看護婦の落とし方を教える[エッチ体験談]

まずは俺の学生の頃から遡る。

友達に超絶リア充イケメンがいた。

それで、そのヤリチンが「看護学生は食える!」と言い出したので、俺も付いて行く事にした

結果、そのヤリチンともう1人の慶応スペックイケメンだけが看護学生をお持ち帰りwwww

俺悔しいwwww

それからというもの、その悔しさからなぜか「看護婦」に執着するようになった。

ナースもののAV見て抜きまくった。

そしてヤリチンに付いて行くと必ず看護婦か看護学生が居たので俺はそのヤリチンの金魚の糞になった。

だが女はやっぱりハイスペック男が好きなのでなかなか釣れない・・・。

しかし白衣のビッチ天使は居た!!

ある日の合コン。
「こんにちは~^^」

「あ、ども」

「俺君ってどこの大学?」

「○○大学だよ」

「ええ~すごぉ~い」

もちろん嘘だ。

そいでヤリチンの側で半年過ごした俺は看護婦を攻略すべく、話し方やその流れまで完全にマニュアル化していた。

「看護学生なんでしょ?大変だね^^」

「そうなんだよね~実習とかもうサイアク」

「え?どう最悪なの?」

「先生がさ~もう贔屓するし怒る時も超ヒステリックなんだよね~」

「それは大変だね^^でも看護師ってすごく大変な職業だから俺尊敬してるよw」

「うそぉ~w」

「○○ちゃんカワイイし、医学生とかにモテモテじゃない?」

「そんな事ないよぉ~w」

「俺、医学生みたいに頭良くないし、そんな優秀な人が周りに居ると○○ちゃんにアタックする勇気が無いかもw」

「えぇ~w」

「愚痴ならさ、いつでも聞くよ^^俺で良ければ^^」

こんな感じ。

看護婦は女の中でも愚痴の塊だから、

「こいつなら愚痴を言っても大丈夫、話しやすい男」

と思わせるのがヤリチン曰くポイントらしい。

で、あいつらなぜかプライドが高いのでそれをくすぐるのが大事だ!!!

そんな感じでめんどくさい愚痴を聞き続け2週間後にヤレたwwww

まぁソイツは彼氏居たんだけどヤル事が目的だったので、簡単に股を開いてくれて良かった。

そんな感じで最後の学生1年をエンジョイした。

だが、美人で可愛い看護婦は居ても医学生の彼氏が居たりするからなかなか股は開いてくれなかった。

しかし、褒めまくったらヤレた。

んでその後別れたらしいがそれは知らん。

女は彼氏のスペックが高い程、股を開きにくいと俺は思っていた。

でも、彼氏スペック高くても股を開く完全クソビッチは看護婦に多い!

その後も社会人になり、積極的に看護婦の居る合コンに行き続けた。

あいつら学生が終わって仕事が始まったら、病院によっては物凄くキツいらしく、仕事がキツイという愚痴よりも、女のドロドロした関係で愚痴るのがほとんどだったな。

「先輩看護師がー」

「医者に馬鹿にされてー」

「患者がー」

まあそんな話ばかりな訳だが、たまに酔いつぶれて

「医者にヤリ捨てられた!結婚したかったのに!」

と泣き叫んだのにはワロタwwww

俺でもこんなビッチと結婚は嫌だよwと思いながらその日はホテルに行きアナルセックスさせてもらった。

アナルいいよーー入り口はキュッって閉まってるけど中はふっくら。

が、ビッチとやりまくってて性病という文字が浮かんだが病院行っても異常ナシwwww

ビッチ看護婦に教えてもらったんだが、セックスが終わった後にすぐにシャワーしてオシッコしたら大分感染が防げるそうだwwww

それが良かったのかもしれないwww

んで、次は出会い系だ。

これもあのヤリチンに教えてもらった。

ヤリチンに教えてもらったやり方で出会い系に書き込む。

「仕事が男性ばかりで出会いがありません。仕事柄時間もまばらなので、空いた時間に一緒に食事に行ける方。愚痴を言い合ったりできる仲がいいです」

これで100パーセント看護婦が釣れる。

分かりやすいが、分かりやすいほど釣れる。

んで、釣れた看護婦を「由香」とする

由香「こんばんは~掲示板の書き込みみました^^私も仕事が忙しいのであまり出会いがないです。ご飯だけの友達とか欲しいです」

こんな感じだ。

そいで、その後もサイト上でメールをやりとりして

「夜勤」

「女性が多い職場」

「仕事が厳しいキツイ」

「体力がいる」

このキーワードを質問してYESで答えが返ってくれば100%看護婦だ。

分かりやすいけど。

そいで由香とメールを続け

「俺もメシ友欲しいんだよね^^」

と言ってアドゲット出来るのは1~3日が勝負。

ひたすら低姿勢で「愚痴なら聞くよ」をアピール。

アドゲットできたらヤレるまでは早い。

それで由香のアドをゲットし、さっそく由香の休日の夜に会う事にwww

由香は大学病院の2年目の看護師。

病棟勤務らしいが、先輩との関係に悩んでたらしいw

夜勤と準夜が大嫌いで、5年くらい付き合ってる同じ病院の研修医の彼氏が居るらしいが、研修医も忙しいらしくなかなか相手にしてもらえなくて寂しいらしいwww

女は寂しいと浮気するからなwwwww

まぁ由香の見た目は、背が小さいし、ちょい小太りだったな。

服で隠してたけど、オッパイは普通だった。

顔も、、、普通だった。

まあ出会い系で多くは求めてはいけない。

それで、あらかじめメールや電話で由香の愚痴りたい内容を把握していた俺は

「由香大変だな」

「でも会ってみて思ったけど、由香はしっかりしてそうだし、彼氏もいるしすごく羨ましいよ」

「その職場の先輩はどんな人なの?」

「へえ~それは酷いねw由香はそんな環境に耐えて仕事してるんだね、偉いね!」

それで程よく酔って来た所で、彼氏とのセックスの話を軽く聞く。

「最近、彼氏も忙しいらしいじゃん。寂しくないの?」

「さみしいよぉ~」

この寂しいよぉの声がデカかったら欲求不満だと思っていい。

というより出会い系をやって、実際に会おうとする女なんて何かしら欲求不満なのは確かだからな。

それからも愚痴を聞いてやり、そんな由香は偉いよと言って褒めてやり、最終的には

「こんな頑張りやさんな由香を放っておくなんて彼氏も馬鹿だな」

なんて女の事を褒めつつ、彼氏の事も織り交ぜる。

でも彼氏を遠回しに軽くディスられているが、自分の事をたくさん褒めてもらっているので

「自分の気持ち>>>>彼氏の気持ち」

になり、女の考えがどんどん自分本位になっていく。

まぁアルコールが入っているのもあるけどな。

で、その時に研修医である彼氏の写メを見せてもらう。

顔はデカいがイケメンだった。

なんでこんなブスな上に軽い女と付き合っているのかは謎だったが、学生の頃からの付き合いのようだったので、それなりに純粋さはあったんだろうと思う。

昔はな。

大抵の男はここで折れるが、マンコのために諦めては逝けない。

いくら目の前の食えそうな女の彼氏がハイスペック男であろうが怯んではいけない!!!

怯えるなあ!!!クヨクヨするなあ!!!

そして、俺はその彼氏の画像を見て

「由香はホントすげーわ」

とちょっと投げやりになる。

「俺なんか、さえないサラリーマンだし、由香みたいな立派な職業でもない。ましてや、由香の彼氏は医者だろ?凄いじゃないか。社会的にも尊敬出来る男と付き合えるのは本当にいい事だと思うよ。由香はカワイイし、ノリもいいし、本当彼氏が羨ましい。でも、由香みたいな女の子にはそれなりの相手が居て当然だよな・・・」

次はちょっと相手と彼氏の事を褒めつつ、自分がいかにダメな男であるかを説明する。

プライドが高い女や、高学歴女にも通用するのだが、並かそれ以上のスペック男なのに

「自分がいかにダメ男、ダメ人間であるか」

と言うと

「そんな事ないよ」

と本気で思うらしい。

この状況だと女には母性本能のようなものが働く。

それでそんな感じで由香と話しをする。

ベタ褒め状態をずっと続ける事が肝心。

その後もいかに自分が相手の女に興味があるかをアピールする。

でも、オッサンにありがちなのがその褒め方が「下心丸見えでキモイ」のはダメだ。

ホテヘルなんかで本番を頼む時キモいオッサンがヤリたいがために嬢を褒める時みたいな感じじゃダメだぞ。

看護婦はビッチだが風俗嬢のようなサービスはない。

で、店から出てエレベーターの中で、由香の後ろの髪を軽くひっぱり、顔を上に向けさせちょっと強引にキスしてすぐ離す。

それで「ごめん」と言い「今日はもう帰ろうか。これで帰って」と言い、そっとタクシー代を出す。

ここで女が

「まだ一緒に居たい」

と言ったらホテルへ。

何もリアクションしなくても変な期待をせずにそのまま帰せ。

あくまでも紳士的にだ!

女も女で、出会い系で会ったにも関わらずホテルにしつこく誘わない男という認識になるので会った当初よりは当然警戒心が無くなる。

それで、由香の場合はエレベーターでキスしたら舌入れてきやがったwwww

あれ?研修医の彼氏は?wwwビッチwwww

という事でホテルになだれ込み、貪るようにセックス。

今まで紳士的にしてきたので、ベッドの上では激しくなるのがまたポイントとあのヤリチンは言ってた。

由香は寸胴だったが穴があれば問題ないwww

幸い裾ワキガもなく、剛毛ではあったがヤレた。

で、その後もなぜかセフレ関係が続き、アホな由香は罪悪感から彼氏に告白www

それを俺にわざわざ報告してきて

「私と付き合ってほしい」

速攻アド変えたwwwww

だいたいこのパターンで看護婦は食える。

しかし俺は看護婦とは絶対付き合いたくないwww

やっぱり育った環境も仕事環境も穏やかな女の子がいいお。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする