やっぱり男性の硬く熱いものが入ってきたほうが
気持ちいいのですから。
でもオナニーする時は、なぜか今でもあの時の事を
思い出ししています。
一生忘れられない思い出です。



ブログランキング参加中です!
ブログランキングに一票いただけるととても励みになりますm(__)m

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする