Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

だんだん激しく腰を振り彼女の声も絶頂に達していた… [エッチな話まとめ]

あれは数年前…ちょっとした手術を受けるハメになり、総合病院に入った。
術後、しばらくは自由がきかず、体拭きなどは担当の看護婦さんがしてくれた。
ただその時一番困ったのは体はいいとしても下が皮かぶりの為、見られるのがとても恥ずかしく、情けない思いだった。しかし、担当の看護婦さんはそれを忘れるかのようにネタにしながら会話をして情けない気持ちを和ませてくれた。
その後入浴などでも同行し、生手で洗ってもらったりしてくれたのだが、それ以上の事はないまま退院を迎えてしまった(一日外泊の時、彼女の家に泊まったが何もなかった)

しかしお互い独身である事、私のアレをネタにいろんな事を話していたので、電話番号などの交換をしており、たまに会ったりしている…
ある日、久々に会い、彼女の家に泊まる事になったが期待感はなく平然と彼女の部屋で話をしていると、またまた彼女が私の皮被ったアレを話題にあげてきて「手術は受けないの?」「毎日洗ってる?」などいつも以上に質問責めf^_^; これにはさすがに戸惑い、勘弁してとお願いした。

夜もふけ、お風呂に入ってから寝ようという事になり、彼女が何を思ったか「一緒に入ろう!久々に洗ってあげる」と言い、一緒に入る事になった。
私は彼女の裸は見た事がなく、今日も何かを着て入るのだろうと思いきや、ものの見事に何も着ないで入ってくる…初めて見た彼女の裸はとてもいい体をしており、恥ずかしくなるくらい悩ましかった。

まともに彼女を見れない中、頭をお互い洗いつつ、自分の体を洗おうとしたところ、「洗ってあげる!」と彼女が僕の体を強引に洗い出した。

洗ってくれてる事に対して気分は複雑な状況下、アレを入院していた頃以上にしつこく、丁寧に皮をはぎながら指で頭を摩るように洗っていたので、アレは起きた状態に…しかもかなり気持ちよくなってきた為、思わず「んっ…」って声が出てしまった。

それを聞いた彼女は「気持ちいいの?」となやましげな体をひねりながら、いつもと違う声で聞いてきた…(入院中はこんな事なかったのに…)

そうしているうちにに今度は私が彼女の体を洗う事に…しかし彼女は私のアレを掴んだまま離さない。彼女のアソコを洗うのをためらっていると彼女の手が私を導く…しかも生手で洗ってという指示に興奮はさらに高まり、どうしようもなくなってしまった。

彼女も次第に体をくねらせ、声も大きく「んっ、あぁ…」と言っている。すると彼女がさらに口を開き、「あなたに抱かれたい…」と抱きついてきた、私のアレを握り締めながら…

後で聞いたのだが、入院している時、最初はそうでもなかったらしいが、からかっている内に気になってきたらしい…嬉しい気持ちとともにさらに私のアレは抑え切れなくなり、体をお互い流した後、しゃぶりつくように求めあった。

彼女のフェはすごく、頭から穴との間まで何とも言えない舌使いで責めてくる。穴にも舌を入れたり出したりで、今までにない快感を私は感じてしまった…

そして私も彼女の悩ましい体を愛撫しながら挿入!
最初はゆっくりと、だんだん激しく腰を振り、彼女の声も絶頂に達していた。しかも彼女の中はかなり締まりもよく、この上ない快感に導いてくれる。

そしてお互い最高潮を向かえ、果ててしまった…

しかし彼女は私のアレを離さず、私の乳首まで責めてくる。
その責め方は今まで経験のない気持ちの良さで、私は再び果ててしまった。

その後もお互いを求め合った。
この時既に彼女は看護婦を辞めており、その後は私の最高のフレンドとなっている。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!