Hなナースとの淡い思い出 [セックス体験談]

大学生で二十歳前後の頃、

お腹の白斑(肌が白くなる病気)にかかった

ヘソの下から陰部の上あたりまで出来た大きな白斑で、

光を当てる光線治療をしていた

その頃の俺は若かったw

治療の度に可愛い看護婦さんになるべく下の方まで見せたかったわけだが、

最初はひかえめにズボンと下着を下して、

「もう少し下げてもらえますか」

と言わせてからめいいっぱい下げていた。

(自分は見せたくないけど言われたから仕方なく、と思わせるため)

冷静に思い出すとうぉおぉおって発狂しそうになる黒歴史。
そんである時

光当てる前だったか後だったか忘れたけど

看護婦さんにクリーム(?)を塗ってもらってた時のこと、

塗り方があまりに優しくさするようにするもんだから

ゾクゾクってきて、

勃起して亀頭がパンツからはみ出してしまった

(目つむってたけど飛び出したのは感覚でわかった)

自分はドキドキしてて、お互いしばらく無言だったけど、

1~2分経ったぐらいの時、看護婦さんが指で亀頭をつんつんして、

「ここ凄いね」

って言って触ってきたw

その時まだ仮性包茎で、

ふだんは皮かぶってる敏感でヌメヌメしたところを指でつつかれ、

体がビクッーってしたのを覚えている。

ごめん、話長くなったけどこれだけです。

この後は特に何も起こりませんでした。

可愛くて優しくてちょっぴりHなナースとの淡い思い出です。

治療は効果があまり出ず、

半年も通わずに行かなくなってしまった。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする